2023-07-01 08:00 | カテゴリ:農業
2023年春塩漬け果樹園
2023年5月塩漬け果樹園

さぁ、6月に入り収穫物も出てきました。

・ビワ

安定のビワ♪
二本ある内、後に植えた美味しい方のビワの木は冬に葉っぱ&花房を全て鹿に食われて全滅したのは春に報告した通りです。
20230422ビワ1
こっちは一切実がなってません。まじで鹿は許しません!
しかし、見てくれ残った方のビワを。
鳥に食われないように今年は防鳥ネットを早めに入念にかけました。
20230625ビワ1
草刈りの時とかに食べると無茶苦茶美味しいです♪ビワで水分補給の幸せ。
20230625ビワ2

・梅

今年は南高梅と小梅でまず梅シロップを作りました。
これは去年作って感動的に美味しかったので今年も作りました。
産直市とかいけば梅を激安で売ってるので作った方がいいです。
尚、梅シロップは青梅と完熟梅の中間ぐらいで作るのが甘くなって良いようです。
↓なのでちょっと早いです。でも傷が多いので梅酒にせずに梅シロップにしました。
20230625南高梅と小梅
200ccほどホワイトリカーを入れてエキスが出るのを促進。
20230625梅シロップ1
エキスが出きったら梅を取り出します。炭酸で割ったら最強に美味しいです♪
20230625梅シロップ2

続いて恒例梅酒作り。
20230625梅酒1
20230625梅酒2

・ブルーベリー

実が大きいエリザベス♪チャンドラーは実がならず、交配用で植えたラビットアイ系のホームベルは実がなってるけど小さいです。
20230625ブルーベリー

・ブラックベリー

ほっとけばどんどん繁殖して、沢山実を付けるブラックベリー。
食べきらないほどなるので剪定強めでOK。
20230625ブラックベリー

・ポポー

今年は沢山なりました。
20230625ポポー

このように根から沢山の新芽が出てきます。
20230625ポポー新芽

去年沢山出てきた芽を草刈りの時に切らずに大きく成長させて冬の間に掘り返して植え替えました。
ばっちり植え替え成功です。ポポーは木が大きくなるまで凄い年数(うちは10年以上)掛かるのですが、この方法なら効率的に増やせるかもです。
※元のポポーが接ぎ木した苗だと根から生えた新芽は食べるのに適さない品種の可能性が高いので注意!
20230625ポポー植え替え1

こちらは掘り返した時に根を大きく傷つけてしまっていたためか上の方の芽からは葉っぱが出ず枯れたのでダメかと思っていたら下の方は生きてて葉っぱが生えてきました。
ポポーはとにかく根が大事で、掘り返す時に大変だけど極力根を切らずに長く沢山掘り出しましょう。
20230625ポポー植え替え2

・ナツメ

↓去年鹿に葉っぱを全部食べられたナツメ・・・
20230422ナツメ

今年はこのように復活しました。
しかし去年は実がなって来てから鹿に食べられたのでまだ油断出来ません。
鹿対策をしたいです。
20230625ナツメ

・プルーン

見て下さい!今年植えたプルーンはしっかり根付いて元気に育っていました。
ところが・・・
20230625プルーン鹿前

鹿に葉っぱをほとんど食べられました・・・しかも枝を舐めまわすようにして皮もはいで食べる意地汚さ・・・鹿マジ許さん・・・
慌てて鹿よけの柵をしました。後よく見ると食べられたのが早かったので新芽がまだ出て来ています!頑張れ!!
20230625プルーン鹿後

・フェイジョア

木姿良し、花良し(綺麗な上に食用)、実良し(あまり美味しくない)で庭木に最適なフェイジョア、でもあまり美味しくないので別に鹿が食べてもいいのに、鹿よけの柵をしていないにも関わらずなぜか鹿が食べくれません・・・
20230625フェイジョア

・キウイ

イエローキウイを二本植えてるけど、最近夏には葉が茶色になって完熟せずに美味しく食べれていないので、今年は堆肥&化学肥料を沢山やりました。
果たしてどうなる?!
20230625キウイ1
実が沢山なるのでしっかり摘果
20230625キウイ2

・イチジク

去年植えたロードス(無茶苦茶甘い)に実が付いてました♪
他に今年植えた三本も根付いてるので来年は収穫出来そう。
やはりイチジクは簡単でいいですね。なぜか鹿も食べないし。
20230625イチジク(ロードス)

・すもも(貴陽)

大量に花が咲くけど実が結実しないすもも、残ってました!確認出来ただけで三つ!!
これ買ったら一つ500円の高級品種!収穫まで頑張れ!!
20230625スモモ

・梨(幸水・豊水)

父が摘果が早すぎてもっと沢山実がなってたのに、ほとんど実が落ちて少ししか残ってないです。
ほっといてもほとんど実が落ちるんだから摘果は遅くて、さらに後で落とす分でも実を沢山残してればいいのに・・・まったく・・・
20230625梨1
20230625梨2

・桃

桃も父の摘果が早すぎて、摘果後に沢山実が落ちて今年はあまり残ってないです・・・
20230625桃1

・柚子

柚子はもうほっとけばいいです。
ただ、意外と大木になるので木を大きくしたくない場合は冬の剪定強めで。
20230625柚子

・柿

柿は4本あって、昔からある二つはほっといても沢山実を付けますがあまり美味しくないので、新しく植えた新品種「輝太郎」は去年例によって鹿にやられたけど、今年はしっかり成長しています。
しかし、桃栗三年柿八年というように収穫はまだまだ先です。
同じく西条柿も去年二つ実を付けたけど、今年は実を付けなさそうです。

20230625柿

・葡萄

葡萄はピオーネ2本、巨峰1本あります。
↓一回目の摘粒後。後一回摘粒してから袋掛け
20230625葡萄1
↓袋掛け。毎年重労働に見合う収穫となっています。
20230625葡萄2

その他、写真載せてないけど、ミカンやレモンとか枯れたのはなしで全部しっかり育っています。
しかし柑橘類は冬の収穫と冬を越せるかが勝負なので大変なのはこれからです。

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓まとめサイト(情報整理・速報等何でも)
情報の塩漬け部屋ロゴ4

↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
トラックバックURL
→https://shiodukeman.jp/tb.php/3835-45f3d7f6