2021-12-14 16:29 | カテゴリ:所見日記
●材料●

↓寄り前

6181 タメニー 時価総額:20.48億円
資本業務提携及び第三者割当による新株式発行に関するお知らせ
→+5%

ステムリム
レダセムチド(HMGB1ペプチド)に関する急性期脳梗塞を対象とした第2相試験の結果(主要評価項目を達成)に関するお知らせ
→寄らずストップ高

↓寄り後

セキュアヴェイル
10:00 セキュアヴェイルとキヤノンITソリューションズが提携、FortiGate向けセキュリティ運用支援サービスをリリース
→一時ストップ高も+6%引け

●●●●

今更のオミクロン死者で欧米下がるとは・・・しかし流石に日本はオミクロンのみならずコロナも抑え込んでて、そもそも上げていないので日経先物の反応は限定的も、マザーズ先物は大崩れし、明けた日本市場はマザーズはオミクロン関係なくIPOラッシュで下げているので、独歩安の地獄・・・しかし、1000ptを割って流石にリバりだした時、あの男がやってくれた!!

20211214日本市場
※岸田発言で後場暴落

そう!我らが岸田が市場に止めを刺しに来たのだっ!!
岸田首相、自社株買いガイドラインに言及-制限は「重要ポイント」

日米首脳この違いである・・・

バイデン「(パウエルがタカになったならワシがフォローするしかない!)インフレは今がピークっ!」
市場「お!バイデンがそういうなら株買うか」

(野党の自社株買い制限に関する質問を受けて)
岸田「(自社株買いって何?意味分からんけど新しい資本主義のためにって適当に言っとこ。敵の攻撃を自分の主張の援護に変えるって俺頭いい♪)自社株買いの制限は新しい資本主義を実現する上で重要なポイントである!」
市場「自社株買いを制限?!( ゚д゚)ポカーン この首相大丈夫か?意味分からんからとりあえず株売っとこ」

正確にはこう言ったみたい。
「自社株買いについてはそれぞれの企業判断に基づいて状況に応じて判断していく問題ではありますが、私自身、多様なステークホルダーを重視して持続可能な新しい資本主義を実現していくということから考えました時に、ご指摘の点は大変重要なポイントでもあると認識を致します」
紫の所が全く意味が分からない。誰か説明しておくれ。
自社株買い制限したらステークスホルダーを軽視になるし、「持続可能な新しい資本主義(笑)」に何の関係があるの?
自社株買いする金があったら給料上げろって事?いや、自社株買い制限したからってそのお金を昇給に使う保証ないし、普通使わないだろ。



一言だけ、金融所得増税したいなら株上げろ
これで増税って、例えその時たまたま株が上がってても、投資家全員納得しないぞ・・・足を引っ張る事しかせずに増税だけするって無能の極み。
後IPOの公募価格改革も素人の意見を真に受けてとんでもない改悪をしようとしてるし、まじでこの首相、市場に災厄しかもたらさないんだけど・・・

って事で、地獄のような相場で頼りになるのは好決算出した銘柄。
Hameeを勿論買いました。
もうこれしかないと思って大量購入しました。

スマホアクセサリーの方が売上大きいからそっちで数字を評価されがちですが、勿論そんな事業はどうでもいいし見ていません。
着目したのはサブスクのECサイト一括管理プラットフォーム、ネクストエンジンです。
20211214Hameee.jpg

これ、いいビジネスモデルだなって思って。
自社ECサイト、アマゾン、楽天、ヤフー等、大きな会社は沢山やってたら管理が超大変!
それを統合して一元管理出来るって普通に考えて便利でしょ。

塩漬けマンが社会人になった頃ってJavaが流行ってて当然Javaを習ったのですが、その時eclipseっていうコードエディタ(統合開発環境)を使って衝撃を受けました。
Javaで開発するにはeclipseが必須で、むしろeclipseの方が大事だったのです。
しかもネーミングセンスが抜群。Javaを作ったのはSun Microsystemsでつまり「太陽」。eclipseは「日食」という意味。
要はJavaというプログラム言語を作るという超大変な努力は他社にやらせて、eclipseというエディタを作るだけで日食のようにJavaを隠して、Javaの世界を牛耳るっていう意味。
※Javaもeclipseもフリーソフトなのでどこも金儲けしてませんし、むしろeclipseを作ったIBMは自社で開発した分は赤字でしたけど。今はオープンソースで開発されてるのかな

要は、他人のふんどしで相撲を取るビジネスモデルってすげーなって社会人になったばかりの頃感心したんです。
ネクストエンジンって正にこんな感じですよね。
でもこれだけなら大量には買ってないです。QonQで伸びてないですから。にも関わらず大量に買ったのは、気になって調べてる時に以下が目に入ったからです。
ネクストエンジン追加アプリ
要は他のIT企業もネクストエンジンに便利機能を追加出来て、それを有料にして金儲け出来るって事です。
この仕組み、CMSで世界を制覇してるWordPressと同じじゃん!
勿論、MicrosoftのVisualStdioも追加機能って今は誰でも作れて配布出来ますし、それを簡単に検索して取り込む機能がVisualStdioに用意してあります。それと何が違うのかと言うと、VisualStdioの追加機能は有志の開発者がボランティアで開発した便利機能を無料で使えるのに対して、WordPressは有料にも出来る事でIT企業が金儲け出来る事で積極的に便利追加機能を開発してほっといても勝手に進化する仕組みになっているのです。

