2019-01-15 15:40 | カテゴリ:所見日記
■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。またコメントは荒らし対策のためツイッターを利用しています。■

●材料●

↓寄り前

マネックス
仮想通貨交換業者登録に関するお知らせ
→3%

任天堂
Apple’s Next Big Move? It Should Buy Nintendo
→+4%

セルシード
(開示事項の経過)自己細胞シートによる軟骨再生治療の厚生労働省「先進医療会議」承認のお知らせ
→ストップ高

ゲノム医療関連
がんゲノム医療、全国40病院で 遺伝情報から薬選ぶ
DNAチップ 寄り底から一時+18%程度上がるも撃沈-2% ※SBIレポートで連続ストップ高中だった
PSS 寄り天-4%

株探煽り
【特集】究極の5テーマ5銘柄・「最強材料株セレクション」次なる候補<株探トップ特集>
フィックスターズ +12%
FDK +7%
アジア航測 +10%
日本サード ストップ高
セキュアヴェイル ストップ高

オンコリスバイオ
米国臨床腫瘍学会消化器癌シンポジウムにて テロメライシンⓇと放射線併用の医師主導臨床研究結果発表のお知らせ
→+20%

●●●●

中国の貿易統計が悪くて日本お休みの月曜日はまた先物が荒れていたようですが、明けてみると、中国関連が全面高。
中国は金融緩和もやるし、出尽くしの様相で半導体関連も強く指数を牽引
新興は完全な寄り底

イギリスのブレグジッド採決を前に
日経 +195円
マザーズ +2.7%
まぁイギリスの議会は否決で分かり切っているので、その後どうなるかですよね。

決算日期待銘柄投資法は今日はしませんでしたが、やるなら以下を想定していました。
[前日比] [朝一成行買いした場合]
メディアドゥ +7% +9%
サイバーステップ -9% -6%
サインポスト +2% +2%
グノシー -1.7% -1%
串カツ田中 +6% +6%
RPA +6% +6%
ウォンテッドリー +9% +8%
やってればプラスでしたが、そもそも今日は寄り底で新興リバ日だったので当てにはなりません。

ところで、金曜日ショートで損切したファストリが-3%なんですけど・・・しかも今日もショートして損切したらその後暴落してました・・・
10万取りこぼし・・・本当にCISさんの言う通りで、時間軸の違いはありますが、こういうのって上がる日は上げ続けて、下がる日は下げ続けますね・・・逆らって逆張りするより早い内に順張りしないと・・・
んでオリンパスのショートは捕まりました。
まさかストップ高行くとは・・・

UUUM、朝-5%とか行ってたので、ダメなのかと思ったら、そこから脅威の+12%引けでした。
マイナスの内に買おうか迷ったのですが、さすがに諦めたら凄いリバっていました。

エディアAndfuctoryも寄り底でした。
どんな決算でも人気銘柄、マネゲ銘柄は決算通過で上がる雰囲気は感じました。

●イベント● 赤:米中 青:日米 オレンジ:米その他 紫:欧州懸念
来年 トランプ大統領とパウエル議長の会談の可能性、側近が模索-CNN
1月頃 日米物品貿易協定(TAG)開始
1月15日 ブレグジッド議会採決(議会は承認しない可能性大→合意なきブレグジッド)→ブレグジッド延期の可能性。また否決された場合代替案提示に三日間(会議開催日)の猶予
1月16日 メイ首相EUとさらなる協議のためブリュッセルへ
1月21日 イギリス下院で代替案の投票
1月21日(調整) 【ロシア関連】安倍首相訪ロし日ロ首脳会談
1月30日 FOMC
1月~2月(未定) 米朝首脳会談
1月~3月 ナスダックは仮想通貨ビットコインの先物を上場する計画
2月末まで 米中貿易協議で以下の合意なければ2000億ドル分の製品の関税率の10%から25%に引き上げ(G20で決定)
(1)米企業への技術移転の強要
(2)知的財産権の保護
(3)非関税障壁
(4)サイバー攻撃
(5)サービスと農業の市場開放

