2018-12-15 10:20 | カテゴリ:勉強や投資情報
昨晩ダウが-500ドル近く下落。
日本時間からダウ先物で落ちていたので、日本市場は大分織り込んでおり、CFDで-100円程度ですので、あまり影響はないですが、下落した理由が各国経済指標等のファンダメンタルズ的な理由ですので、寄り底でリバる雰囲気でもないと思います。
まぁ月曜日の雰囲気次第で。

そして先週なんでもないIPOのピアラオーウエルが盛り上がったように、こういう時こそIPOマネゲですっ!
先週は前哨戦。今週こそ本番です!

■2018/12/17 (月)

[2970] : グッドライフカンパニー
【市場】JQS (不動産業)
【事業内容】投資用新築一棟賃貸マンションの用地仕入・企画設計・施工・監理・賃貸仲介・賃貸管理等
【公募】総計:400,000株(公募:250,000株 / 売出:150,000株)売出株式比率:37.5%
【公開価格】1,600円
【吸収金額】7.36億円
【時価総額】21.6億円
【既存株主】VCなしで、93%を保有する1・2位株主に解除条項なしの180日ロックアップ
【PER】約4.8倍 営業利益率16%
【塩漬け評】不人気不動産(しかも九州地盤) VS 割安&小型需給マネゲ

[7045] : ツクイスタッフ
【市場】JQS (サービス業)
【事業内容】介護・医療に特化した人材サービス事業(人材派遣・人材紹介・教育研修等)
【公募】総計:300,000株(公募:100,000株 / 売出:200,000株)売出株式比率:66.7%
【公開価格】2,630円
【吸収金額】9.73億円
【時価総額】39.4億円
【既存株主】VCなしで91%程度に解除条項なしの180日ロックアップ
【PER】約13倍 営業利益率5.5%
【塩漬け評】目新しくない人材派遣で、普通の営業利益率で小型需給でマネゲの要素はあるが、初値が高すぎると厳しい。

■2018/12/18 (火)

[7046] : テクノスデータサイエンス・エンジニアリング
【市場】東M (サービス業)
【事業内容】ビッグデータ・人工知能(AI)を活用したソリューション提供及びAI製品(AIモジュールを含む)の提供
【公募】総計:536,000株(公募:190,000株 / 売出:346,000株)売出株式比率:64.6%
【公開価格】3,200円
【吸収金額】19.7億円
【時価総額】70.4億円
【既存株主】74%に解除条項なしのロックアップ180日
【PER】約60倍 営業利益率約11%
【塩漬け評】以下のようにしっかりとAIをしており、材料は豊富。
NVIDIA:AI分野の革新企業としてNVIDIA「Inception Program」のパートナー企業に認定
東京電力パワー:AI を活用した架空送電線診断システムの共同開発の開始について
NTTデータ:AIビジネス拡大にむけた資本業務提携
セールスフォース:TDSM、セールスフォース・ドットコムとの協業強化 統計解析技術活かす
日本マイクロソフト:テクノスデータサイエンス・エンジニアリングと日本マイクロソフト 『ディープラーニング(深層学習)分野における人材育成に向けて協力』
ZMP:TDSEとZMP協業によるオートモービル分野での新ビジネス、インテリジェント車両センサー解析サービス提供
ロックアップの掛かりはよく中型であるので低く寄ってくれればいいが、人気のAIで2倍以上で寄られると危険かも。でも上記のような材料は頻繁に出る感じで、その度にマネゲで底値が上がるのであれば、低い所では拾って持っておきたいが、株価は上記を織り込んで価格形成されるので、上記以上の材料は出にくく、少々の材料では株価は動かなくなる可能性も大きい。尚、ソリューションと自社製品ロイヤリティ(ストック型ビジネス)の二つの事業があるが、受注実績を見る限りソリューションでしか売上が出ていないので、ストック型ビジネスモデルではないため業績のブレはある。

