2019-02-17 10:20 | カテゴリ:勉強や投資情報
最近サンバイオエクストリームを見てて思うのは、株って過去の成功体験をいかに忘れるかだと思いました。

サンバイオエクストリームで一瞬でも資産が数倍になっているのを目の当たりにしたら、多分脳内麻薬の分泌はコカインの比ではないと思います。
それが資金の大半をつぎ込んでいた場合、もうその欲望という魔力から逃れる事が出来なくなり、銘柄の信者になってしまいます。

結果、冷静に考えれば、サンバイオエクストリームも、未来の成功を織り込んでも余りある超絶割高になっても利確する事が出来ず、株価が下がっても、過去の成功体験(=莫大な含み益)を忘れる事が出来ず、結果が出るまでガチホしてしまいます。

初動ガチホなら被害はないです。問題は以下をしていた場合。
・上での買い増し
・信用全力


銘柄の信者になってしまうと、他者のまともな意見は耳に入らず、自分に都合の良い妄想ばかりして、利確なんて論外であり、どんどん買い増して、気が付けば信用全力していたりします。

一度大相場になって下がったにも関わらず割高な株を塩漬けしている人は、自分がその銘柄の信者になっていないか、よく考えた方がいいです。
自分がいくらその銘柄が凄いと思っていても、市場の評価が得られなければ株価は上がらないので、自分の考えは全く意味を成しません。
勿論、株価は長期的にはファンダメンタルズに収束するので、その株が成長していればいずれ再評価されて助かるかもしれませんが、成長率によっては何年掛かるか分かりませんし、成長していないのであれば株価は奇跡が起きない限り高値を超える事はありません。

かくいう塩漬けマンも最初日本マイクロニクス量子電池で一山当てた時は完全に日本マイクロニクスの虜になっていました。

量子電池なんて物理や化学の知識があったら歯牙にもかけなかっただろうし、日本マイクロをホールドしている時も二次電池の事なんて全く調べず、ひたすら「量子電池が車載電池になったら世界を制する( ・`ω・´)キリッ」とか、もう成功する前提で荒唐無稽な事を本気で考えていました(・・。)ゞ テヘ
その妄想に比べれば、サンバイオエクストリームの妄想はまだ現実的であり、それだけに売る事は出来なかった気持ちはよく分かります。

ちなみに、日本マイクロをほぼ天井で利確出来たのは、結局あれって二次電池展での発表が天井になったイベントドリブンでした。
当時からマネゲ(イベントドリブン)は材料出尽くしで暴落は知っていたので、最初半分ぐらい売って、その後ガンガン下がるので、また買えばいいやと、全部売り切った記憶があります。

結局ちゃんとリスク管理をして退場さえしなければ、マネゲはまたどこかで起きるので、それに乗る事が出来るし、次は天井で利確する事が出来るようになります。

・・・いいえっ!なりませんっ!!

次に塩漬けマンが乗れた大きなマネゲは仮想通貨でした。
ビットコインなんて25万円の時に買って、バブルが弾けた未だに40万円とかですから最初動で買っていますが、買った時はそれでも遅いぐらいで、天井感が凄くて、いつ暴落するのかドキドキしながら買いました。
しかも量子電池の時は苦手で訳の分からない物理や化学だったので全く調べませんでしたが、仮想通貨はITで専門分野だったので、調べまくって、当時は確信を持って「仮想通貨は世界を変革する。金融革命ここにありけり( ・`ω・´)キリッ」って本気で考えていました(・・。)ゞ テヘ
自分で調べてしまって、しかも持ってるだけで増え続ける利益を見てしまうと、「やはり自分は正しかったのだ」と強く確信するだけでなく、もう欲望という魔物の虜となってしまい、天井で利確するどころか、末期にトークンを100種類以上買っていました。

↓バイナンスで買ったトークンはたった9日間で二倍になりました。まさにバブルの末期。
20180109バイナンス

↓バイナンスでトークン買って大成功したので病みつきになり、さらに化けるトークンを探してKuCoinでもトークンを買いあさり、わずか5日で約2倍になっています・・・バブルって怖い・・・
20180109KuCoin2.jpg