3月16日 【フィンテック】「ムーミンバレーパーク」開業。※11/9に「メッツァビレッジ」は開業済
3月20日 FOMC ※FRB議長の記者会見予定
3月29日 英国が欧州連合(EU)を離脱(ブレグジット)
4月1日 新元号閣議決定して事前公表
5月1日 新元号施行
7月 参議院選挙
夏 第4次産業革命(AI/ロボット/キャッシュレス化)と雇用(65歳以上雇用継続や中途拡大)、地方(地銀経営統合)のテーマで成長戦略の3年間の工程表を含む実行計画を閣議決定
詳細「成長戦略の方向性(案)」
2020年1月期 【サンバイオ】外傷性脳損傷を対象とした細胞治療薬「SB623」の国内承認申請を目指す

●ホールド中銘柄含み損益●
オリンパス【空売】 -95373円
任天堂【空売】 +8148円

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
2019-01-11 16:31 | カテゴリ:所見日記
■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。またコメントは荒らし対策のためツイッターを利用しています。■

●材料●

↓寄り前

アイフリーク
韓国のブロックチェーン研究教育機関にてChallet採用に伴いWaltonchain Foundation(ウォルトンチェーン財団)と業務委託契約締結
→寄り天+0%

DWTI
緑内障・高眼圧症治療剤「WP-1303(H-1129)」の国内第III相臨床試験の開始並びにマイルストーン受領のお知らせ
→寄り天+2%

MS-Japan
2019 年3月期第3四半期 人材紹介事業 新規登録者数前年同期比で 20.4%増加。自社サイトでの獲得比率は 76.0%へ上昇。
→無風

リファインバース
新たな事業の開始に関するお知らせ
※「当該設備により 10 億円/年程度の売上高を想定」 売上26億円の会社
→寄らずストップ高

↓寄り後

オンキヨー
14:00 オンキヨースポーツが、RIZAPが提供する「RIZAP Lab(ライザップラボ)」のスポーツ栄養分野を監修
→+6%急騰して+3%引け

●●●●

昨晩またいい方のパウエル砲が出たようで。
「当局は辛抱強くかつ柔軟で、進展を見守ることができる状況にある。しばらくは様子見だと考える」
つまりもう利上げしないって事でしょう。
ただし言い過ぎると、利上げしないのは景気後退だからって事で、そろそろ口をチャックした方がいいと思いますが・・・

さて、今日は昨日書いた「人気銘柄決算日投資法」をやってみました。
候補に挙げたのは
ネオス、ロゼッタ、UUUM、AndFactory、ロコンド
で、UUUMロコンドは外してネオス、ロゼッタ、AndFactoryを成買しました。

ところが・・・全部寄り天!!とくにロゼッタがガンガン下げる!
そして外したロコンドが正解の寄り底でガンガン上げる展開・・・ただしロコンドは12:00に失望決算で暴落しました。

やっぱりGUする日の朝一に買ったらだめだったかと、市況も悪そうだったので微損撤退したら、なんと最終的にガチホして大引けで利確すれば良かったやつ・・・

↓寄り付きで買って大引けで決済した場合
ネオス +3.6%
AndFactory +3.3%
ロゼッタ +0.27%

これだけで6万ぐらい抜けた(1銘柄100万円なので)ってことです。
尚、実際の決算は
ネオス 上方修正だけど、第4Qは失速する会社予想で微妙
AndFactory 第一四半期だからなんとも・・・でも期待外れかな
ロゼッタ 黒字転換継続で前四半期との比較ではいいけど、このまま行くと多分1株益25円でPER70倍ぐらいになるよね・・・普通に超割高で、次の本決算は今期予想勝負になるかな
UUUM PER123倍だけどそれを許容出来る上方修正も気になるのは下期の営業利益が上期より減る予想になってるね・・・そういう業態とも思えないけど、保守的に見積もったのかな

