2022-05-01 08:27 | カテゴリ:勉強や投資情報
最近コロナバブルでとんでもないパフォーマンスを上げて一躍有名になったレバナス(ナスダック100指数の値動きの二倍動くインデックスファンド)について過去の実データから考察しました。

まず、レバレッジ商品の減価・増価について知っている前提の話となります。
知らない人は以下を参照して下さい。

要は、ヨコヨコだと減価(ノンレバレッジ商品よりも損)し、上昇トレンドと下降トレンドだと増価(ノンレバレッジ商品よりも得)って事ですが、上記で触れられていないのに以下があります。

レバレッジ商品は暴落した時に元の価格に戻りにくい。
↓日経CNBCより引用。※3倍レバレッジ商品で説明されています。
20220430レバレッジ型に潜むワナ
※元々10000円の価格で、ノンレバレッジ商品は25%下落から元に戻るのに33.3%の上昇で良いが3倍レバレッジ商品は25%下落(×3なので75%下落)から戻るのに33.3%の上昇(×3なので99.9%)では5000円までしか戻らない(元の10000円のたった半分までしか戻らない)という説明

ですので、レバレッジ商品は暴落に弱いのです。
それを分かりやすく説明したのが以下のブログになります。
『青空ビーチの雑食投資』「ナスダック100 vs レバナス」
・上記ブログより引用:2010年からのナスダック100とレバナスの価格推移のグラフ
青空ビーチさん2010年
これが証券会社やレバナスを勧める人がよく出す、都合の良い時から積立を開始したグラフです。
これは2010年(ナスダック100指数が上がり始めた時)からの計算であり、逆に2000年(ITバブル崩壊でナスダック100指数が暴落した時)からの価格推移を計算すると以下のようになり、なんと価格だけを見ると、コロナバブルがあったのにレバナスはノンレバレッジのナスダック100指数に常に負けているのです。
・上記ブログより引用:2000年からのナスダック100とレバナスの価格推移のグラフ
青空ビーチさん2000年

この衝撃の結果を見て、「ほんと?!信じられない」と思って自分でナスダック100のデータを取得しエクセルで関数を組んで計算してみました。
↓ほぼ同じ図になりました。※管理コストも考慮したグラフです
20220430ナスダックとレバナスの価格

価格が長期間レバナスよりもナスダック100の方が上なので、ナスダック100を買った方が良いという結果になっています。
しかし、よくよく考えると、レバナス(に限らずインデックスファンド)を買う人はドルコスト平均法(長期定額積立)で購入します。

そこで、期間は同じITバブル崩壊の2000年からでドルコスト平均法でレバナスとナスダック100を月1万円購入した場合の損益を比べてみました。
※損益なので元本は入れてない数字です
20220430ナスダックとレバナスの定額積立損益
レバナスの圧勝となっています。
そりゃそうです。
ドルコスト平均法という事は定額購入なので、価格が下がっている時には大量に買い、価格が上がっている時には少数しか買わないという事です。
そしてナスダック100指数と比べて大暴落しているレバナス(=定額ならより多く買う事になる)を長い期間に大量に買い続けた分がコロナバブルで一気に爆益になるのです。
たった月に1万円積み立ててただけで、22年間の高値で8千万円を超える利益とは恐れ入りました。
この実績を見るとレバナスを勧める人の気持ちも分かる。

ただし、これだけ見ると「やっぱりレバナスを信じてドルコスト平均法で買い続ければいいじゃん」ってなりますが、レバナスの損益がナスダック100指数を超えるのは2012年です。
2000年から12年間も地獄の苦しみを味わうのです。
↓上記のグラフだと誤差になっているので分かりませんが、2000年から2012年を拡大したグラフがこれです。
20220430ナスダックとレバナスの定額積立損益(損益逆転まで)

そして、極論を言うと、レバナスが素晴らしいのではなく、レバナスのボラティリティが鬼で、暴落時にすっごく下がるせいで価格が異常に安くなり、定額購入してたら必然的に大量の枚数を買う事になり、その期間が長ければ長い程、超大量に買っているので、指数が上がれば必然的にパフォーマンスが上がり、バブルでも来ようものなら、超爆益になる(すっごく下がる暴落時を耐えれた人限定)って事です。

尚、最安値は2009年3月9日で、ナスダック1040の時に、なんとレバナスは88円になります・・・この常軌を逸した地獄の大暴落に耐えれる人いるの?ただ、ドルコスト平均法なら定額積立なのでナスダックの11.8倍の枚数を買う事になり、これが後に価格が上がった時に爆益の源泉になりますが、ベストは勿論ここ(大底)で積立スタートです。ただ、大底が分かるならそもそも積立でなく一括大量購入して放置が超絶爆益になります。

まぁリスクとリターンは比例するという投資の鉄則に則った結果であり、リスクを出来る限り排除するというインデックスファンド長期積立投資の本分からレバレッジ商品が逸脱しているが故に得られる果実です。

