2018-02-28 16:56 | カテゴリ:所見日記
■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。またコメントは荒らし対策のためツイッターを利用しています。■

●材料●

↓寄り前

イグニス
子会社における自社開発大型プロジェクトに関するお知らせ
パルス株式会社とUnleash Entertainment社の包括的業務提携に関する基本合意について
Virtual Live Platform「INSPIX」に関するお知らせ
→寄らずストップ高

DDS ※今季黒字予想もあり
米国ノックノックラブズ社との総代理店契約締結のお知らせ
→ストップ高張付

ラクオリア
5-HT2B拮抗薬の英国における第I相臨床試験終了のお知らせ
→+4%

ヤフー
<東証>ヤフーが大幅安 米アルタバによる株売却方針を懸念
→-7%

↓寄り後

ヤマウ ※麻生とトクヤマに80万株第三者割当増資
14:50 株式会社ヤマウ S100CHGQ:有価証券届出書(組込方式)
→速攻特買でストップ高張り付き

●●●●

昨晩パウエルさんが議会証言を行って、最初はヨコヨコだったので、市場は受け入れたと思って朝起きたら目が点・・・
ダウ -299ドル
恐怖指数 +17%
10年金利 2.9%

ドル円107円中ごろだけが救いの地獄・・・

パウエル・・・奴はの皮を被っただったか・・・てかイエレンで良かったのにっ!
利上げ4回が意識されたようです。
FRB新議長「さらなる利上げ最善」 議会証言
米国株、ダウ反落し299ドル安 FRB議長証言受けた金利上昇を嫌気

しかも始まったら、寄り底で強い展開も・・・日銀オペ減額が伝わると、ガンガン下げる展開・・・
日銀オペの金額は日銀政策に関係ないって黒ちゃんが言ってただろっ!!( ゚Д゚)ドルァ!!

しかし少しリバして昼休み・・・日経先物急落!!約120円ぐらい下げて始まる、「え?まじっすか?」って展開で、寄ってからも下げまくるも、リバウンドしたら今度は黒ちゃんが「2%達成され正常化する過程でもかなり緩やかに正常化進める」と言って、【正常化】=【出口戦略】が意識されて急落・・・

正常化とか言ったらだめ!日本経済は麻薬(金融緩和)漬けでラリった異常状態でみんなラリって気分良くなって、不都合な真実を見ないようにしてるんだから、不都合な真実に触れるのはタブーでお願いしますっ!

ところがどっこいマザーズが強い!
昨日調整していたせいか、日経が-321円の中、なんと+0.74%
持株も総じて強かったです。

朝は狼狽売りを避けつつ、以下二つを拾いました。
日本航空電子・・・好決算だが多分iPhopne減産が嫌気で調整してた
三井金属鉱業・・・決算悪くないのに下げ止まらず。PER11倍まで押してた
共に大型なのに、日経下げまくってる中、強かったです。

もうそろそろ全固体電池が夢の材料でなく、実現出来る段階になっており、小型マネゲ銘柄から業務的本命銘柄に移る時期です。
そうなると、
村田製作所
パナソニック
日立造船
日本特殊陶業
住友金属鉱山
三井金属鉱業
古河電池

等から選ぶことになりますが、ちゃんと頑張ってて、本業の業績が良くて、割安で成長でって言ったら、買えるのは今は三井金属かなと。
EV向け次世代電池、全ての主要部材の供給目指す-三井金属鉱業
村田とかパナは他の事業とか割高が気になるし、日立造船は実は一番欲しいけど、本業の業績が悪すぎるし、日本特殊陶業は結局EV流行ったら今の主力製品が売れなくなるので全固体頑張っても±どうなの?って感じだし、住友金属は割高で買いにくい位置かなと。
古河電池は普通にいいと思います。

後は今日もRSTECHを買い逃して、上がりまくってて、我慢できずに、代わりでフェローテックを拾いました。
後はPKSHAサインポストが結構リバってました・・・朝が絶好の押し目チャンスでしたが逃しました・・・

