2020-12-12 07:26 | カテゴリ:勉強や投資情報
来週のIPOのセカンダリ視点のまとめです。
ちょっと多過ぎて雑になってますし、深堀り出来てなかったり、理解が足りなかったり、細かい数字のミスはご容赦を。

※数字で参考にしているのは以下のサイトです
96ut.kabu

■12月15日(火)

[4019] : スタメン
市場:東M (情報・通信業)
事業内容:エンゲージメント経営プラットフォーム「TUNAG」の開発及び提供等
公募株式数:総計:1,600,000株(公募:1,000,000株 / 売出:600,000株)売出株式比率:37.5%
公開価格:880円
吸収金額:16.1億円
時価総額:74.1億円
ロックアップ:VC20%程度が1.5倍でロックアップ解除
【塩漬け評】
要するに社内SNS。ChatWorkとかが連想されそう。特色としてはエンゲージメント経営に特化した社内SNSとなっており社内制度に焦点を絞ったアプリとなっています。今期予想から数字を出すと以下の感じ。
売上6.12億営業利益0.18億営業利益率2.9%、PSR12倍、40%ルール:54.6+2.9=57.5
売上の伸びだけしか評価出来ないけど、あまりに売上が少ない・・・それもそのはず、ここを見ても分かるように、競合他社が多過ぎる・・・Slackとか有名だけど、Lineも出してるですね・・・それにシェアが高いサイボウズでも同じような事出来るんじゃ・・・
社内SNSおすすめ比較32選 | メリット・事例・失敗しないツール導入【無料あり】
↓こちらの比較サイトには「TUNAG」は載ってすらいない・・・
【2020年版】社内SNSツールおすすめ12選(有料・無料)
中型でVCが結構いるけど人気の業態でサブスクなので寄るのは二日目になりそう・・・従って初値高すぎで投資的にはセカンダリ突撃は無理なので、マネゲ的に行けるかどうかって微妙って感じ

[9145] : ビーイングホールディングス
市場:東2 (陸運業)
事業内容:生活物資に特化した物流事業(主に自社及び顧客の物流センターの輸送・保管・包装・荷役・流通加工・情報システムの構築を一貫して手掛ける3PL事業、物流コンサルティング)、その他(旅客事業等)
公募株式数:総計:1,506,000株(公募:1,160,000株 / 売出:346,000株)売出株式比率:23.0%
公開価格:1,000円
吸収金額:17.3億円
時価総額:56.7億円
ロックアップ:一族が上位株主に名を連ね解除条項なしの90日
【塩漬け評】
東証二部の地方物流地味系IPOだけど最近物流系の会社って株価上げ続けているので、中型って事で低く寄れば長期でいいかも・・・公募価格でのPERは11.4倍で遠州トラックと一緒なので公募価格はフェアバリューだと思います。

■12月16日(水)

[6612] : バルミューダ
市場:東M (電気機器)
事業内容:家電製品の企画・製造・販売
公募株式数:総計:1,435,000株(公募:1,235,000株 / 売出:200,000株)売出株式比率:13.9%
公開価格:1,930円
吸収金額:31.8億円
時価総額:149億円
ロックアップ:創業者が85%保有し、それを含めて大株主は一人以外解除条項なしの180日ロックアップ
【塩漬け評】
高級家電のファブレスメーカー。スチームトースターが有名みたいだけど知りません。二桁成長しているし、営業利益率は10%前後・PERは公募価格で15倍と、あらゆる面で普通なので中型という事で低く寄れば投資的に悪くないけど、初値高すぎだとスルーが良さそう。マネゲ要素もないし。

[7944] : ローランド
市場:東未 (その他製品)
事業内容:電子楽器、電子機器およびそのソフトウェアの製造販売ならびに輸出入
公募株式数:総計:11,710,000株(公募:0株 / 売出:11,710,000株)売出株式比率:100.0%
公開価格:3,100円(想定価格比-160円)
吸収金額:381億円(想定価格比-19億円)
時価総額:847億円
ロックアップ:解除条項なしの360日ロックアップだが、そもそもファンドイグジット案件で第一位株主が45%売出
【塩漬け評】
再上場ファンドイグジット案件なので多分公募割れで、公募割れしたら、公募価格までの誠意買いを期待してデイならありかも。配当は2%ぐらいあるけど、PERは20倍ぐらいで割高だしね・・・成長はあまりしてなくて営業利益率は10%ぐらい

[7092] : Fast Fitness Japan
市場:東M (サービス業)
事業内容:24時間型フィットネスクラブ“エニタイムフィットネス”の日本におけるマスターフランチャイジーとしてフランチャイズシステムを運営
公募株式数:総計:1,800,000株(公募:1,600,000株 / 売出:200,000株)売出株式比率:11.1%
公開価格:2,250円
吸収金額:46.5億円
時価総額:244億円
ロックアップ:全員90日解除条項なしのロックアップ
【塩漬け評】
どこにでも見るようになった24時間フィットネスのエニタイムフィットネスのフランチャイズ。コロナで延期されており、大幅ディスカウントで再IPO
公開価格2,960円→2,250円
吸収金額61.2億円→46.5億円