↓トークンだけで上記の状況ですから、仮想通貨全部をまとめるととんでもないパフォーマンス
20180109仮想通貨状況

もうこうなると、まともな意見は聞かなかった事にし、熱狂の渦に飲み込まれていきます。
知り合いが2017年末に「リップルの時価総額がアップルを超えた。考えられない。完全にバブルだよ」と言ってくれましたが、塩漬けマンは「は?リップル?リップルは仮想通貨じゃないし、そんなの詐欺師に騙された人が買うトークンレベルのゴミだろ。その他のちゃんとした仮想通貨と一緒にしてもらっては困る( ・`ω・´)キリッ」と聞く耳を持ちませんでした。
何しろ仮想通貨を買うだけでは飽き足らず、BitZenyという国産仮想通貨を自分でマイニングまでしていましたから。

結果、バブルが弾けて暴落しても売る事が出来ず、コインチェック事件を大被弾したのに、むしろ、「ゴックス(仮想通貨取引所の不手際で仮想通貨を失ったり売買出来なくなる事)を経験してこそ、真のビットコイナー。ついに塩漬けマンも一人前になれたか・・・」とすら思っていました。

結果、ビットコインが暴落して50万円ぐらいの時に半分売り、残り半分はまだ持ってて放置しています。
※トークン等は全処分

日本マイクロはちゃんと天井の方で売れたのに仮想通貨はダメだった違いは、勉強したかどうかです。
勉強すればする程それに執着し妄想し売れなくなります
勉強する事により、「適正価格より高いな。これは大したことないな」なんて真実に辿り着ける人はいません!
テクニカルやファンダで投資する人が、売りサインや悪ファンダを無視して、買いサインや好ファンダばかり見つけて、結局買う理由を探しているだけの偽テクニカル・偽ファンダをしているように・・・

投機は勉強したら負けっ!

このように投機で勝てるかどうかは大部分性格に依存し、性格を治すのは困難な事から、同じ失敗は繰り返されます
なので、サンバイオやエクストリームを今回失敗(上でのイン、大金投入、イベント持越等)をした人はまた同じ失敗を繰り返すので注意してください。
サンバイオの治験失敗IRは不意打ちでエクストリームは決算日が分かっていたのだから、サンバイオを喰らったのは仕方なくてエクストリームは避けれたという考えはリスク管理が甘いと思います。
投機は常に最悪のパターンを想定しないといけません。
サンバイオの治験結果がそろそろ出るというのは確か予告されてたと思いますし、エクストリームも決算日前に上方修正が出てたら不意のIRでアウトだったわけですから、今年に入ってエクストリームをデイならいいけど持ち越すという選択肢はなかったはずです。

同じ理由で塩漬けマンは絶対にラクオリア創薬はデイ以外では買いません。
プラシドンの三相が今年前半に終了予定なので、不意の失敗IRを喰らうリスクを排除するためです。
ホールドするなら、二回連続ストップ安に耐えれる位置で買っており尚且つ総資産の5%以内の投入金額が条件となります。

リスク管理とは上記のような予想される悪イベントを回避するだけでないです。
仮想通貨で塩漬けマンはむしろ利確で終れています。
なぜか?

上の図を見てもらったら分かる通り、仮想通貨に投じた総額はたった120万円ぐらいです。
※トークンを100万円分ぐらい買ったのは、追加入金でなくて、ビットコインで買っているので、ビットコインの含み益をトークンに変換したイメージ
塩漬けマンの資産額からしたら約3%ぐらい。
一つの銘柄に投入する資金は多くても5%以内というマイルールを守っています。
※値動きの小さい個別銘柄は除く

This is The リスク管理

くどいですが投資でも投機でも一番大事なのはリスク管理です。
リスク管理に比べたら、ファンダやテクニカルは無視していいレベルです。
だって市場は大部分効率的(全てを織り込んでいる)なのですから。
その中で市場の効率性を大きく逸脱する材料(投機)・業績(投資)銘柄が現れたらリスク管理を無視して初動大金イン・・・これを狙わなければ資金は短期で大きく増えないのが悩ましい所です。
ただし、資金面のリスクを無視しているがために、初動でのインが絶対必要条件となります。

結局いつも話がリスク管理になっちゃうんですけど、結局今日は何が言いたかったかと言うと、過去の成功体験は全部忘れて、日々新しい自分に生まれ変わって、毎日違う(材料・市況・参加者等々全部)一期一会の相場に立ち向かっていこうって事でした。

