2022-06-19 12:31 | カテゴリ:農業
↓春の様子
2022年春、果樹園の様子
↓初収穫
2022年果樹園、初収穫二つ♪

なんと、ザクロに花が咲いてました。
20220617ザクロ1

20220617ザクロ2

ただ、このザクロヤバイ奴です。
じつは一回枯れたのですが、なんと根の方から新芽が出てきて育ったのです。
果樹に詳しい人ならこれはまずいって分かりますよね。
接ぎ木した苗だと、根の方から出てきた芽は台木の方なので食べるのに適さないしょぼい品種の可能性があります。
でも、そもそも買った苗が接ぎ木なのかすら覚えていないので、まさに運ゲー状態。
まぁザクロにあんまり期待はしてないし、そもそもどうして植えたのか?って感じですから・・・
でもザクロって花が奇麗なんですね♪

フェイジュアは相変わらず花が奇麗です。
花も食べれるみたいだから食べてみようかな。
20220617フェイジュア

桃は三種類(白桃系・白鳳系・黄桃系)全部に一応実が付いてるのでちゃんと育って欲しいです。
次草刈りしたら即カラス対策の防鳥ネットをします!
DSC_0015.jpg

キウイはここ二年、夏に葉っぱが枯れたようになって上手く実がならないです。もう寿命だと思うんだけどな・・・
DSC_0016.jpg

今年初めて実を付けたアケビ。春の画像見てもらったら分かるように一面花だらけだったのに結実したのは一つだけ・・・
DSC_0017.jpg

去年多分剪定が悪くて実が付かなかったポポーは今年はしっかり♪
DSC_0018.jpg

初収穫で梅酒を作ったと書きましたが、こないだ青梅を見に行ったらまだ沢山の実が付いてて、しかも大きいです。
どうやら前は収穫が早すぎてまだ実が大きくなりきる前だった模様。
もしくは前回取った分が摘果みたいな感じになって残った梅に栄養が回って巨大化したのかな。
まぁ梅酒は未成熟な実で作るものなので少々小さくても。
んで、今回もう色づいて成熟しつつありますが取ってみたらなんと3kgもありました。
そこで、前回作りたくて作らなかった梅シロップとブランデー漬けを作りました。
DSC_0020.jpg

↓2kgは梅シロップ、1kgはブランデー漬け
DSC_0021.jpg

↓今年は青梅が豊作(剪定しまくったおかげ)だったので三種類そろい踏み
DSC_0022.jpg

↓梅シロップは漬けて5日目でしっかり水分が出て来てます。
20220619梅シロップ

↓ちょっと水割りで飲んでみたら、まだ梅風味の砂糖水。だけど既に美味しい。甘すぎるかなって思ったけど梅エキスが出きったらちょうどよくなりそう。
20220619梅シロップ水割り

そしてビワではついに鳥との戦いが始まりました。
まだ熟れてないのに既に食べられ始めてる!
20220619ビワ鳥

急いで防鳥ネットをしました。
20220619ビワ

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓まとめサイト(情報整理・速報等何でも)
情報の塩漬け部屋ロゴ4

↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
2022-05-29 08:27 | カテゴリ:農業
今年から挿し木で果樹の苗を量産体制に入ります!

え?自家増殖は種苗法違反?いえ、家庭菜園での自家増殖は合法です。

増やしたい果樹等の枝を取ってきて水にしっかり(2時間~1日)漬け、葉を半分ぐらい切り取って土に刺します。
明るいけど日陰的な場所に置いて、水は毎日やります(※水は下から抜けるようにしとく)
20220526_2.jpg

ポイントはこれ、発根促進剤ルートン!!父はこれを使う前は半分ぐらい発根せずに失敗してたようですが、これを使いだしてから100%の成功率となっています。
※今回から使いだしたのでまだ分からないけど
20220526ルートン

もう一つのポイントは土。
栄養がない土でないといけません。
挿し木によく使われる鹿沼土を使っています。
鹿沼土を使う理由はもう一つあって、酸性が強い土で挿し木が終わったらブルーベリーを植えてる箇所の土壌改良に利用出来るからです。
※ブルーベリーは強い酸性の土でないと育ちません。

どうして果樹を増やそうとしてるかと言うと、田舎にありがちな放棄地対策です。
もう20年以上前に近所に住んでた人がいなくなって、宅地(更地)と畑二つが放棄地になっていました。
この畑がうちの畑の隣にあるので父が草刈りを善意でやってあげてたのですが、草刈りするだけだとアホらしいので果樹を植えたのです。

