2023-08-26 08:20 | カテゴリ:雑談
『推しの子』のアニメが面白過ぎたので、我慢できずに原作漫画を見ちゃいました。
『推しの子』を知らない人のために説明すると直近世界で一番流行ったアニメで主題歌を歌ったYOASOBIの『アイドル』は全世界1位を取りました。



これ、原作の赤坂アカ先生は『かぐや様は告らせたい』の作者でそっちがかなり有名で注目されてたのですが凄い事を見落としてました。
作画の横槍メンゴ先生は『クズの本懐』の作者でした!

『クズの本懐』は塩漬けマンはアニメで知ったのですが、相当面白くて衝撃でした。
学校で超人気の美人女教師がスーパービッチだったけど真実の愛に目覚めていく話。
え?違う?それは恋敵で主人公じゃない?
いや主人公よりスーパービッチの女教師に釘付けでした。
女子高生主人公の恋愛漫画なので少女漫画原作だと思ってたのですが普通に少年漫画だったんですね。
まぁ塩漬けマン、中身が面白ければ少女漫画でも少年漫画でもどっちでもいい派なんですけど。

んで、『推しの子』の原作漫画を見るにあたって、覚悟してたのは「アニメより面白くないのは覚悟しなければいけない」という事。
アニメは後出しじゃんけんですから、原作で手探りで苦労して作って人気が出た後で出来上がった作品を元に脚本・演出・作画がされるので原作より面白くて当たり前だからです。
逆に原作より面白くないアニメがあったら、制作会社は相当反省しないといけません。
正直、『進撃の巨人』も原作よりアニメの方が10倍面白かったですから。

案の定、アニメは4巻まで描かれてたので5巻から見たのですが、作画はアニメの方がかなり上でした。
ただし、最初は気になった作画も巻が進むごとに先生の成長か、人気が出てアシスタントを沢山雇えたのか、質がかなり上がって気にならなくなりました。

原作は今佳境に入っており、今までの登場人物総出演で映画を作って真犯人に復讐するという壮大なエピソードに向かって最高潮に盛り上がっているところです。
多分原作は15巻~20巻ぐらいで終わりそうです。
漫画はそのぐらいで終わるのがベストです。どんだけ面白くても20巻以上になると読むのが苦痛になります。
面白い漫画って人気が出たら無駄に引き延ばして延々続くのありますが、あのタイプが苦手です。
だから少年誌のバトル漫画は絶対そうなるので、基本見ないのです。
『推しの子』は最初から最終話までの構成が練られており、ちゃんと一番盛り上がる最終話に向けてストーリーが展開していっています。

実際、『推しの子』にこんなセリフがありました。
「漫画編集者の仕事は二つ、ヒット作品を生む事と、ヒット作品を継続する事」
いや、漫画は一番面白い最高潮でフィナーレを迎えて欲しいと塩漬けマンは考えています。
延々続いてもいいのは『ゴルゴ30』や『こち亀』や『鉄拳チンミ』や『カイジ』や『はじめの一歩』等、ごく一部の例外だけです。
頑張って引き延ばして、つまらなくなって打ち切りを迎えるよりも、最高潮で惜しまれながら終わる方がよいと思います。

『推しの子』はそうなりそうです!これは原作漫画の『映画編』が楽しみです♪

※てか、『カイジ』って今24億円持って日本中を逃亡してる話になってるんですけど、もうギャンブルやらないのかな・・・いや、逃亡編で引き延ばしてる間に凄いギャンブルのネタを考えているはず・・・はず・・・だよね福本先生!・・・でもなぜか福本先生はゴルフ漫画の新連載を開始しちゃいましたが・・・

↓登場人物のあだ名が重曹ちゃんなので、なんと重曹のキャラクターに採用されました


↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓まとめサイト(情報整理・速報等何でも)
情報の塩漬け部屋ロゴ4

↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
トラックバックURL
→https://shiodukeman.jp/tb.php/3890-2874aa2a