2022-09-23 10:37 | カテゴリ:農業
果樹年秋の続報です。
2022年春、果樹園の様子

西条柿、初収穫出来るかと思いきや、黄色くなって柔らかくなってました・・・これ収穫時期は10月~11月です。
つまり、まだ実がなるのは早いと樹が判断して生理的落果(樹が自分で実を落とす)になったのかなった思います。
まぁでも一応渋抜きして食べてみようと思います。
多分渋抜きしなくても甘くなってると思うけど。
20220922西条柿2
付け根に焼酎を付けてビニールで密閉
20220922西条柿3

私よりも年寄り?ぐらいの昔からある甘柿があって毎年大量の実を付けるのですが、こちらも大量に生理的落果していました。
今年は柿は不作の年なのかもしれません。
ただ、生理的落果とはいえ、無理やり熟れさせてから落果させるので微妙に美味しそうなのがあって食べてみたら十分美味しかったです。
20220922柿

尚、は全部生理的落果で全滅でした。
原因は栄養不足だと思います。
冬の内に化学肥料を大量に施肥した上に堆肥マルチをしてみようと思います。

キウイは二本あるのですが両方葉が茶色になって枯れたようになっていたので、実がちゃんと熟れてちゃんと収穫出来るか分かりません。
夏の内に葉が茶色になった場合、光合成で栄養を調達できないのか、実が未成熟のまま美味しくならないんですよね・・・
20220922キウイ

ザクロは初収穫だけどこれも上手く熟れなさそうです。
しかも一回枯れてから根本から生えてきた枝なので、接ぎ木の苗だった場合、食べるのに適さない品種の可能性があります。
20220922ザクロ

アケビ三枚葉が唐突に枯れていました(ノω・、) ウゥ・・
20220922アケビ三枚葉

アケビ五枚葉はなんとか実が付いてますが・・・来年から三枚葉がないからうまく結実しないかも・・・
20220922アケビ五枚葉

ナツメも初収穫でしたが、これもちゃんと熟れる前に熟した感じになってて食べても美味しく無かったです。
20220922ナツメ

丹波栗も熟す前に7割ぐらい落ちていました。
20220922丹波栗1
20220922丹波栗2

残る希望は、鹿の攻撃をかいくぐりたった一つ生き残ったミカン(せとか)レモンのみ。
20220922せとか
レモンは柵が間に合って結構残ってます。
20220922レモン

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓まとめサイト(情報整理・速報等何でも)
情報の塩漬け部屋ロゴ4

↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)