後はアドテックプラズマがやっぱり半導体銘柄の失速を象徴するような下方修正を出してきました。
約40%減益
前々から書いているように、外需系銘柄(景気循環株)は低PERの時に売らないければいけない逆張り銘柄です。
なぜなら好業績でPERが低くなってても、そこが天井で不景気になったら簡単に業績が1/5とかになって、という事はPERは×5になるからです。
PER5倍でもPER25倍に簡単になっちゃうって事・・・
アドテックプラズマは業績のブレが大きいので、まさにPERなど見て投資してはいけません。不景気になるとどういう数字になるか・・・
20190111プラズマ
アドテックプラズマの認識では半導体メーカーの設備投資計画が遅れるだけで、それは一過性であり回復局面に向けて投資を継続するようです。その会社判断が間違っていた場合、業績は大変な事になりますので、注意が必要です。
20190111プラズマ2
アドテックプラズマはROAが高く優秀な銘柄で個人人気が高いのにずっと下降トレンドだったのは、プロは手を出さない銘柄だからでしょう。小型で薄すぎで大きな資金は入れれない銘柄というのも敬遠されていた理由だと思います。

セントラル警備ディップ等、好決算でも冴えない銘柄も多く、決算に対する投資家の見方がシビアだなと思いました。
恒例のソシャゲ銘柄糞決算は買いの法則も、ケイブで暴落すらせず、静かなものでした・・・

ブレグジッドとかトランプの壁とか外部環境は無視されて決算相場に突入してる感じの日本市場ですが、さすがに連日連敗で当初の目標の手数を少なくもあんまり出来ていない状況で、昨日やたら強かったので上がる奴と思って大量に買ったのに、迷って利確した鎌倉新書が+8%と心を折りに来ています。

とりあえず三連休ですので、リフレッシュしてこようと思います。

●イベント● 赤:米中 青:日米 オレンジ:米その他 紫:欧州懸念
来年 トランプ大統領とパウエル議長の会談の可能性、側近が模索-CNN
1月頃 日米物品貿易協定(TAG)開始
1月15日 ブレグジッド議会採決(議会は承認しない可能性大→合意なきブレグジッド)→ブレグジッド延期の可能性
1月21日(調整) 【ロシア関連】安倍首相訪ロし日ロ首脳会談
1月30日 FOMC
1月~2月(未定) 米朝首脳会談
1月~3月 ナスダックは仮想通貨ビットコインの先物を上場する計画
2月末まで 米中貿易協議で以下の合意なければ2000億ドル分の製品の関税率の10%から25%に引き上げ(G20で決定)
(1)米企業への技術移転の強要
(2)知的財産権の保護
(3)非関税障壁
(4)サイバー攻撃
(5)サービスと農業の市場開放

3月16日 【フィンテック】「ムーミンバレーパーク」開業。※11/9に「メッツァビレッジ」は開業済
3月20日 FOMC ※FRB議長の記者会見予定
3月29日 英国が欧州連合(EU)を離脱(ブレグジット)
4月1日 新元号閣議決定して事前公表
5月1日 新元号施行
7月 参議院選挙
夏 第4次産業革命(AI/ロボット/キャッシュレス化)と雇用(65歳以上雇用継続や中途拡大)、地方(地銀経営統合)のテーマで成長戦略の3年間の工程表を含む実行計画を閣議決定
詳細「成長戦略の方向性(案)」
2020年1月期 【サンバイオ】外傷性脳損傷を対象とした細胞治療薬「SB623」の国内承認申請を目指す

●ホールド中銘柄含み損益●
ノーポジ

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
2019-01-10 16:03 | カテゴリ:所見日記
■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。またコメントは荒らし対策のためツイッターを利用しています。■