所有者が死んだ後、どうやら親戚は相続放棄をしたらしいと聞きました。
生活保護を受けていたから財産を相続したくなかった or 借金があったので相続拒否した的な噂話。
んで誰も管理しない所有者不明の完全放棄地になったので、しょうがなく近所の人達で草刈りをしていたのですが、いつの間にか父しか草刈りをしなくなって、その父も歳と病気で草刈りがほとんど出来なくなりました

つまり必然的に塩漬けマンが草刈りをしないといけないという事
はっきり言って嫌じゃないですか。
二つある畑の内、大きい方は果樹をあまり植えずに控え目にしてたのですが、父が草刈り出来ないなら広すぎてとても一人で草刈りは無理なので、ほっといても良い果樹を植えまくって草刈り負担軽減+果物ゲット作戦発動です。

基本的には放置で良い果物で需要が高いと言う事で柿・イチジク・ポポー(※ちゃんと育てようと思ったら放置では勿論ダメですけどね)になりますが、グミとかマルベリー(桑)も放置でいいので植えようと思っています。
ただ、グミやマルベリーは大量になっても食べないんですよね。
尚、栗は既に裏山に近所の人のも含めて沢山あるので植えません。

完全放置ではダメだけど、需要が高いミカンやレモンの柑橘類を植えまくるのもいいかなって思っています。
宅地(更地)の方はを植えようとしています。
草刈りしてあげてるんだから花見ぐらいさせてくれよと。

因みにこないだついに所有者が判明しました。
なんか相続放棄で相続財産管理人が保有してる的な感じ。
土地・建物の相続放棄は可能|手続き後の管理責任はどうなる?
でも相続放棄をしても土地の管理義務は放棄した人にあり、仮に相続財産管理人が管理をする場合でも管理費用を払い続けないといけないとあります。

つまり相続放棄した人か、相続財産管理人がやらないといけない草刈りを塩漬けマンちが無料でやってあげてるので、勝手に果樹・桜を植えても文句を言うなよって話。
最近の草刈り機は数年で壊れるし、燃料もワイヤーロープもただじゃないだからなっ!
※でもこれって相続財産管理人は草刈りもせずに金だけ相続放棄人から取ってたら酷くない?

さらにさらに、とある奇跡的な事情があってこの土地を売って欲しいと相続財産管理人に申請した人がいたのですが、なんと「競売に掛けるのが面倒くさい」という意味不明な理由で売ってくれなかったそうです・・・相続財産管理人は公的な団体?っぽいのですが、相続放棄された土地を売るのが仕事だろ!そんな理由で売らないって許されるの?
※この人が調べ上げて申請したから、所有者が判明した。それまで近所でも誰が所有者か知ってる人はいなかった
いや、こんな誰も買う人がいない土地をわざわざ買ってくれる人が現れたんだから売れよ!
そしたら塩漬けマンちが草刈りしなくて良かったのに・・・

ていうか、法律の世界には有名が格言があります。
権利の上にあぐらをかく者は法律の保護するところにあらず

既に20年以上うちが管理(草刈り)をし、畑には果物まで植えて公然・平和的に使用しています。というか、小さい方の畑は近所の人はうちの土地だと思ってます。
占有権は我にあり!
占有権
さらに畑に関しては果樹を植えて20年以上経つ事から裁判をすればうちの土地に出来る可能性が高いです。
取得時効
※善意無過失なら10年、悪意有過失であっても20年で占有する土地を取得可能

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓まとめサイト(情報整理・速報等何でも)
情報の塩漬け部屋ロゴ4

↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
2022-05-28 07:13 | カテゴリ:農業

↓うちの趣味の果樹園の春の様子です。
2022年春、果樹園の様子

初収穫は当然梅。
なんと、死にかけてた裏山の青梅が大量でした。
老木過ぎて切って別の果樹を植えよう的な感じだったので剪定を物凄くしたせいだと思います。
基本的にどの果樹も実は去年(今年)の新芽が育った枝にしかならない(例外有り)ので剪定が大事なのです。
逆に、畑の方に植えてて完全放置の南高梅はもう10年以上経つけど剪定一切しないので木も大きくならないし、実もほとんどつかないし、ついても小さくて汚いです。
↓春にはこれだけ花が咲いたのに全然実がならなかった南高梅
20220329梅2