↓そのWordPressの仕組みに気づいて感嘆した時のブログ
塩漬けマンのメディアサイト作成についてと、他人を儲けさせるプラットフォームが最強について

上記で最後に、
要は投資家は
他人を儲けさせるプラットフォームが流行る!投資するならそういうサービスを提供している企業を探せ!!
って事

って書いてるじゃないですか。ネクストエンジンを調べてて「あ、見つけた!」って思ってHameeを買った次第です。

Hameeは+15%ぐらいGUしたのに、+20%とほぼ高値引けしてくれました。
結構不人気銘柄のイメージだったので意外で他の投資家がどうして買ったのかは分かりません。
ネクストエンジン単体のQonQは伸びていないのでネクストエンジンが評価されての上昇ではない(スマホアクセサリー事業の方が評価された?)かもしれませんし、スマホアクセサリーの会社としての評価だったのが、ネクストエンジン分が再評価で水準訂正の動きかもしれません。
何しろPER12倍の銘柄が人気の成長分野を本業とは別に持っているというのは印象が良いです。
配当も1.6%なので長期で持とうと思ってる人にはギリギリ満足できるぐらいは出してるし、貸借が良くて逆日歩も付いてますしね。

今損切しながらアライドアーキを粘着してるのも、海外子会社のCreaditsがやってるCraftが企業と広告クリエイターを繋ぐプラットフォームで、クリエイターを儲けさせるビジネスモデルなので「他人を儲けさせるプラットフォーム」に該当するからです。

注意しないといけないのは、「他人を儲けさせるプラットフォーム」でもピクスタみたいに、流行ってて有名でも会社に数字で表れないサービスもあるので、Hameeにしろアライドアーキにしろ数字が付いてこないならさっさと見切りたいです。