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
2019-02-16 11:54 | カテゴリ:雑談
こないだ、映画のコードギアス 復活のルルーシュ を見てきました。
あんまり書くとネタバレしたらいけないので、いつものコードギアスが帰ってきたとだけ言っておきましょう。
↓でもこれPVでルルーシュ生きてたってもろバレですね・・・コードギアスが終わった後にその生死が世界中で大論争になったのに・・・


先行して上映された、劇場版総集編三部作の一部だけ見て、本当にテレビアニメの総集編でしかなかったので、「過去の栄光で金儲けしようとする駄作か」って思ってたし、ちゃんと続編やるならテレビアニメでやって欲しと思ってて侮っていたので、思いのほかちゃんとコードギアスしてていい驚きでした。

コードギアスのテレビアニメを見ている人は見た方がいいし、テレビアニメを見ていない人はテレビアニメから見た方がいいです。
見て後悔しない最高のアニメを挙げろと言われたら多くの人がこのアニメを選ぶでしょう。

んで、ついでに劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」 Ⅱ.lost butterflyを見てきました。


これはFate/stay niteの桜ルートの劇場版三部作の二回目です。
一部を見た感想は、完全にFateを知っている人用に説明とかの話をすっ飛ばしてて大丈夫かなって思ってたら、二部はなかなか面白かったです。
こんなにしっかりしてるならテレビアニメでやればいいのにって思ったのですが、今回の映画って12禁になってて、実際内容は18禁でもいいようなエロシーンがあって、成程、テレビではやれないなって感じでした。

背景とか、「え?写真??」って感じで手書きだとしたらもはやアートの世界だし、セイバーオルタとバーサーカーの戦闘シーンとか、神作画絶対に映画の大スクリーンで見て欲しい感動レベルでした。
第三部は春公開ですが、絶対に映画館に見に行きます。

この調子だと、幻となっているイリヤスフィールルートもテレビアニメでやって欲しいです。
ちなみに、スピンオフですが、ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-は夏アニメに登場です。
主人公はFate/Zeroでライダーのマスターになったウェイバー・ベルベットが大人になった後日談で事件を解決する推理小説系となっています。
ただ、原作者が、TypeMoonの奈須きのこ・武内崇コンビじゃなくて、レンタルマギカとか書いてたライトノベル作家の三田誠ですので、本当にスピンオフで、Fateとは別物と思った方がいいです。年末特番で1話だけやっていました。


他にも、幼女戦記の劇場版や


PSYCHO-PASSの劇場版とかも今やってるようですが、さすがにここまでの複数映画館の梯子は厳しいので行きませんでした。

え?あのダメっ子霜月さんが今回主役なの?

最近ってアニメは何でも劇場版になる流れになっています。
PSYCHO-PASSは覇権アニメだったし、幼女戦記とかは普通に面白かったしそれなりに流行ったから分かるけど、はいふりとか、「え?これも?」っていうアニメも軒並み映画になっています。
それも分かります。
テレビアニメなんて放送した10分後には違法動画サイトに上がってるし、30分後には英語・中国語・スペイン語・ポルトガル語・フランス語と各国言語字幕付きで各国の違法動画サイトに上がっています。
つまりアニメは儲からないので、映画なら円盤が発売されるまで時間差があるので、ファンは映画館に行くだろうから、確実に映画+円盤で利益になるのでしょう。

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
2019-02-15 16:19 | カテゴリ:所見日記
■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。またコメントは荒らし対策のためツイッターを利用しています。■

●材料●

↓寄り前

アクセルマーク
アクセルマークとMomo、業務提携契約を締結
→無風でソシャゲ銘柄決算暴落は買いの法則も発動せず-6%

エムアップ
連結子会社の異動を伴う資本業務提携に関するお知らせ
→GUから速攻ストップ高張り付き ※好決算も

↓寄り後

アイサン
国内全域の自動運転サービス実証向けインシュアテックソリューション「Level IV Discovery」の共同開発に向けた業務提携のお知らせ
→-4%から+10%程度急騰するもマイ転引け