別の見方をすればレバナスが凄いのではなくドルコスト平均法が凄いって事。
※昔ドルコスト平均法をディスる記事を書いた気がするけどすいません、間違いです。ドルコスト平均法を見直しました。

そして、そもそもバブル崩壊(正に今)のような大暴落時は買わずに、上げ始めてから積立を開始した方がより爆益になります。
しかし、株価の騰落は誰にも読めませんから、上げ始めてから買うという事は事実上不可能ですので、そのためのドルコスト平均法(=時間分散)と言われればそれまでですが、コロナバブル崩壊中にも買い続けるのはいかがなものかと・・・平均取得単価が高いとかなり長い間苦しみます
即ち、去年末からの利上げ・QT局面ではナスダックは大きく調整する可能性の方が高いので、レバナスは買わないのが常識的な投資行動と思います。

え?お前はマザーズ(ナスダック同様調整する可能性が高い)ばかり買ってる?だって塩漬けマンは投資家でなく投機家ですから!
ハイリスクな方がハイリターンなので、常識的な投資行動(低リスクを目指す)と逆を行くに決まってるだろ!!

最後に、よくある議論、レバナス買うぐらいならナスダック100連動インデックスファンドを二倍買えばいいんじゃないの?って意見ですが、上記と同じ期間で計算したグラフを載せておきます。
※ナスダック100を月2万円、レバナスを月1万円買った結果です。
↓コロナバブルがあった現在までではレバナスの圧勝も、2012年までではなんとナスダック100を二倍買ってた方が倍儲かっている!!
20220430ナスダック2倍購入とレバナスの定額積立損益

最後の最後に、ここまで書いといて何ですが、そもそも計算が正しいのか?という問題があります。
塩漬けマンにも分かりません( ・`ω・´)キリッ(え?!)
また、計算が正しかったとしても、あくまで理論値であって、本当にこのように価格が動くか分かりません。
さらに言えば20年後も大和や楽天がレバナスを続けてくれているか分かりません。
ETNみたいに即死条項が隠れてて、皆が「ぎゃーーー」って言ってる一番安い時にいきなり廃止ってなるかもしれないので、長期想定の人はそこをちゃんと確認して積み立て始めないといけません。

さて計算間違ってたらいけないので、計算式を載せたエクセルを公開します。
読者で有識者や数学に強い人はレビューをお願いします( ・`ω・´)キリッ
間違いを見つけたら速やかに指摘してくれ!速やかに修正して再周知します( ・`ω・´)キリッ
20220430レバナス計算エクセル4
※コストは日割りだと1円以下になるので小数点切り上げです。
※コストの設定は、ナスダック100積立の方が0.20%なのはナスダック100に連動するインデックスファンドのQQQが管理費0.20%だからで、レバナスの方が1.00%なのは実際のレバナスが0.99%(大和)と0.77%(楽天)で、隠れコストも入れたら概ね1%前後になるためです。
※QQQは分配金の配当利回りが0.55%あるのに対してレバナスは分配金0円ですのでQQQの方がパフォーマンスは高いはずですがそこまで考慮していません。
※レバナスの最初の価格設定(⑩の一番上のオレンジのセル値)は比較しやすいようにナスダック100と同じ値としていますが、レバナス(大和の方)が運用開始時の価格がナスダックより1.2倍ぐらい高くなっていました。初期値で結果は結構変わりますが、そこまで考慮せずに同じ値でスタートとしています。
※売買手数料は自分でネット売買なら無料のようですので考慮していません。
※為替ヘッジは考慮していません。

数学的には頭が悪いエクセルだなって思うかもしれませんが、上部のオレンジ色の5か所(レバナス初期価格・積立金額・コスト(年率))だけを変更したら全自動で全ての値が入れ替わるという、エクセル使い的には結構凄い作りになってると自負しています。
手動で入力するのは⑪の列だけで後は全部上のセルの関数を下にコピペですよ!(ナスダック100株価指数はデータ提供HPからコピペ)
しかも⑪も月初日(定額購入を月の最初の営業日に行う想定)を探して関数をコピペするだけ。
⑪が自動化出来なかったのは、月初を特定する関数が作れなかった(①「日付け」が文字列ならIF関数とLEFT関数で出来たけど、シリアル値なので思いつきませんでした)からです。

間違いを指摘してくれる人は頭が悪い塩漬けマンでも分かるようにお願いします。上のエクセルを見てもらったら分かるように、中学生並みの数学力で四則演算しか出来ません。指数が出てきた時点でアウトです。数学好きな人が使いがちな以下のような数式は塩漬けマンには理解出来ません(´・ω・`)ショボーン
現代ポートフォリオ理論数式
※因みにこれは現代ポートフォリオ理論の途中で使う数式です

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓まとめサイト(情報整理・速報等何でも)
情報の塩漬け部屋ロゴ4

↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)