●イベント● 赤:米関係
12月14日 22:30 卸売物価指数(PPI)
12月15日 22:30 ニューヨーク連銀製造業景気指数 12月・ 小売売上高
12月16日 04:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表
12月16日 04:30 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見
12月15日 アメリカ予算ギリギリ
12月29日前後 外国人入国禁止の当面の期限(暫定)
2021年内 【ユーグレナ】バイオジェット燃料供給を実現
2021年 【リプロセル】慶応大iPS心筋、移植の治験開始を目指す(申請中)
※阪大は3年の計画で治験実施中
2021年 【日本カーバイド】マクセルが日本カーバイドの再帰光学部材を使用した空中映像と高精度の空中操作が可能な非接触HMI「Advanced Floating Image Display」を市場投入
2021年 【古河電池】再生エネ活用の本命「バイポーラ型蓄電池」のサンプル出荷開始
2021年後半 【フライト】Android携帯を決済端末に変える「Tapion」を市場投入
2021年末まで 【リボミック】滲出型加齢黄斑変性治療薬(RBM-007)の米国第 2 相 TOFU 試験の完了を目指す
2021年後半 【DWTI・メドレックス】「DW-5LBT」承認、2022年度上市見込み ※DWTIはそれでも赤字予定
2022年 【リプロセル】慶応大iPS心筋、移植の承認を目指す(申請中)
2022年 【オンコリス】すい臓がん薬を22年にも治験へ(米国で・OBP-702)
2022年中 【ソレイジア】新規化合物ダリナパルシン(開発コード:SP-02)の当局承認と販売開始を目指す
2022年1Q(~3月31まで目標) 【ヘリオス】HLCM051 ARDS(急性呼吸窮迫症候群)治験2相申請準備中 ※先駆け審査指定
2022年2Q(1月~) 【ヘリオス】HLCM051 Stroke(脳梗塞急性期)治験2/3相データ解析(3月に最終患者来院予定)※先駆け審査指定で申請準備中
2022年1月10日 【リボミック】サンフランシスコで開催されるJPMorgan Healthcare Conferenceで、本来3月予定だったRBM-007(滲出型加齢黄斑変性)TOFU治験のTop Lineデータ開示を、取りまとめが完了すれば行い製薬会社との協議を本格的に開始したい意向
2022年1月17日 【グレイス】不正会計疑惑で延期中の2022年3月期第2四半期報告書提出日
2022年1月上旬 【アサカ理研】リチウムイオン電池再生事業の新工場稼働
2022年1月以降 GOTOトラベル ※経口薬実用化後
2022年1月11日(予定) 東証、上場会社による新市場区分の選択結果の公表
2022年1月 【デルタフライ】DFP-14323の臨床第2相試験の結果判明(タグリッソ超え?・第二相で三相飛ばして承認は?三相やるなら4月から・第二相結果で効能拡大品申請は?)
2022年1月 【ケイブ】ライブ配信アプリのリリース
2022年2月 パウエルFRB議長任期満了
2022年3月末 【レナサイエンス】新型コロナウイルス感染症に伴う急性呼吸窮迫症候群(ARDS)治療薬、プラセボ対照後期第Ⅱ相医師主導治験終了予定→6月治験総括報告書完成予定
2022年4月4日 東証新市場区分一斉移行日
2022年4月まで 【デルタフライ】DFP-10917(ピーク時年間売上日米1000億を見込む)アメリカ治験Ⅲ相終了予定
2022年10月まで 【デルタフライ】DFP-10917アメリカFDA承認を目指す
2023年4月まで 【デルタフライ】DFP-10917アメリカ上市目指す→その後ベネトクラクスとの併用療法の臨床試験を実施予定(併用された場合売上数倍)
2022年4月28日まで 【和歌山カジノ】県と事業者が共同で「区域整備計画」を作成し国に認定申請
2022年春 【三菱ケミカル】田辺三菱が植物由来コロナワクチン 22年春にも国内申請
2022年6月まで 【リバーホールディングス】住友化学とプラスチック廃棄物を製品として再生させるマテリアルリサイクルで業務提携の検討期限
2022年7月第二週末二日? ETF分配金売り8000億円(2021年の額)で外部環境も悪いと買い手不在になり個別株は全面安の地獄になる
2022年7月末 決算期から夏枯れで閑散になるのでマネゲ銘柄と不必要な銘柄はポジらない事。リバ取りも厳禁。7月末で地獄なのに8月はさらに地獄でノーポジも考えるかちゃんとショートしてないと死ねる↓去年の教訓
閑散(夏枯れ+決算期)×ショック=暴落 これほぼ毎夏起きるのに回避出来ず・・・ショート外したのが致命的だった→以降ずっと地獄が続くので教訓に8月までのブログを読み返しておく事。途中のまとめ
※8月中旬からのリバウンドを逃すとパフォーマンス的に致命傷になる
→その対応策のまとめ
実際に8月末から9月上旬異常な上昇をした時の教訓
2022年上半期まで 【オンコリス】コロナ治療薬OBP-2011の臨床試験の開始を目指す
2022年8月 【4390アイ・ピー・エス】フィリピン国内海底ケーブルシステムの完成予定
2022年前半 【クリングル】HGFタンパク質の治験(ALS:日本)第二相終了予定
2022年後半 【クリングル】HGFタンパク質の治験(脊髄損傷急性期:日本)第三相終了予定
※米国とアジアは提携パートナーによる開発で日本より少し遅れそう
→販売承認されたら2024年10月~2025年9月以降、恒常的な製品売上により黒字化達成を目指す
2022年度 こども庁発足目指す
2022年度内 【多木化学】バカマツタケ事業家を目指す
2022年度 【FDK】積層可能な10Ah水素/空気二次電池フィールド試験開始予定
未定 【レナサイエンス】慢性骨髄性白血病(CML)治療薬治験第三相協議中(複数の製薬会社と導出に関する協議も並行して実施中)
未定 【メドレックス】アルツハイマー治療貼付剤(MRX-7MLL)米国における治験許可申請中(メマンチン経口剤と生物学的同等性が確認出来れば治験2・3相は必要ないとFDA確認済み)※メマンチン経口剤の米市場規模120億円
未定 【北日本紡績】抗菌・抗ウイルス糸のSEK認定取得・提携大学による糸での新型コロナウイルス試験により効果を確認→上市
未定 【カルナバイオ】ギリアド社に導出した創薬プログラムの癌免疫低分子キナーゼは探索中だが、最大472億円のマイルストーンとなっている ※臨床前
未定 【カルナバイオ】大日本住友製薬との共同研究プログラムの精神神経疾患低分子キナーゼは探索中が最大106億円のマイルストーンとなっている ※臨床前
今年度中 【シンバイオ】 抗がん剤トレアキシンSyb L-1702RI液剤 全適応症第三相全被験者の観察期間完了で今年度中に承認申請予定
未定 【シンバイオ】 リゴセルチブSyB L-1101注射剤 再発・難治性 高リスクMDS 国際共同第三相追加解析実施中(※主要評価項目未達成。新規適応症の探索)
未定 【インパクト】CDEL社及びCDGL社に代わり、共にインドのコンビニ事業を推進する現地パートナー企業を募り、既に複数のパートナー候補へアプローチ中
未定 【ステムリム】レダセムチド(HMGB1ペプチド)に関する急性期脳梗塞を対象とした治験第二相終了。塩野義製薬においてグローバル第Ⅲ相臨床試験への移行に向けた準備

●ホールド中銘柄含み損益●
まぁまぁロングのみ

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓まとめサイト(情報整理・速報等何でも)
情報の塩漬け部屋ロゴ4

↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)閑散期なのでマネゲも起きにくいので、決算セカンダリーを引き続き頑張りたいです。
トラックバックURL
→https://shiodukeman.jp/tb.php/3284-0c9b9307