[1450] : 田中建設工業
【市場】JQS (建設業)
【事業内容】建築構造物の解体工事並びにそれに付随する各種工事の施工監理
【公募】総計:310,000株(公募:155,000株 / 売出:155,000株)売出株式比率:50.0%
【公開価格】2,400円
【吸収金額】8.55億円
【時価総額】51.8億円

【既存株主】VCなしで100%に解除条項なしの90日ロックアップと継続確約
【PER】約10倍 営業利益率11%
【塩漬け評】建設業でも解体工事(有害物質の除去や土壌汚染の除去)がメイン。業績は伸ばしてきたようだが、ここへ来て今季減収減益予想はいただけない。小型で需給がいいのでマネゲで一発狙い以外はスルー。

■2018/12/19 (水)

[9434] :ソフトバンク
【市場】東1 (情報・通信業)
【事業内容】移動/固定通信事業及びICTソリューションの提供
【公募】総計:1,603,693,700株
【公開価格】1,500円
【吸収金額】26460億円
【時価総額】71807億円

【既存株主】VCなしで97%保有のソフトバンクグループに解除条項なしの180日ロックアップ
【PER】約17倍
【塩漬け評】成長は見込めないので高配当のインカムゲイン狙いでしかないが同業他社と比べて割高なので配当よりも値下がり損が多くなる可能性は高い。
ソフトバンク PER17倍 配当5%?
NTTドコモ PER14倍 配当3.8%
KDDI PER10倍 配当3.7%

[9434] :Kudan
【市場】東M (情報・通信業)
【事業内容】人工知覚技術の研究開発及びソフトウェアライセンスの提供
【公募】総計:170,900株(公募:123,000株 / 売出:47,900株)売出株式比率:28.0%
【公開価格】3,720円
【吸収金額】7.30億円
【時価総額】255億円
【既存株主】VCいるが全員に解除条項なしの180日ロックアップ
【PER】約248倍 営業利益率約28%
【塩漬け評】Kudanの提唱するAP(人工知覚)とは機械の目に当たるソフトウェアの事(AIは脳)。Kudanは米国・イスラエルの企業とその中核技術であるSLAM技術(カメラでリアルタイムに周辺状況を認識して3次元地図を作りつつ自己位置を把握)を開発。その技術基盤を応用してAR・VR、ロボティクス・IoT、ITS・地図・空間情報に展開可能だが、そういう上層だけでなく、Kudanはより下層(基盤)のエンジン、アルゴリズム部分を得意とする(競合他社が増えたので下層部分を強化)。KudanのSLAMはハードウェア、OSを問わずに動くファームウェアであり、汎用性が高い。従業員わずか14名で創業者である大野智弘(元々技術者ではないが、APは大野氏中心に開発した模様)に依存しているリスクはあるがソフト会社であるので大型投資は必要なく天才数人いれば開発出来るという考えで少数精鋭。同業他社のVuforiaはPTCにMetaioはアップルに買収されている。Kudanは独立を保ちたい方針。成長を期待されての脅威の時価総額255億、PER248倍。基本的にライセンス販売によるストック型ビジネスモデルと思われるが、売上3.6億円(内3千万はなんとenish)からも分かるように成長前の段階にして、かなり未来の成長まで織り込んだ公募価格となっており、規格外で常識では測れない。尚主要顧客にはMagic Leap社(Google、アリババを始め、その他世界中の政府系ファンドから2550億円の出資を受けたVRヘッドセットを開発)がいて7795万円の売上。バイオ同様夢を買う投資となりそうがだ、問題は大型なのにVC含めてロックアップ完璧で吸収金額は小さいので公募でPER248倍なのに、さらに初値が高騰し過ぎる点・・・2倍以上で初値ついたらPER500倍・・・
【kudan関連】
enish 業務提携
日本アジアグループ(国際航業) 130000株(第10位株主)で資本業務提携
JIG-SAW 60000株(第16位株主)で業務資本提携
ゼンリン 子会社が84000株(第13位株主)で業務資本提携
※ショーケースTVは業務提携解消
↓技術デモ動画


↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
2018-12-14 15:59 | カテゴリ:所見日記
■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。またコメントは荒らし対策のためツイッターを利用しています。■