ZMP関連
12:30 毎年やってるような採用サイトマネゲ
FVC 一時+15%程度上げるも+3%引け
アートスパーク 一時+5%上げるも+3%引け

●●●●

昨晩、政府機関閉鎖で延期されていたアメリカ経済指標の小売売上高が発表されました。
アメリカ・小売売上高 前回0.2 予想0.1% 結果-1.2%
アメリカ・小売売上高(コア) 前回0.2 予想0.0% 結果-1.8%
20190215小売売上高
楽観的なアナリスト予想を大幅に下回り、尚且つ、直近では群を抜いて悪い数字で、悪サプライズ。
いつもは「指標は全も」の格言通り、為替も先物も動いてもすぐ戻るのですが、さすがに悪すぎで、ダウ先物は高値から-300ドルとか下げる展開。
ドル円も全もどころか、延々掘り続ける展開。

ところが、アメリカ市場が開くと、呆れる程強い・・・ナスダックはそうそうにプラ転し、ダウも一時プラ転する強さ。
そして明け方に発表されたエヌビディアの決算は悪決算織り込み済みで、ブラッククリスマスからかなりリバっていたにも関わらずさらに上げるという・・・
エヌビディア、11~1月純利益49%減 懸念ほど悪化せず株価急騰

こういうのを見てると、アメリカ市場って悪材料を全部織り込んでリバってるんだなって思いました。
なので、追加の悪材料が出ない限り強いリバウンドが続くのかなって・・・思ったので、逆にショートの握力を強くしてみました。
みんながそう思ったら総楽観になって即ち天井ですので。

尚、そんな強いアメリカ市場を横目に世界最弱日本市場
日経 -239円(-1.13%)
マザーズ -10(-1.23%)

と軟調で、新興は直近上がっていた銘柄を中心に暴落していたので雰囲気は悪かったです。
↓こういうのを見てるといかに利確が大事か思い知らされます。
UUUM -12% ※一時ストップ安
ラクスル -9%
サン電子 -8% ※好決算後絶好調だった
トレンダーズ -15% ※TikTok関連として賑わったのに
大塚家具 -15% ※9:25に決算と増資で一時ストップ安

スルガ銀行 ストップ高 ※決算通過で?
そして、エクストリームが失望決算でストップ安張り付く中、ソシャゲ関連決算暴落は買いの法則は発動せず、むしろ寄り天多数。
Aiming ストップ安
アエリア -13%
オルトプラス -6%
モブキャスト -6%
Klab -4%
カヤック -6%

※決算通過してたエディアやアカツキやgumiも大幅安

今日は材料はあまりいいのが無かったので、決算で注目していた銘柄はエムアップ、メドピア、セレス、エスユーエス、リンク
そして、結局上がるのを掴めない塩漬けマン・・・いや全部上がったのですが、なぜか損切しかしてない塩漬けマン・・・

まずエムアップとセレスは寄りで買わなかったらストップ高張り付きでした・・・はい、ストップ高二つ見逃し。

メドピアは寄りで買ったのですが、下がりまくったので損切して、またインして損切して、こういうのを粘着してももう駄目だと諦めたら、結局寄りから+2.8%で引けてました・・・

次に、リンクとエスユーエスはストップ高まで上がったのに、握力強くしたら下がって、逃げてインして損切を繰り返すいつものパターンで、諦めないのに限って下げ続ける・・・最終的にはリンクだけ意地で買って持ち越しました。

エスユーエスは人材派遣とコンサルのよくあるIT企業で普段ならスルーなのですが、ここって自社開発のAIを収益化しているので面白いと思ったのです。
2018年 AIマッチングソリューション「SUZAKU」リリース 組織心理学×AIが人事部門の課題を可視化 根拠ある人材の採用・育成を支援します
低時価総額でAI・RPAやってる会社で尚且つ、業績のついてきている銘柄は持っておきたいのです。

なので、AI・RPAの早期立ち上がりにより業績が良かった日本サードは再び拾っておきました。

リンクは直近IPOで業績の良かったIT系(特にクラウド・SaaS企業)は化けるので、リンクはクラウドではない(SaaSは定義によっては当てはまるかも)ですが、面白い業務内容なので、粘着しました。
自動発注・在庫管理ソフトを展開していて、クラウドでない理由は、誰でもどこの会社でもお手軽簡単にっていうよくあるクラウドSaaS的なソフトではなくて、普通に高度な在庫・発注管理をしてユーザインタフェースに拘ったアプリケーションソフトだからだと思います。
なので、かなり高価となり、導入企業は一定レベルの財務力と規模の会社となります。
こうなるとお手軽簡単なクラウドSaaSソフトよりもパイが狭いですが、代わりに導入コンサルでも稼ぐ事が出来ますし、一件の案件の単価が高いです。
また、パイの狭さは食品スーパー等小売業に限らず、全ての流通業をターゲットにする事でカバーされています。
20190215リンクパイ