●材料●

↓寄り前

PSS
第三者割当による第16回新株予約権(行使価額修正条項付)の権利行使完了、大量行使および月間行使状況に関するお知らせ
→+20%

santec
高分解能な次世代OCTを実現する高速波長走査型Tunable VCSEL(型式:HSL-1)の発表
→朝一急騰でストップ高まで行くも+5%

エクストリーム
スマートフォン版『ラングリッサー』、英語版の配信日が決定!
→朝無風で会社HPに同情報が載って+6%程度急騰して全戻し

カーチス
中国、中古車市場が急拡大 18年販売13%増へ
→朝に出ていたが、10:30に急騰しストップ高も脅威の全もで+2%引け

ブライトパス
iPS細胞でがん治療、「頭頸部」患者治験へ…理研・千葉大チーム
→朝一ほぼ無反応で後場から急騰+29%

↓寄り後

キャンバス
11:30 CBP501フェーズ1b試験拡大相 FPI(最初の被験者への投与開始)のお知らせ
→後場ストップ高で寄って+13%

●●●●

ん~・・・ストレスの溜まる相場です。
というのも、昨日ショートしたのが悉く上がったって損切したって書いたじゃないですか。
あれ、ゴールドウイン、オプティム、船井電機で、今日全部-4%です・・・
今日もゴールドウインとユニー・ファミマショートした瞬間上がったので損切したら、その後下げまくっていました・・・ユニー・ファミマは悪決算で下げたのですけど。
一瞬一瞬の値動きに惑わされ過ぎ・・・

鎌倉新書狙っていて、損切して上手く下で拾えたのですが、なんかまた全面大暴落の新興崩壊が来そうなので利確してノーポジになっておきました。

こういう時に日々デイで取るのにいい方法が、MSワラント終了投資法と、人気銘柄決算日投資法です。
前者はPSSで今日発生していました。
バイオ全面高の追い風もありましたが、MSワラント完了したら上がるのは知ってたのですが、朝見逃してたら凄い上がってました。
後者は今日京進で発生していました。
買おうと思ったら板が薄すぎてとても買えないと思っていたら、なんと+10%も上がっていました。
尚、昨日は放電精密で起きていて、+7%でした。
また、ケイブですら+3%でした。
※今日悪決算

両方とも人気銘柄(※マネゲ的にと前回好決算)が何か知っていれば堅くデイで取れる奴ですが、こういうのをしっかり取っていかないといけないと思いました。

後は、元号関連が何気にまだ続いています。
日替わりでスターが誕生しているからです。
今日は
プリントネット +17%
Amida +25%
タウンニュース +16%

でした。

そういえば、シルバーライフに以下を問い合わせたのですが、
1.社長の売出は一部変更のためか?
2.工場増設資金について

1.については違う感じで、2.についてはどうとでも取れる・・・というか未定って感じの成果のないというか無難というか意味のない回答でした。
gadfasfafafa.jpg

●イベント● 赤:米中 青:日米 オレンジ:米その他 紫:欧州懸念
来年 トランプ大統領とパウエル議長の会談の可能性、側近が模索-CNN
1月頃 日米物品貿易協定(TAG)開始
1月15日 ブレグジッド議会採決(議会は承認しない可能性大→合意なきブレグジッド)→ブレグジッド延期の可能性
1月21日(調整) 【ロシア関連】安倍首相訪ロし日ロ首脳会談
1月30日 FOMC
1月~2月(未定) 米朝首脳会談
1月~3月 ナスダックは仮想通貨ビットコインの先物を上場する計画
2月末まで 米中貿易協議で以下の合意なければ2000億ドル分の製品の関税率の10%から25%に引き上げ(G20で決定)
(1)米企業への技術移転の強要
(2)知的財産権の保護
(3)非関税障壁
(4)サイバー攻撃
(5)サービスと農業の市場開放

3月16日 【フィンテック】「ムーミンバレーパーク」開業。※11/9に「メッツァビレッジ」は開業済
3月20日 FOMC ※FRB議長の記者会見予定
3月29日 英国が欧州連合(EU)を離脱(ブレグジット)
4月1日 新元号閣議決定して事前公表
5月1日 新元号施行
7月 参議院選挙
夏 第4次産業革命(AI/ロボット/キャッシュレス化)と雇用(65歳以上雇用継続や中途拡大)、地方(地銀経営統合)のテーマで成長戦略の3年間の工程表を含む実行計画を閣議決定
詳細「成長戦略の方向性(案)」
2020年1月期 【サンバイオ】外傷性脳損傷を対象とした細胞治療薬「SB623」の国内承認申請を目指す