●材料●

↓寄り前

JDI
JDI 中国グループと出資交渉
→GUから+40%まで上がるも+34%引け

ツナグ
EBITDA 4倍めざす ツナグS、24年9月期
→ストップ高張り付き

↓寄り後

西菱電機
13:00 次世代タクシー配車アプリ「MOV」システムオリジン、西菱電機、JVCケンウッドと配車システムの連携を目指す検討を開始
→一時ストップ高まで急騰するも全戻し+0.36%引け

ラクオリア
14:00 DeNA、DeNAライフサイエンスが展開するAI創薬プロジェクトに ラクオリア創薬が参画
→一時+15%程度急騰するも+3%引け

●●●●

事前気配なしの唐突な全面安。まぁアジアも全面安ですけど。
日経 -441円(-2.02%)
マザーズ -18(-1.94%)

昨日までの総楽観が嘘のよう。
昨日ブログで書いた通り反省してて良かったです。
昨日や今朝買って、暴落食らってたら、資金的にも精神的にも再起不能でした。

下落の原因は色々で、みんな後付けで理由を考えて色々言うのでしょうが、正解は一番下でしょう。
SQ機関陰謀論者・・・SQのために上げた機関が、SQ終わったので売ったから
チャーチスト・・・25日移動平均線で反落
評論家・・・直近上がったから下がっただけ
ファンダ派・・・中国の鉱工業生産と小売売上高が悪くて米中貿易戦争懸念と日銀短観で内外景況感懸念
証券会社専門家・・・外国人の半導体関連の処分売りが続いた

SQ機関陰謀論と「上がったから下がっただけ」は論外として、25日移動平均線で反落ってたまたまそうなっただけで、確かに中国の鉱工業生産と小売売上高の発表で日経平均は落ちましたがここまで売られる理由にはならず、外国人が本気で日本株を見切って売り続けた結果が今日の暴落だと思います。
勿論その前提として、内外景況感の悪化がありますが。
それぞれに理由があって売る人がいて下がるだけですから、アルゴがその中で悪さして一方向になったりボラが大きくなったり指数寄与する個別株が変な値動きをする事はあっても、「機関が操作」とか「テクニカルで売られた」とか「上がったから下がっただけ」とかあり得ないです。

こうなると、買い手不在&足の速い新興銘柄はリバなしで下がるだけのいつもの地獄の展開。

半導体関連に全く光が見えませんが、別に売った外国人がファンダメンタルズ的に正しいとは限りません。
彼らが間違っていた場合は、今まさに半導体を中心とした外需系銘柄はお宝が眠っている状態になっています。
ただし、塩漬けマンはそうは思わない(外需系銘柄は不景気になったら今の業績の数分の1ぐらいには簡単になるので、今の業績なんて見てはだめ)ので買うのを躊躇っています。

今日は手数少なく確実っぽいのでトレード
西菱電機 4,406円 薄すぎて200株しか買えず、薄すぎて怖いのでストップ高で利確
鎌倉新書  11,858円 本日底値の方で買ったのに、それを損切した瞬間上がりだしてJCして上で買ってるので利確
ユニー・ファミマ【空売】 28,125円 強い!てか乱高下
ゴールドウイン【空売】 19,851円 まだ崩れないか!

鎌倉新書は下で買ったのをガチホ出来ていたら売りたくなかったです。
業務的にも今後市場が伸び続けるし、それに伴って会社の業績も上がっているのでいい銘柄だと思います。
それはシルバーライフも同じで今日やたら強かったですが、両銘柄とも、前も決算後上がった後に長く下げ続けたので、下で拾っている人は余裕ですが、上がってからだと買いにくいです。
という事は下がり切った所が大体決算前なのでそこで買って決算勝負するしかないって事ですが・・・
ただ、前の前に好決算で買って下がりまくって損切しまくってムカついて今回好決算で買わなかったウエストが、今回は好決算後に嘘のように上げまくっています・・・前の傾向はあくまで前の傾向であって、今回は違うかもしれないので、気になる銘柄はちゃんとインしたいです。

