2022-02-25 16:22 | カテゴリ:所見日記
●材料●

↓寄り前

FRONTEO
FRONTEO、内部不正調査・監査ソリューション「Lit i View XAMINER」の台湾企業での実証実験を開始
→+16%

7066 ピアズ 時価総額:15.13億円
8:40 「RemoteworkBOX」(リモートワークボックス) 公衆個室ブース稼働台数シェアNo.1を獲得
→一時ストップ高張付き

サイバーセキュリティ関連
ロシアサイバー攻撃に備えて賑わってるけど省略で

↓寄り後

4582 シンバイオ 時価総額:267.4億円
10:40 後発医薬品の製造販売承認に対する当社対応について
→+8%から+14%高値引け

3189 ANAP 時価総額:14.67億円
11:30 ANAP、NFTファッションアイテムの第一段完売およびセカンドセール開催のお知らせ。
→一時+17%も+6%

カイノス ※関係強化でシスメックスへ
12:30 第三者割当による自己株式の処分に関するお知らせ
→ストップ高で寄って+8%引け

塩野義製薬
12:34 塩野義製薬、コロナ飲み薬の承認申請 国内企業初
→急騰から出尽くし急落からリバウンドの乱高下も+1.7%引け

●●●●

生き残った!!!
コロナショックに続いて・・・岸田禍+コロナバブル崩壊+ウクライナ危機のトリプルショックをまたしても生き残った!!!

このマザーズのチャート見てくれ。
20220225マザーズ週足
1600億年に1度の暴落の直後にさらにダウが史上最大2997ドル下げたあのコロナショック(-38%)を超える下落率、なんとマザーズ-43%の宇宙最弱市場で、ほぼほぼ上から下まで喰らって、生き残った!!!

暴落の雰囲気ではコロナショックの方がヤバかったです。
しかし、心理的なプレッシャーでは今回の方がヤバかったです。
なぜなら、コロナショックは暴落の初動ではロング0でショートすらしており、暴落をノーポジで全回避していたのに比べ、今回はショート0でロングばかりで、ほぼほぼ上から下まで喰らっており、損失がハンパなかったからです。

どのぐらい心理的にヤバかったかと言うと、食べた物全部吐く状態になって、この症状自体は数か月に一回なるのですが、大体半日で治るのに三日間続いて、その間流動食(ウィダーインゼリー等)しか食べれなくなりました。
しかも夜中でも目が覚めて延々30分ぐらい「おえおえ」って、吐く物がないのにまるで悪霊でも絞り出すかのように、胃液や唾液を吐き続けるんですよ。
嗚咽って筋肉使うのか、それで腹の方が筋肉痛になってトイレで排泄のために力を入れる事も出来ない状況に。
んで、隙あらば「おえおえ」で胃液と唾液を吐き続ける苦痛。
それでもフルポジで乗り切ったのは、この激リバを取り逃すと一生後悔するし、取り返しのつかない利益を逃す事が分かっていたから!

まず昨晩のアメリカ市場がこれ。
NY株、一時800ドル安も終値プラスに ウクライナ侵攻で
20220225アメリカ時間後、日本時間前7時市況
ダウ、ギリギリプラ転に見えるけど、底値から約1000ドル上げる激リバ!
ナスダックは底値から861ポイントも上げてなんと+3%!
ハイテク株中心のリバウンドという事は勿論日本市場も・・・

「近くの戦争は売り、遠くの戦争は買い」
「戦争が始まったら買い」

を地で行く何回も繰り返された誰もが知ってる奴!!