作ったのは勿論梅酒!
まずは2~3時間水に漬けて汚れを取ります。
20220526梅1

しっかり水気を切ります。
20220526梅2

梅の分量が多すぎて8リットル入りでも溢れそうになりました。
【分量】
梅 多分2.5キロぐらい
ホワイトリカー 1.8ℓ2本
氷砂糖 1.5Kg

20220526梅酒

梅が多かったから、氷砂糖だけで漬けて梅シロップも作れば良かったな。
夏に炭酸で割ると美味しいんですよね。
まぁこれだけ梅が多いと、梅酒というより、梅シロップ(アルコール入り)みたいになるかも(笑)
ただ、梅シロップの方は【梅の量=氷砂糖の量】で漬ける物から、やっぱり梅シロップ的にはならないかな。

二つ目はウメはウメでもユスラウメです!
植えて2~3年で早くも実がなりました。
20220526ユスラウメ2

こちらも春に花はものすごく咲いて、ほとんど実が落ちてたのでダメかなって思ってたら結構生き残ってたみたいです。
まぁ食べて美味しい物でもないので生活圏に植えないとわざわざ食べようと思いません。
うちは駐車場のすぐ隣に植える事で、車で出かけるついでに食べれる状態にしています。

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓まとめサイト(情報整理・速報等何でも)
情報の塩漬け部屋ロゴ4

↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
2022-05-05 08:21 | カテゴリ:農業
さぁ今年も果樹園の手入れが大変な季節がやってきました。

・ビワ(昔から生えてる品種不明)
20220329ビワ1

・ビワ(新しく植えたけど品種忘れた。でも甘くてジューシーで美味しい)
20220329ビワ2
植えてて一番お得だなって思える果樹のビワ。
花が咲くのが早く霜で結構やられます。でも例えば上記は2~3個に摘果する必要があるので霜で大部分やられるのは好都合だったりします。

・ウスラウメ
20220329ユスラウメ1
20220329ユスラウメ2
202205021ウスラウメ
まだ二年目・・・実は沢山なってるけど全部落ちると思う。

・青梅2本(老木で実は期待出来ない。日陰にして草刈り負担軽減用)
・小梅1本(交配用)
・南高梅4本(5本の内1本枯れたけど、残りの樹勢が強くなっているのでそろそろ実に期待)

20220329梅2
20220329梅アップ

・アケビ3枚葉
20220408アケビ3

・アケビ5枚葉
20220408アケビ5
20220422アケビ5
202205021アケビ5
アケビは3枚葉が3年目、5枚葉が2年目(一回枯れて植え直し)かな。二種類植えた方がいいようです。
植えた時は今にも枯れそうで大丈夫かな?って思ってたけど、さすがツル植物・・・育ちだしたら勢いがハンパないです!
山に茂ったら竹の次に苦労する奴です!!
今年は花が異常に多く咲いてるなって思ったらモリモリ葉っぱが茂ってきて、既に大変な状況になっています!
花が散った後にちゃんと実も残っているので収穫出来たら嬉しいです。

・すもも(交配用だけど食べて美味しい品種)
20220408すもも

・すもも(貴陽:大きくて美味しい高級品種)
20220408すもも貴陽
202205021すもも
二本とも植えて結構経つけどまだ実を食べれた事がないです。
今年も結構実が付いてたけど最後まで生き残れるかな?

・ブルーベリー(エリザベス)
・ブルーベリー(チャンドラー)
20220422ブルーベリー
20220422ブルーベリー花
ブルーベリーは交配を考えて二種類。過去大きく育たなくて雑草レベルだった原因は土にあります。土が強い酸性でないと大きく育たないので土壌改良必須です。ピートモス(酸性)で元肥もやってしっかりと植えつけました。
今後も毎年酸性の土を入れて大きく育てたいです。

・ポポー(NC-1だったかな)
・ポポー(マンゴー)

20220422ポポー
去年剪定をミスったのかあまり実を付けなかったポポー。今年は沢山花が付いていたので期待です。
ただし、右奥のマンゴーの方が木が大きくならずに実もほとんど付けず、多分枯れると思います。気候が合わなかったのかなぁ・・・
両方刺し木で繁殖させようと思います。木が大きくなるのに下手したら10年とか掛かるのでやるなら早くやらないとです。

・梨(幸水)
・梨(豊水)

202205021梨
梨はとにかく病気に弱く育てるのが大変です。
春先まで枯れたようになってましたが流石に5月になると葉っぱが茂って来ました。
しかしそもそも花が咲いてなかったので実は期待出来ませんでし、食べれるのは何年先になるやら・・・

