2022-11-20 08:59 | カテゴリ:雑談
『すずめの戸締り』凄く評判がいいみたいなので観て来ました。
まだ公開直後で混んでるかなって思って行ったら、横一列に二人ぐらいしか客がいないぐらいガラガラでした。
20:00過ぎからのレイトショーだからです。
後、塩漬けマンちの方って田舎過ぎてどんな有名ヒット映画でも大抵ガラガラです。
東京(関東全域かも)にいた頃なんて映画館で並ぶのが当たり前だったのと比べると、東京って異常だなって思います。

さて、地方の映画館事情は置いといて、テーマは少女の旅を通しての成長系かな・・・
相変わらずご都合主義は凄かったけど、結構壮大な話を二時間に詰め込まないといけないので、そこはもう突っ込まない事にして伏線とか深い意味とか考えながら見ていました。
3.11絡めているのは賛否両論出そうなのに結構攻めてるなって思いました。

面白さを新海誠作品でぶっちゃけると、以下の感じ。
君の名は > すずめの戸締り > 天気の子

凄い面白いヒット作を作っちゃったらそれと比べられるのはしょうがないです。
宮崎駿作品だって、正直ラピュタとナウシカのせいで、後は何を見てもそれと比べて見劣りしちゃってました。
ぶっちゃけると、もののけ姫や千と千尋の神隠しもです。
両者は大ヒットしたのですが心の中で「ラピュタやナウシカの方が面白いでしょ・・・皆褒め過ぎじゃね?」って思ってました。

コードギアスの谷口悟朗・大河内一楼作品もそうです。
コードギアスの後、谷口・大河内作品ってだけで見てた時期がありましたが、勿論コードギアスを超える作品はなくいつも失望していました。

特に新海誠作品は全部で一つ的な、他も観て比較してなんぼみたいな所があります。
なので「君の名はの方が面白かった」「テーマが違うからすずめの戸締りはこっちはこっちで面白い」とか批評されるのはしょうがない面があります。

そう考えると、脚本家ですが、虚淵玄って凄いなって思います。
新海誠作品って全部似てるじゃないですか。
宮崎駿作品も世界観的なのは似てます。
虚淵玄作品って一つ一つが唯一無二のオリジナル。
まぁ脚本家だから作画は他の人次第になるので似てないのは当たり前ですが、あれだけ違うストーリーで大体面白い(ときどき微妙なのもありますけど)のは凄いと思います。
有名どころで言えば
・魔法少女まどか☆マギカ
・Fate/Zero
・PSYCHO-PASS サイコパス
・楽園追放 -Expelled from Paradise-
・Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀
 ※台湾伝統人形劇
『魔法少女まどか☆マギカ』は魔法少女アニメの定義を変えた(幼女が見るアニメ→おっさんが見るアニメ)、ある意味アニメ革命を起こした作品ですし、『Fate/Zero』なんてFateシリーズのスピンオフなのに、本家のどれよりも面白くなっちゃってますが、特にお勧めしたいのは無名ですが『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』
原案・全話脚本・総監修をしているので、虚淵玄ワールド全開で楽しめます。

あれ・・・『すずめの戸締り』じゃなくて虚淵玄作品の話題になっちゃった・・・

そういえば、ジャズのテナーサックス奏者の青春を描いた大ヒット漫画『BLUE GIANT』ってアニメ映画化されるんですね。
この原作漫画を見て面白いと思わない人は人生誤ってるなって感じの漫画ですが、それだけにこのアニメ化はギャンブルです。
つまらなくなったら、製作陣は大バッシングを免れません。
気合を入れてアニメ化して欲しいです。

ただ、毎回主人公が苦境をサックス演奏で乗り越えるという展開で、流石に最近は胃もたれしています。
キングダムも胃もたれぎみで、長く続く漫画は同じ展開ばかりで斬新さがなくなるので読まなくなるんですよね。
塩漬けマンが好きな漫画は人気が出たからって無理に引き延ばさずにちゃんと完結する漫画。
最初からストーリー構成がしっかりしてて、最高に盛り上がる最終回に向けて着実にストーリー展開して行って、一番面白いタイミングでしっかり完結する漫画が好きです。



↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓まとめサイト(情報整理・速報等何でも)
情報の塩漬け部屋ロゴ4

↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)