本当はこれが昨日の日本時間に日本市場で起きるはずが、岸田禍で大幅安の上に安値引けという宇宙最弱日本市場の代わりにアメリカ市場がやってくれました。
てか、アメリカ人投資家多分こう言ってますよ
「糞ジャップがちゃんとリバってたらアメリカ市場こんなにGDスタートしなかったのに・・・マジで世界の癌!FUCK!KISHIDA!!」

流石にこのアメリカ市場を受けて、宇宙最弱日本市場もようやく重い腰を上げました。
20220225日本市場
■業種別■
海運 +4.5%
電気機器 +3.1%
空運 +2.5%
機械 +2.4%

石油石炭 -1.6%
電気ガス -2.1%
銀行 -2.2%
保険 -3.4%
鉱業 -5.8%

アメリカ同様、バリューが売られてグロースが買われる展開でついにグロース反撃の狼煙が上がった感じ。
勿論防衛や金・石油関連は暴落するも、アサカ等のパラジウム関連は続伸。

マザーズ+7.5%は、昨年コロナショックのリバウンドで記録した8.07%に次ぐ二番目の記録
そりゃそうなるよ。世界で一番下げたんだから、世界で一番上げて当たり前。

そして既にフルポジの塩漬けマンは悠々と上げ続ける保有株をニヤケながら眺めるのみ・・・な訳ねーだろっ (#゚Д゚)ゴルァ!!

コロナショックに続く人生最大のチャンスに勝負しないアホがいるかっ!!
昨日「塩漬けマンはリスク管理をするのみです。」と書いたな?
あれは嘘だっ!!( ・`ω・´)キリッ

ノーレバレッジというマイルールを破り、ついにレバレッジという禁断の果実に手を付けるべく、朝一から大幅GUを恐れずに買いたい銘柄を修羅のように買い漁っていきました。
そして1.5倍のレバレッジのポジションを組みましたっ!
20220225保有株
※先物は別腹で別に含み益+29万
※昨日ショックであまり確認してないけど多分-250万で今日+200万という事は1日で+450万という事

これをしたのは勿論理由があります。
・コロナショック後の金融緩和と違い、金融引き締め下ではバブルは来ないので十分稼ぐにはレバレッジしかなかった
・コロナショックのリバウンドは取ったけどバブルは取り逃すどころか売り向かって爆損したのでその分も儲けたい
・上記のように今回出来るだけ稼ぐのに拘るのは、多分次は中国が台湾をやるので、そうなると「近くの戦争は売り」でロング0ショートでしか稼げない今以上の地獄が来る
ショートの利益はロングの利益に遠く及ばないので、ロングで抜ける最後のチャンスにリスクを冒しても特大リターンを狙う!

プーチンが「何らかの形で制裁への備えはできている」と、あらかじめ制裁される準備をしていたように、恐らく中国が今進めている【共同富裕】と言う名の資産国有化・中央集権化は来たるべき台湾侵攻による経済制裁のダメージを軽減するためかな?って思います。

少し前に「今のPFで億り人を目指す」と書いたように、それを目指すには金融引き締め&コロナバブル崩壊の上に岸田禍という市況ではレバレッジに頼るのが近道という判断です。
勿論、それは一歩間違えば近道をしているつもりが道に迷って死んでしまう可能性もあるので、賢明なる投資家の皆さんは決して真似をしないように。

さて、勿論まだ油断は出来ません。
ウクライナ危機の大部分を市場は織り込んでいると思いますが、予想外の悪材料が出たら月曜日ノーポジになる覚悟を持って土日推移を見守りたいです。
ただ、月曜日リバったら流石に勝ち確かなって思うので握力強く行きたいです。