・桃(白桃系)
・桃(白鳳系)
・桃(桜桃系)

20220408桃3
20220408桃5
桃は育てるのが簡単ですが、アブラムシが異常な程つくので殺虫剤必須の上、熟れた瞬間カラスにやられます。
また摘果・袋掛け必須なので手間は掛かる方です・・・そして手間が掛かるのにカラスにやられるので、木全体を防鳥ネットで囲って完璧にカラス対策をしたいです。

・柿二本(品種不明で昔からある)
202205021柿
柿は果物には珍しく水分が必要な模様。うちは畑に植えてて水はけが悪いのが幸いしてか、よそが不作の年でも大量に実を付けます。

・柿(西条柿)
202205021西条柿
去年初めて実がなったけど収穫に至らず。今年は期待!西条柿は渋抜きをしたら美味しいです。

・柿(輝太郎:次世代の最新品種)
202205021輝太郎
諸事情により使える土地が増えたので、一切剪定をせずに超巨木に育ててるつもり(草刈り負担軽減のため)でもう一本柿を植えました。
柿は剪定をしないのであれば一切手間が掛からないので、草刈り対策で植えるには最適で、どうせ植えるならと一番苗が高かった最先端の高級品種「輝太郎」を植えました・・・が・・・5月になるのに芽が出ていない・・・大丈夫か?!

・大実キンカン(福寿)
202205021キンカン2
新人なんだけど・・・ミスって年末に植えたら今年は厳冬でなんと枯れかけました・・・そして春にお店に行くともっと立派なキンカンの苗を売ってました・・・
202205021キンカン
後悔してたら木の下から新芽が出ています!二年生の意味がないけど、こういうダメな子の方が愛着が沸くとプラス思考してこのまま育てます。
尚、接ぎ木している箇所より下から生えている新芽はダメなので取ろうと思いますが・・・接ぎ木箇所がよく分からないだよな・・・とりあえず下の方のを取るか。

・レモン(マイヤーレモン)
202205021マイヤーレモン

・みかん(せとか)
202205021せとか

マイヤーレモンとせとかは苗を買ってから二年間はプランターで冬は家の中で大事に育てたのをいよいよ今年路地に植えました。
元肥をしっかり入れた上に堆肥マルチをし、さらに焚き木アヒージョをした時に殻付き牡蠣のバーベキューの牡蠣殻を焼いてその灰を肥料として撒いている過保護箱入り娘です。
牡蠣殻はカルシウム・マグネシウム・マンガン・ホウ素・亜鉛と作物の成長に必要な要素が多く肥料として凄く優秀です。
花が付いてるけど多分収穫は数年先になるかな・・・山が邪魔で日陰になる所なので育ちは悪いかもです。

・柚子
202205021柚子
柚子の木はほっとくと結構大木に育つので、高い所の実は取れないし他の樹木を日陰にしてしまうので、上をバッサリ剪定しました。柚子は量もそんなに必要ないですし。

・栗
202205021栗
栗は去年実が沢山付きましたが、熟れる前にほとんど落ちました。今年はしっかり大きな実を付けて欲しいです。
栗の木もほっとくと大木になりますが、うちは山裾に植えているので多分そこまで大きくならないかな。

・ナツメ
202205021ナツメ
冬は枯れ木のようになっていたナツメも春にはこのように復活。
しかし植えてから数年経つけど全く大きくならず・・・果たして収穫出来る日は来るのか?

・ザクロ
202205021ザクロ
一回枯れて、根の方から生えてきた新芽が育っています。ですので木も小さく数年前に植えたけど実がなる気配はなく収穫はいつになるやら・・・しかも接ぎ木の苗だった場合、当然接ぎ木の下(根の方)から出てきた新芽は食べるのに適さない品種の可能性が高いです・・・ダメならもう切ろうと思っています。

・ヘーゼルナッツ2本(交配のため別品種)
202205021ヘーゼルナッツ
酒のつまみになれば良いと父が植えたけど、ようやく二年前に実がなったと思ったら中身が入っておらず、去年は実は入ってたけど小さい・・・殻を割るのも手間で焼かないといけないし、正直手間の割りに合わない・・・植えて後悔してる代表。
しかもナッツ類って生命力強いんですよね・・・山にでも適当に植えとく分にはいいけど・・・

・フェイジュア
202205021フェイジョア
20210628フェイジョア2
木の見た目が良いので庭木によく、しかも花が凄く綺麗な上に食べれ、さらに実もあまり美味しくないけど食べれるという一石三鳥の果樹。
ただ、どれも中途半端な器用貧乏と言われればそれまで。
畑でなくて庭に植えれば良かったな。