●ホールド中銘柄含み損益●
ノーポジ

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
2019-01-09 16:01 | カテゴリ:所見日記
■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。またコメントは荒らし対策のためツイッターを利用しています。■

●材料●

↓寄り前

DELTA
代表取締役社長 江島 清 より新年のご挨拶 ~ DFP-10825(核酸医薬)の開発状況について ~
→+6%

ジャストプランニング
WORLD TRIP SINGAPORE PTE.LTDとの業務提携に関するお知らせ
→寄り天-4%

ユビキタス
ユビキタスAIコーポレーションとTuxera社が提携
→ストップ高張り付き

DNAチップ
「強気」にてカバー開始。非小細胞肺がんのコンパニオン診断サービスに注目
→寄らずストップ高

カーリット
カーリットHD、研磨剤用分散液に参入 半導体材分野開拓
※後株式新聞一面
→寄り天+4%

↓寄り後

Aiming
10:30 スマートフォンゲームの共同開発契約締結に関するお知らせ
→一時+12%程度上がるも脅威の全戻し+0%引け

アイフリーク
11:30 ウェアラブル機器を組み込んだスポーツウェアの研究開発を行う株式会社ウェアラブルより「Challet」採用に伴うLOI(意向表明書)を受理
→+15%まで行くも撃沈+6%

●●●●

そーせいサンバイオのせいでマザーズ指数は上がっていましたが、完全に調整日で体感-1%でした。
決算が本格化しますので、セオリーではここから新興は軟調化します。
特にマネゲって上がっていただけの割高銘柄は厳しい展開になります。
しかし、そうなるとあの地獄の大発会で買って三日間で利確が正解だったとかいうスピード感ですが、去年末なんて1日しかリバウンドが持たなかったので、まぁ市況は良くなっているとは思います。

今回の決算は外需系の業績が本当に鈍化しているのか要チェックです。

今日はユビキタスのIR、HPチェッカーで気づいていたのですが、買わなかったらストップ高ですか・・・
まぁ買ってても、ユビキタスは材料感度がよくないので+5%ぐらいで利確してたと思いますが、こういうのを逃すと凹みます。
空売り色々したのですが、迷ってしなかったサン電子が一時-9%・・・したのは上がって、なんとか微損撤退・・・

ところでブレグジッドがやばげな雰囲気なのですが、イギリス株価指数は関係なく反発しています。
正直日本経済への影響は限定的・・・というか関係なくね?って思うのですが、どうなるのでしょう・・・
最近「大丈夫だろ」って油断してると、凄い下がるので、予断を持たずに慎重に行きたいです。

●イベント● 赤:米中 青:日米 オレンジ:米その他 紫:欧州懸念
来年 トランプ大統領とパウエル議長の会談の可能性、側近が模索-CNN
1月頃 日米物品貿易協定(TAG)開始
1月8日 22:30 アメリカ・貿易収支
1月7日~9日 トランプの壁再協議
1月15日 ブレグジッド議会採決(議会は承認しない可能性大→合意なきブレグジッド)→ブレグジッド延期の可能性
1月21日(調整) 【ロシア関連】安倍首相訪ロし日ロ首脳会談
1月30日 FOMC
1月~2月(未定) 米朝首脳会談
1月~3月 ナスダックは仮想通貨ビットコインの先物を上場する計画
2月末まで 米中貿易協議で以下の合意なければ2000億ドル分の製品の関税率の10%から25%に引き上げ(G20で決定)
(1)米企業への技術移転の強要
(2)知的財産権の保護
(3)非関税障壁
(4)サイバー攻撃
(5)サービスと農業の市場開放

3月16日 【フィンテック】「ムーミンバレーパーク」開業。※11/9に「メッツァビレッジ」は開業済
3月20日 FOMC ※FRB議長の記者会見予定
3月29日 英国が欧州連合(EU)を離脱(ブレグジット)
4月1日 新元号閣議決定して事前公表
5月1日 新元号施行
7月 参議院選挙
夏 第4次産業革命(AI/ロボット/キャッシュレス化)と雇用(65歳以上雇用継続や中途拡大)、地方(地銀経営統合)のテーマで成長戦略の3年間の工程表を含む実行計画を閣議決定
詳細「成長戦略の方向性(案)」
2020年1月期 【サンバイオ】外傷性脳損傷を対象とした細胞治療薬「SB623」の国内承認申請を目指す