勿論3月FOMCも大部分市場は織り込んでいると思うけど超重要イベントで要注意です。

まだ胃が本調子じゃないけど、今日は禁酒解禁日なので、早くもビールで乾杯です(ノ∀≦*)ノ

●イベント● 赤:米関係
1月下旬~2月中旬 【イメージワン】「多核種除去設備等で浄化処理した水からトリチウムを分離する技術」二次評価
2022年3月後半 【ヘリオス】HLCM051 ARDS(急性呼吸窮迫症候群)PMDAとの再生医療等製品申請前相談を実施予定(※実施後申請か?)
2022年2Q(1月~) 【ヘリオス】HLCM051 Stroke(脳梗塞急性期)キーオープン→解析※先駆け審査指定で申請準備中
2月25日 1月個人所得・個人支出(PCE)、PCEデフレーター
2月末 水際対策、2月末まで延長へ…外国人の新規入国は原則停止
3月5日 雇用統計
3月16日 FOMC(アメリカテーパリング終了予定、利上げ0.5%確率50%超)
3月1日16:00~18:00 【THECOO】NFT・メタバースを用いたエンタメ事業戦略発表会 「The Insight 2022 Right here, Right now」開催
3月末 【レナサイエンス】新型コロナウイルス感染症に伴う急性呼吸窮迫症候群(ARDS)治療薬、プラセボ対照後期第Ⅱ相医師主導治験終了予定→6月治験総括報告書完成予定
3月末 【塩野義】国産ワクチン、国内で最終段階の治験開始…3月末までの供給開始目指す
3月31日まで 【アクセルマーク】Ascella Real Time System(コロナ・インフル簡易検査)FDAによるEUA(緊急使用許可)の承認を得たい→生産・検出器パートナー探して2022年内米国での発売したい ※日本では事業パートナーを開拓したい
4月4日 東証新市場区分一斉移行日
4月まで 【デルタフライ】DFP-10917(ピーク時年間売上日米1000億を見込む)アメリカ治験Ⅲ相終了予定
4月28日まで 【和歌山カジノ】県と事業者が共同で「区域整備計画」を作成し国に認定申請
春 【オルトプラス・アクセルマーク】国内初Jリーグオフィシャルライセンスの新作ブロックチェーンサッカーゲームの詳細を発表
春 【三菱ケミカル】田辺三菱が植物由来コロナワクチン 22年春にも国内申請
4月~6月 【バンクオブイノベーション】『メメントモリ』リリース
5月4日 FOMC
6月15日 FOMC
7月 参議院選挙(半数改選)
7月27日 FOMC
7月第二週末二日? ETF分配金売り8000億円(2021年の額)で外部環境も悪いと買い手不在になり個別株は全面安の地獄になる
7月末 決算期から夏枯れで閑散になるのでマネゲ銘柄と不必要な銘柄はポジらない事。リバ取りも厳禁。7月末で地獄なのに8月はさらに地獄でノーポジも考えるかちゃんとショートしてないと死ねる↓去年の教訓
閑散(夏枯れ+決算期)×ショック=暴落 これほぼ毎夏起きるのに回避出来ず・・・ショート外したのが致命的だった→以降ずっと地獄が続くので教訓に8月までのブログを読み返しておく事。途中のまとめ
※8月中旬からのリバウンドを逃すとパフォーマンス的に致命傷になる
→その対応策のまとめ
実際に8月末から9月上旬異常な上昇をした時の教訓
上半期まで 【オンコリス】コロナ治療薬OBP-2011の臨床試験の開始を目指す
夏 新資本主義「夏に実行計画と工程表」(対面が原則の規制や制度を見直し、教育や医療のオンライン化を促す)
8月 【4390アイ・ピー・エス】フィリピン国内海底ケーブルシステムの完成予定
夏まで gumi創業者國光氏のフィナンシェがコインチェックでIEO(企業やプロジェクト等がユーティリティトークンを活用した資金調達)
8月下旬 ジャクソンホール
後半 FOMC、バランスシート縮小開始
10月まで 【デルタフライ】DFP-10917アメリカFDA承認を目指す
10月頃 中国共産党大会
11月8日 アメリカ中間選挙
2022年第一四半期(具体的にいつかは要確認) 【DLE】TikTokのライバルTrillerがSeaChange Internationalと合併、上場へ
2022年前半 【クリングル】HGFタンパク質の治験(ALS:日本)第二相終了予定
2022年後半 【クリングル】HGFタンパク質の治験(脊髄損傷急性期:日本)第三相終了予定
