2015-02-08 13:51 | カテゴリ:所見日記
2月10日にケネディクス商業リート投資法人が上場します。

さて、日銀の金融緩和でのリート購入もあり、去年まで絶好調だったリートもさすがに調整しています。
しかし直近では少し持ち直しました。

↓東証リート指数
20150208.jpg

さて、今一度、日銀のリート購入基準を確認しておきましょう。

1.不動産投資信託(REIT)で、AA格相当以上であり、信用力その他に問題のないもの。
2.REITは、取引所で売買の成立した日数が年間200日以上あり、かつ年間の売買の累計額が200億円以上のもの


という事は、新規上場したリートは1の要件を満たしていても、2の要件により、購入対象とはならないということでしょうか。

さて、肝心のケネディクス商業リート投資法人の情報です。

【格付】株式会社日本格付研究所(JCR)よりAの長期発行体格付

尚、格付けの種類はこんな感じ
AAA 債務履行の確実性が最も高い。
AA 債務履行の確実性は非常に高い。
A 債務履行の確実性は高い。
BBB 債務履行の確実性は認められるが、上位等級に比べて、将来債務履行の確実性が低下する可能性がある。
・・・以下Dまで続く


【利回り】平均鑑定NOI利回り5.5% ※IPOサイトによると4.5%前後になりそうとの事
【平均稼働率】98.6%
【旗艦物件】
フルルガーデン八千代
MONA新浦安
【公募価格】230,000円
【吸収金額】598億円

・・・千葉県好きですね。

仮条件上げられたのですよね。
セカンダリはおろか、公募当選組も高い位置なのかなと・・・でも配当利回りは優秀な方ですよね。
公募割れたら買おうかにゃ

↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→https://shiodukeman.jp/tb.php/808-242fec56