●ホールド中銘柄含み損益●
JALCO +129007円

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
2019-01-08 16:53 | カテゴリ:所見日記
■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。またコメントは荒らし対策のためツイッターを利用しています。■

●材料●

材料多過ぎて省略したいんですけど・・・てか、しょぼい材料でも煽られた時価総額低い銘柄全部急騰してましたね・・・以下以外にも一杯あったでしょ・・・

↓寄り前

田淵電機
当社株式上場時価総額審査の終了(上場維持)に関するお知らせ
→一時+40%まで上がるも+20%引け

やまね ※介護派遣の会社
子会社設立に関するお知らせ
→寄り天マイ転

シーズメン ※販売速報関係ないと思うけど・・・
2019年2月期 月次販売速報
→ストップ高張り付き

ビットワン
当社子会社による業務提携覚書の締結に関するお知らせ
→+7%程度上げるも-6%

メドピア
株式会社 EM システムズとの業務提携に関するお知らせ
→寄り天

No.1
FFRI
自社企画商品「NR-T2000」提供開始に関するお知らせ
→No.1 +6%
→FFRI +7%

フォーサイド
中国物流最大手企業「順豊エクスプレス(SF Express)」グループ E コマース事業会社「fengqu.com」との包括的業務提携のお知らせ
→GUから+19%までj急騰するも撃沈+2%引け

太洋工業
高伸長FPCの開発に関するお知らせ
→+15%GUも寄り天マイ転-1.6%

そーせい
AstraZeneca社の第2相臨床試験開始による提携契約に基づいた15百万米ドルのマイルストン支払い受領のお知らせ
→ストップ高で寄りついてストップ高張り付き

ITFOR
決済端末「iRITSpay決済ターミナル」が国内主要QRコード決済に対応開始
~ネットスターズ社との業務提携で、キャッシュレス決済対応を加速~
→寄り天+1%引け

アエリア
テンカウントリリース→セルラン圏外
→昨日ストップ高だったがリリース天井にならず-2%

↓寄り後

フリービット
9:00 フリービット、ブロックチェーン技術を活用した「デジタルキー」基礎技術をアルパインと共同開発
→+8%急騰するも+2%引け

ピクセルカンパニーズ
9:40 カジノで仮想通貨がどうのこうの(省略)
→+27%まで急騰するも撃沈+10%引け

データセクション
10:30 AI技術による地域包括医療と介護の支援システムがNEDOによる公募案件に採択
→ジリ高+10%

デュアルタップ
10:30 東京23区の不動産に投資したい人が スマホで1円から投資できる機会を提供、フィンテックサービスのクラウドポート社と業務提携
→ストップ高

イード
11:00 イード、「Google Partner」に認定
→一時ストップ高も撃沈+4%引け

ウェッジ ※なぜ上がったのか謎、煽られたから上がっただけ的な
13:30 Group Lease Cambodia announces partnership with Bajaj three-wheeler vehicles (Tuk-Tuks)

●●●●

昨晩IMSが予想より悪かったのに、いや悪かったからこそ利上げが遠のいたという判断なのか、米中貿易協議が楽観的なのが報じられたからかダウが強かったです。
ロス商務長官、米中通商合意に楽観的-中国も摩擦解消に積極姿勢
しかし、最後は垂れて+98ドル引けなのに、日経先物の強い事強い事・・・それは日本時間ザラ場にも引き継がれて、日経+165円でようやくアメリカや上海に振り回される主体性のない日経から脱却の兆し・・・そしてマザーズがついに復活!