※米国とアジアは提携パートナーによる開発で日本より少し遅れそう
→販売承認されたら2024年10月~2025年9月以降、恒常的な製品売上により黒字化達成を目指す
2022年後半 【クリングル】HGFタンパク質の治験(声帯瘢痕:日本)第三相開始予定
2022年12月 節税売りが始まるので権利付き最終売買日前場までは下げている銘柄は下げ続けるので逆張りをしない事。ただしその中で人気・好ファンダ銘柄は権利付き最終売買日にはリバる
2022年12月 IPOラッシュのIPO換金売り・資金拘束で新興崩壊の可能性。閑散に買いなしで連日マザーズ寄り天安引けの地獄
※2021年の大底はIPOラッシュMAX週の月曜日、火曜日に安値引けせず小リバ、金曜日大量7社上場の2営業日前の水曜日に大きくリバウンド(日経寄り天なのに新興だけ独自に強く高値引け+3.47%)
2022年度 【DWTI・メドレックス】「DW-5LBT」承認、2022年度上市見込み ※DWTIはそれでも赤字予定
2022年 【DWTI】緑内障治療剤 グラナテック®点眼液0.4%承認取得、2023年上市を見込む(DWTI推測)
2022年 【リプロセル】慶応大iPS心筋、移植の承認を目指す(申請中)
2022年 【オンコリス】すい臓がん薬を22年にも治験へ(米国で・OBP-702)
2022年中 【ソレイジア】新規化合物ダリナパルシン(開発コード:SP-02)の当局承認と販売開始を目指す
2022年度 こども庁発足目指す
2022年度内 【多木化学】バカマツタケ事業家を目指す
2022年度 【FDK】積層可能な10Ah水素/空気二次電池フィールド試験開始予定
2023年1月 電子処方箋運用開始目指す
2023年3月まで? 【多木化学】バカマツタケ事業化、令和4年度内の試験販売と商業生産設備の着工を目指す
2023年4月まで 【デルタフライ】DFP-10917アメリカ上市目指す→その後ベネトクラクスとの併用療法の臨床試験を実施予定(併用された場合売上数倍)
2023年度 【FRONTEO】「会話型 認知症診断支援 AI プログラム」の上市を目指す
未定 【レナサイエンス】慢性骨髄性白血病(CML)治療薬治験第三相協議中(複数の製薬会社と導出に関する協議も並行して実施中)
未定 【メドレックス】アルツハイマー治療貼付剤(MRX-7MLL)米国における治験許可申請中(メマンチン経口剤と生物学的同等性が確認出来れば治験2・3相は必要ないとFDA確認済み)※メマンチン経口剤の米市場規模120億円
未定 【北日本紡績】抗菌・抗ウイルス糸のSEK認定取得・提携大学による糸での新型コロナウイルス試験により効果を確認→上市
未定 【カルナバイオ】ギリアド社に導出した創薬プログラムの癌免疫低分子キナーゼは探索中だが、最大472億円のマイルストーンとなっている ※臨床前
未定 【カルナバイオ】大日本住友製薬との共同研究プログラムの精神神経疾患低分子キナーゼは探索中が最大106億円のマイルストーンとなっている ※臨床前
今年度中 【シンバイオ】 抗がん剤トレアキシンSyb L-1702RI液剤 全適応症第三相全被験者の観察期間完了で今年度中に承認申請予定
未定 【シンバイオ】 リゴセルチブSyB L-1101注射剤 再発・難治性 高リスクMDS 国際共同第三相追加解析実施中(※主要評価項目未達成。新規適応症の探索)
未定 【インパクト】CDEL社及びCDGL社に代わり、共にインドのコンビニ事業を推進する現地パートナー企業を募り、既に複数のパートナー候補へアプローチ中
未定 【ステムリム】レダセムチド(HMGB1ペプチド)に関する急性期脳梗塞を対象とした治験第二相終了。塩野義製薬においてグローバル第Ⅲ相臨床試験への移行に向けた準備

●ホールド中銘柄含み損益●
※ロングのみフルポジ(1.5倍レバレッジ)

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓まとめサイト(情報整理・速報等何でも)
情報の塩漬け部屋ロゴ4

↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)閑散期なのでマネゲも起きにくいので、決算セカンダリーを引き続き頑張りたいです。
トラックバックURL
→https://shiodukeman.jp/tb.php/3356-0e5e15c5