問題はクラウドSaaS的なソフトはライセンス料という形でストック型になるのに対して、リンクのようなパッケージ販売ソフトは売切になるのですが、リンクのsnopsは保守料として15%(かなりお高いと思います)を徴収しているのと、おそらく初期投資が出来ない小規模企業用にレンタルというライセンス販売もしており、この二つがストック型となっており、その比率は45%にも達しています。
20190215リンク比率

クラウドでSaaSのようなライセンス販売ソフトは、市場のパイをどれだけ奪えるかが勝負で、そのため、簡単お手軽ソフトとして基本無料で提供し広告料も掛けるので、最初は赤字が常態となります。
リンクはパッケージ販売(導入コンサルでも稼げる)と保守とライセンス販売(レンタル)を上手く組み合わせているので、黒字のまま、ストック型を積み上げる事が出来ます。
ま、オロのZAC(販売管理ソフト)と同じ感じです。あそこも、ライセンス販売でストック型ですが、会計が絡む高度なソフトなのでコンサルによる導入支援でも稼いでいます。

●イベント● 赤:米中 青:日米 オレンジ:米その他 紫:欧州懸念
2月第3週 米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表はムニューシン財務長官とともに北京を訪れて話し合いを続ける予定
→これ次第で米中首脳会談。今の所開催予定はない。60日期限延長の検討

2月27日~28日 米朝首脳会談
2月末まで 米中貿易協議で以下の合意なければ2000億ドル分の製品の関税率の10%から25%に引き上げ(G20で決定)→期限延期?
(1)米企業への技術移転の強要
(2)知的財産権の保護
(3)非関税障壁
(4)サイバー攻撃
(5)サービスと農業の市場開放

2月以降(延期) 日米物品貿易協定(TAG)開始
2月15日 アメリカ政府機関再開のための暫定予算期限(→再び政府機関停止)
2月15日 23:15 アメリカ・鉱工業生産指数
2月16日 00:00 アメリカ・ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)
2月18日 08:50 日本・機械受注(前月比/前年比)
2月20日 【アンジェス】コラテジェンの審査?
3月6日 カナダ裁判所、ファーウェイ幹部のアメリカ引き渡しの審理開始
3月14日 【デサント】伊藤忠敵対的買収期限(2800円)
3月16日 【フィンテック】「ムーミンバレーパーク」開業。※11/9に「メッツァビレッジ」は開業済
3月20日 FOMC ※FRB議長の記者会見予定
3月29日 英国が欧州連合(EU)を離脱(ブレグジット)
3月下旬 IR政令案閣議決定
3月下旬 【サンバイオ】2019年1月期決算の説明会までに外傷性脳損傷以外の見直した 2020 年1月期以降の開発及び事業計画についてお知らせする予定
春 【イグニス】男性VRアイドルのプロジェクト
4月 【ユークス】会えるARイケメン「ARP」TOKYO MXで放送開始
4月1日 新元号閣議決定して事前公表
4月10日 「5G」の実用化に向けて大手携帯事業者に第1弾の電波を割り当てる方針
5月1日 新元号施行
6月26日まで 通常国会
・ゴルフ場利用税廃止
・統計不正問題
・消費増税に伴う教育・保育の無償化
・外国人労働者の受け入れ環境整備
・日ロ北方領土交渉
7月 参議院選挙
夏 第4次産業革命(AI/ロボット/キャッシュレス化)と雇用(65歳以上雇用継続や中途拡大)、地方(地銀経営統合)のテーマで成長戦略の3年間の工程表を含む実行計画を閣議決定
詳細「成長戦略の方向性(案)」
2019年前半 【ラクオリア】ジプラシドン(統合失調症:市場規模(日本)約1,600億円)の三相終了予定
2019年10月 【保育関連】幼児教育・保育の無償化
2019年2月~2020年1月 【サンバイオ】外傷性脳損傷を対象とした細胞治療薬「SB623」の国内承認申請を目指す
2020年半ば 国内三か所のIR開業を目指す(申請予定:大阪、和歌山、長崎)

●ホールド中銘柄含み損益●
20190215保有株

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)