・巨峰1本
・ピオーネ2本

202205021葡萄
剪定・ビニールハウス・摘果・摘粒(二回)・ジベレリン(二回)・袋掛け・鳥獣対策と果物作りに必要な全ての苦労が必要で「覚悟」がないと植えてはいけない果物、それが葡萄・・・ただし苦労の甲斐がある美味しさ・・・夏から秋は巨峰・ピオーネ食べ放題状態♪

・イエローキウイ2本
202205022キウイ
一本あまり上手く実がならなくなってきた・・・寿命かな

・イチジク(ザ・キング)
202205022ザキング
甘く皮ごと食べられる青イチジク「ザ・キング」。まだ芽が出ない・・・心配

・イチジク(ロードス)
202205022ロードス
極上のジャム状果肉はデザートソースといわれるほど甘く、皮まで甘くおいしい!ジャムにしなくてもそのままパンに塗って食べれる程。ちゃんと芽が出てきたので一安心。

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓まとめサイト(情報整理・速報等何でも)
情報の塩漬け部屋ロゴ4

↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
2022-04-10 09:45 | カテゴリ:農業
筍の季節がやってきました。

うちはすぐ裏山がテニスコート半分ぐらいの面積が自分の土地で竹藪なのですが、20年以上前に竹と杉の木を全部切ったので段々竹が生えなくなってます。
竹や杉の木で木陰になってた頃はシイタケの原木栽培とかしてましたが今は日当たりがいいので、栗・柚子・レモン・みかん・キンカン・梅・キウイを植えて果樹園にしています。

そしてその上の段は他人の土地で竹と杉の木があって勿論筍も沢山生えてきます。
今年はうちの土地は全く猪が来ずに筍が取られてなかったのですが、上の段は猪が来て筍全滅でした。
↓至る所猪が掘った後だらけ
20220409筍猪2
↓ほぼ全部猪が筍を食べてる
20220409筍猪1

所が、うちの土地は大きな筍が生えなくなったのが、なぜか猪には分かるらしく、来て取ってないんですよ。
猪凄いなって思いました。

↓うちの土地は猪に荒らされてないので、取れた小さい筍
20220409筍

筍は今のシーズンが一番美味しく、それは全て猪の胃袋に収まります
ここから先に生えて来る筍は味が劣る筍で、人間はそれを食べるしかありません(´・ω・`)ショボーン
猪はグルメで、美味しくない筍はもう取りに来ないからです。

因みに、上の他人の竹藪の所有者は500メートルぐらい離れた所に住んでる人で、筍を取りに来たことがないです。
都会だと500メートルとか近所かもしれませんが、田舎では500メートルも離れた竹藪にわざわざ筍を取りに来る人はいません。
だって皆家の裏山で取れるから。
というか、ここが自分の土地というのすら知らないまま世代交代してると思います。
つまり、完全放置された土地で人が入れるのは、塩漬けマンが春に筍を折って回り、秋に低木(椿の木等ほっといたら覆い茂ってヤバくなる奴)を切って回ってるからです。
他にもうちの裏山一面、所有者が管理しない土地は、塩漬けマンが筍を折って回り、低木を切って回って荒れないように管理しています。
これが結構重労働なんですよね(´・ω・`)ショボーン

田舎暮らしって都会の人は憧れるかもしれませんが、近所の放棄地の管理もしないと自分が困るのでやらざるを得ず、結構大変ですよ。
山だけでなく夏は他人の放棄地の畑等の草刈りもしないといけないので、まじでお金を貰わないとやってられないレベルの重労働です。

なぜか知らない家からお中元のビールが沢山届くので何だろうと思ったら、近所の田畑畔の放棄地の草刈りは父がやってて、その土地の所有者からでした。

若い人は都会に出てて草刈りをしに田舎に帰って来たらなぜか草刈りされてる。塩漬けマンちがやってるって知って感謝してビールをお中元に送ってくる。結婚とかで苗字も変わってるのでまじで誰か分からない所からお中元が届く。

これ、父が草刈り出来なくなったら塩漬けマンがやらないといけないって事よ・・・膨大な面積を・・・だってお中元が届く以上やりたくなくてもやらないといけないでしょ・・・とんでもない十字架を背負っちまってるぜ(´・ω・`)ショボーン

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓まとめサイト(情報整理・速報等何でも)
情報の塩漬け部屋ロゴ4

↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)