そーせいがなんとストップ高でマザーズ指数を牽引
こうなるとサンバイオに資金が集中してマザーズ指数が大幅高+3.26%

そして起こるマネゲ乱舞
今まで落ちていた銘柄(外需であっても)、時価総額が小さい銘柄を中心に何でも上がる天国状態
ただし、今まで上がっていた銘柄等弱いのも多数で、とにかく上値が軽くて資金が集まる銘柄がひたすらマネゲってました。
元号関連や直近IPOです。
↓昨日紹介したウイルコが+43%
20190108元号

こうなると直近IPOは来るのが分かってるので何でも買わないといけないのですが、動けず・・・多大な損切をしているVALUNEXTは取りたかった・・・
20190108直近IPO

ただ、煽られたりして上がったのを後から買っても間に合わないどころかJC損切で今日の天国相場で損失をしたら2倍ムカつきますし、塩漬けマンが買うならこれかなって思ってた銘柄は結構軟調だったので、こういう日は苦手ですが、悔しくて計算してないのですが、結局去年のブラッククリスマスで売った所が全銘柄大底で、持ってたら、軽く500万以上、下手したら1000万ぐらい損益が違っていました。・・・リバりまくってるPKSHAとかgumiとかデータセクションとか大量に持ってたから。

ただ、そしたらシルバーライフ社長55万株売出で本日ストップ安)で多大なショックを受けていたと思いますし、シルバーライフがいち早くリバっていた時は「シルバーライフ全力しとけば良かった!」って思っていたのですが、それしてたら終わってたので、いかに分散投資が大事か分かります。
リスク管理の一つです。

前場はショートをしてて、微損で新興リバを逃した下手くそでしたが、JALCOは買い増しておきました。
少ない手数で爆益が今年のテーマですが、今の所、ブラッククリスマスで売らなかったら、もしくは大発会のアップルショックで買っていたら良かった展開で、非常に難しく、スイングの波に乗れておらず、厳しいです。
押し目買いに押し目なし状態です。
ただ、そろそろ今年のテーマであるショートも意識していこうと思います。

マネゲも起きるようになったので、最新のソシャゲ開発一覧です。
※最近追えていないので漏れはあるかもです。
20190108ソシャゲ開発一覧

●イベント● 赤:米中 青:日米 オレンジ:米その他 紫:欧州懸念
来年 トランプ大統領とパウエル議長の会談の可能性、側近が模索-CNN
1月頃 日米物品貿易協定(TAG)開始
1月8日 22:30 アメリカ・貿易収支
1月7日~8日 米中次官級協議 ゲリッシュ米通商代表部(USTR)次席代表率いる代表団が1月7日からの週に北京を訪れる
1月7日~9日 トランプの壁再協議
1月15日 ブレグジッド議会採決(議会は承認しない可能性大→合意なきブレグジッド)→ブレグジッド延期の可能性
1月21日(調整) 【ロシア関連】安倍首相訪ロし日ロ首脳会談
1月30日 FOMC
1月~2月(未定) 米朝首脳会談
1月~3月 ナスダックは仮想通貨ビットコインの先物を上場する計画
2月末まで 米中貿易協議で以下の合意なければ2000億ドル分の製品の関税率の10%から25%に引き上げ(G20で決定)
(1)米企業への技術移転の強要
(2)知的財産権の保護
(3)非関税障壁
(4)サイバー攻撃
(5)サービスと農業の市場開放

3月16日 【フィンテック】「ムーミンバレーパーク」開業。※11/9に「メッツァビレッジ」は開業済
3月20日 FOMC ※FRB議長の記者会見予定
3月29日 英国が欧州連合(EU)を離脱(ブレグジット)
4月1日 新元号閣議決定して事前公表
5月1日 新元号施行
7月 参議院選挙
夏 第4次産業革命(AI/ロボット/キャッシュレス化)と雇用(65歳以上雇用継続や中途拡大)、地方(地銀経営統合)のテーマで成長戦略の3年間の工程表を含む実行計画を閣議決定
詳細「成長戦略の方向性(案)」
2020年1月期 【サンバイオ】外傷性脳損傷を対象とした細胞治療薬「SB623」の国内承認申請を目指す

●ホールド中銘柄含み損益●
JALCO +242450円

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)