最近投機があんまり出来てなくて、復活株・割安株・成長株を仕込んでガチホの投資系になってて、非常にまずいと思っています。
決算後も上がり続ける銘柄は決算と翌日の市場の反応を見れば、大体分かるようになったので(平山とか大当たりでした。まさかのストップ高)、それはいいのですが、所詮含み益は幻ですから、全く儲けていないのと同義です。
こんな利益はまた~~ショックが起きたらあっという間に吹っ飛んでしまいます。

上記をやりつつ、日々マネゲで超効率的(短期)に利益を積み重ねていかなければいけません。

例えばイグニスですが、昨日材料を出すのは分かっていました。
でも買わなかったのは、どうせ株式会社岩本町芸能社とか、227関連のしょぼい材料だと思っていたからです。

前も書きましたが、こないだの暴落のせいでマネゲ銘柄の位置が低いのです。
材料出尽くしでも、それほど下がらないのです。
つまり、マネゲ銘柄の材料出尽くしリスクよりリターンが大きい状態です。
勇気を持って勝負すべきでした。

そして、秋元関連が連れ高するだろうという所までは読めたのですが、そもそも秋元さん系が事業に関与して、業績が上がった銘柄が皆無という現実から、阿保らしいと思って買わなかったら、当然のように旧秋元関連が上がっていました。
ビーマップ +11% 思惑がまだある材料があるので一番上がった
enish +4% 欅のキセキ
ブランジスタ +3% 神の手
エムアップ +2% 秋元さんが特別顧問のEMTGと資本業務提携
こういうのを投機家は「阿保らしい」ではなく、「上がらるんだから買え、どうせデイなんだし」って考えないといけません。

5Gとか二日目なのでGUし過ぎだったり寄り天で難しいじゃないですか。
QRコード決済も二日目でビリングがGU寄り天の上、メディアシークは乱高下で結局朝弱かったフライトが正解とか難易度高いです。

勇気さえあれば取れるマネゲ(新鮮な材料初日、上がるのが読みやすい材料・銘柄)をしっかりデイで取っていきたいです。

ちなみにIPOのJTECは寄りませんでした・・・
中型で初日寄らないと、もう厳しいです・・・

さて、気が付けば2月も終わりです。
2月は最天井で日経ショート、ファナック・日本海洋掘削等ショートをしていたのに、肝心の暴落前にアウトするという失態。
しかもダウ大暴落直前にも、日経オプションプットとダウCFDショートを注文を出す所まで行っていたのに、「まぁどうせ上がるだろうからまた明日」って思って約定しなかったら、大暴落しました。
上記全部取れてたらショートで400万は抜けていました。

そして一回目の大暴落はノーポジ回避をしたにも関わらず、二回目の大暴落前日に大きくロングポジションを取って大被弾しました。
※特に大量に買った日経レバロングが致命的。これがなければまだ軽傷でした。朝一損切額は精神的に来るので敢えて見ないようにしましたし、未だに確認していないです。
大暴落を回避しても利益って出ないじゃないですか・・・ショートを持ってないと意味ないのです。
ですので、ノーポジの場合、リバ取で利益を出すために買いたい衝動が大きく、それを抑えられなかったのが失敗に繋がりました
大体、大暴落は3回起きますもんね・・・ただ、今回は2回で、その後、3回目を待たずに素早くロングポジションを取って不可能と思われた挽回をしたのが良かったです。

波乱の2月お疲れ様でした。3月も頑張りましょう!

↓日本最大手の取引所。ここ経由で提携サイトで買い物したらビットコインが貰えちゃう。口座開設はコチラからどうぞ
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

↓トークン等取り扱い商品の種類が豊富でスプレッドが低めの取引所。


↓中国大手「OKCoin」出身のChangPeng Zhao氏が設立した、多数のアルトコインを取り扱い、短時間で大手取引所に成長した香港取引所。口座開設はこちらからどうぞ


●ホールド中銘柄含み損益●
20180228保有株

↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)






↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1
トラックバックURL
→http://shiodukeman.jp/tb.php/1898-10446469