尚、こういう市況ですので、昨日IPOで撃沈したオーウエルに第二のピアラ思惑(初日ストップ安後に二日連続ストップ高で今日-7%)で短期マネーが集中してストップ高でしたが、1日持たずに大引前に崩れて+6%でした。

さて、とりあえず今日新興崩壊来ましたが、まだインしませんでした。
次新興崩壊来たら、雰囲気次第ですが、総悲観を感じたら、人気銘柄大量ポジションロングをやろうと思います。

●イベント● 赤:米中 青:日米 オレンジ:米その他 紫:欧州懸念
12月14日 中国11月鉱工業生産・11月小売売上高
12月19日 ソフトバンク上場
12月18日~19日 FOMC
12月20日 日銀会合
12月20日【ルーデン】「ルーデンコイン」の CCX CANADA.COM仮想通貨交換所での取引開始予定日
12月21日 アメリカ連邦予算期限(メキシコ国境壁で政府機関閉鎖も辞さず)
12月27日 【ホシザキ】四半期報告書提出期限(提出出来なければ上場廃止)
12月30日 TPP11発行
年明けすぐに 米朝首脳会談
1月頃 日米物品貿易協定(TAG)開始
1月 【ロシア関連】安倍首相訪ロし日ロ首脳会談
1月 ブレグジッド議会採決(議会は承認しない可能性大→合意なきブレグジッド)
1月~3月 ナスダックは仮想通貨ビットコインの先物を上場する計画
2月末まで 米中貿易協議で以下の合意なければ2000億ドル分の製品の関税率の10%から25%に引き上げ(G20で決定)
(1)米企業への技術移転の強要
(2)知的財産権の保護
(3)非関税障壁
(4)サイバー攻撃
(5)サービスと農業の市場開放

3月16日 【フィンテック】「ムーミンバレーパーク」開業。※11/9に「メッツァビレッジ」は開業済
3月29日 英国が欧州連合(EU)を離脱(ブレグジット)
夏 第4次産業革命(AI/ロボット/キャッシュレス化)と雇用(65歳以上雇用継続や中途拡大)、地方(地銀経営統合)のテーマで成長戦略の3年間の工程表を含む実行計画を閣議決定
詳細「成長戦略の方向性(案)」
2020年1月期 【サンバイオ】外傷性脳損傷を対象とした細胞治療薬「SB623」の国内承認申請を目指す

●ホールド中銘柄含み損益●
完全ノーポジ

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
2018-12-13 15:46 | カテゴリ:所見日記
■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。またコメントは荒らし対策のためツイッターを利用しています。■

●材料●

↓寄り前

伊勢化学
山形大と伊勢化学、次世代ディスプレー材料 ヨウ素使い製造へ
→大幅GUからストップ高近くまでいくも、薄すぎ&既出材料で+2%

↓寄り後

日本サード
10:00 日本サード・パーティの人工知能サービス「Third AI」、クラウド型コンタクトセンター「Amazon Connect」と連携
→ストップ高張り付き

ナノキャリア
13:20 国内第III相臨床試験に関する新規治験計画届出のお知らせ
→+10%以上上がるも撃沈+2%

プロスペクト ※第2四半期決算提出で上場廃止回避
14:24 訂正有価証券報告書-第116期(平成28年4月1日-平成29年3月31日) ※時間が一番早い
14:38 四半期報告書-第118期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日) ※←これが大事
→+40%

ファーウェイ代替思惑でなぜか5G祭り
→省略

●●●●

朝起きて昨晩のダウの値動きにまたビックリしました。
まさかの上髭撃沈。
GUのおかげで+157ドルでしたが、今のダウは下に行きたそうにしているようにしか感じません。

ですので、今日は買いたいのをグッと我慢。
日本サードの材料は+2%ぐらいで気づいたのですが、元SEなので材料しょぼすぎて買えないなって思ってたらストップ高でした・・・
しょぼい材料 < 低時価総額(しかも株価下値圏)

後はプロスペクト、1ティックだけ抜いて利確。

ちょっと本気で反省して、手数や銘柄数が多いと今は負ける可能性が高いなって思っています。
だって、毎日毎日安値更新銘柄ばかりで、市況が悪いのに、ロングだとそうなります。
ですので、普段は手数を少なくして、エッジ(優位性)の高いトレードに集中しようと思います。
その代わり投入金額を通常投資額(100万)の二倍まで許容します。
これはマネゲに限らず、投資でも同じです。

冷静に考えると、今の市況では好決算でも株価2倍になる銘柄は限られます。
例え株価1.5倍でも2倍資金投入してたら2倍になったのと同じ利益となります。
1000円×2000株→1500円になったら100万利益
1000円×1000株→2000円になったら100万利益

といいつつ、今日のプロスペクトでは怖すぎて、2倍資金どころか、1/2資金しか投入出来ませんでしたが・・・
まぁ時と場合と材料と銘柄に応じて臨機応変に。

基本的にはマネゲにしろ投資にしろ、やり方は今までと同じですが、
・材料株マネゲ
・好決算銘柄狙い
・暴落時人気銘柄大量ロング

手数を少なく(精度を高く、逆にチャンスを逃しても気にしない)、より確実にって事です。

そして二倍資金を入れているので、ここが一番大事なのですが、利確をしっかりしていこうと思います。
この1年、「まだ上がる。今が底だ」などという妄想に囚われていなければ、この地獄のような相場でも余裕で最高利益更新しまくりでした。

勿論、ホロンのようにいい銘柄を底で買っているのに早売りするのは勿体ないので、マネゲにしろ投資にしろ、材料やファンダをしっかり見極めなければいけませんが。

というのも、来年は多分今年より厳しくなるので、今年までのやり方は通用しないし、成長しないと退場一直線だからです。
アベノミクス以降、今年までロング主体で勝てていた人は90%の人が運で勝っていたと思います。

来年以降こそ投資家としても投機家としても真価が問われますし、10%の実力で勝てる投資家に脱皮しないといけません。
とりあえずマネゲ的には来週以降にお宝IPOが眠っていると思うので、まずは当たったら大きいIPOマネゲを頑張ります!

・・・と・・・金曜日の雰囲気ですが、まだ木曜日。
明日も油断せず頑張ろうと思います。

●イベント● 赤:米中 青:日米 オレンジ:米その他 紫:欧州懸念
12月14日 中国11月鉱工業生産・11月小売売上高
12月19日 ソフトバンク上場
12月18日~19日 FOMC
12月20日 日銀会合
12月20日【ルーデン】「ルーデンコイン」の CCX CANADA.COM仮想通貨交換所での取引開始予定日
12月21日 アメリカ連邦予算期限(メキシコ国境壁で政府機関閉鎖も辞さず)
12月30日 TPP11発行
年明けすぐに 米朝首脳会談
1月頃 日米物品貿易協定(TAG)開始
1月 【ロシア関連】安倍首相訪ロし日ロ首脳会談
1月 ブレグジッド議会採決(議会は承認しない可能性大→合意なきブレグジッド)
1月~3月 ナスダックは仮想通貨ビットコインの先物を上場する計画
2月末まで 米中貿易協議で以下の合意なければ2000億ドル分の製品の関税率の10%から25%に引き上げ(G20で決定)
(1)米企業への技術移転の強要
(2)知的財産権の保護
(3)非関税障壁
(4)サイバー攻撃
(5)サービスと農業の市場開放

3月16日 【フィンテック】「ムーミンバレーパーク」開業。※11/9に「メッツァビレッジ」は開業済
3月29日 英国が欧州連合(EU)を離脱(ブレグジット)
夏 第4次産業革命(AI/ロボット/キャッシュレス化)と雇用(65歳以上雇用継続や中途拡大)、地方(地銀経営統合)のテーマで成長戦略の3年間の工程表を含む実行計画を閣議決定
詳細「成長戦略の方向性(案)」
2020年1月期 【サンバイオ】外傷性脳損傷を対象とした細胞治療薬「SB623」の国内承認申請を目指す

●ホールド中銘柄含み損益●
完全ノーポジ

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)