業績予想ですがコロナで特損があるので、PERを普通に計算してはいけません。コロナ禍で業績悪い中での営業利益予想から計算するとPER14倍です。コロナ禍でなければ普通に営業利益30億はあったと思われるので、そこから計算するとなんと8倍となります。※純利益でなく営業利益で計算しているのでかなりいい数字になるので注意
後減価償却を考慮したら、数字以上に稼いでる会社だと思われ、中型&コロナ禍で低く寄るでしょうから、もしかしたらお宝かも?

■12月17日(木)

[4020] : ビートレンド
市場:東M (情報・通信業)
事業内容:飲食店・小売店等を展開する企業向け顧客情報管理ツールであるCRMソフトウェアプラットフォーム「betrend」の提供・運営
公募株式数:総計:164,500株(公募:80,000株 / 売出:84,500株)売出株式比率:51.4%
公開価格:2,800円
吸収金額:5.29億円
時価総額:28.8億円
ロックアップ:大部分に解除条項なしのロックアップ
【塩漬け評】
人気のサブスクでDXで小型で値がさと来れば初値高騰必至。勇気が試されるマネゲに。
因みに数字は以下の通りでサブスク企業として投資不適格だけどPSRが低いのは割安評価されそう。
売上8.4億、営業利益0.9億、営業利益率10%、PSR3.4倍、40%ルール:13.3+10=23.3
ただ、気になったのは『betrend モバイルサイト構築』って機能で簡単にスマートフォンアプリ・サイト構築が出来るらしく、これってBASEを彷彿とさせます。ただ、キャッシュレス決済に触れてなかったので、それが出来ないとECサイトにならないよね・・・

[4165] : プレイド
市場:東M (情報・通信業)
事業内容:クラウド型CX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」の提供
公募株式数:総計:14,339,000株(公募:1,522,000株 / 売出:12,817,000株)売出株式比率:89.4%
公開価格:1,600円
吸収金額:240億円
時価総額:590億円
ロックアップ:大部分に解除条項なしのロックアップ
【塩漬け評】
ECサイトを見てると「あなたへのお勧めはこれです」みたいなレコメンド機能がありますよね。あれの超高性能版をクラウドで提供。
今回のIPOラッシュの本命登場。大型赤字企業(今期予想は超ギリギリ営業黒字)なので低く寄る事を祈るのみ。
数字は以下の通り、サブスク企業として投資不適格
売上52億、営業利益0.25億、営業利益率0.47%、PSR11.3倍、40%ルール:30+0.47=30.47
売上の伸びしか評価すべき点がなく、また広告宣伝費(流行ったら将来なくなる経費)が少なく固定費(人件費など永遠に消えない経費)が多いので企業体質として営業利益率が低くなりそう(サブスク企業なら成長しきったら営業利益率60%とか行って欲しいけど、それは無理そうって事)だけど、光る点はGoogleが出資してて「継続確約」で株を売る気がない企業って事。その他出資してるVCも解除条項なしのロックアップで将来性に期待されてそう。

[4935] : リベルタ
市場:JQS (化学)
事業内容:美容商品、トイレタリー商品、機能衣料商品等の企画販売及び輸入腕時計日本総代理店業務
公募株式数:総計:830,000株(公募:300,000株 / 売出:530,000株)売出株式比率:63.9%
公開価格:1,200円
吸収金額:11.4億円
時価総額:34.8億円
ロックアップ:ほぼ全員に解除条項なしのロックアップ
【塩漬け評】
注目企業目白押しの5社上場日なので、一番埋もれそうだけど小型なので低く寄ればマネゲ的にワンチャン
直近実績で減収減益だけど、今期予想は増収増益に転じているけど、上場のために盛ってる感あるよね・・・
PERは27倍と割高な上に小型で初値高騰でさらに割高になりそう。
まぁ営業利益率5%で目新しい事をしている企業ではないので、上場直後の初値高すぎマネゲから調整をしっかりしたら、その後は売上の騰落に応じて株価も相応に騰落する緩やかな株価推移の企業になりそう。

[6229] : オーケーエム
市場:東2 (機械)
事業内容:バルブ製造販売事業
公募株式数:総計:1,317,000株(公募:1,000,000株 / 売出:317,000株)売出株式比率:24.1%
公開価格:1,220円
吸収金額:18.4億円
時価総額:52.6億円
ロックアップ:大部分に解除条項なしのロックアップ
【塩漬け評】
東証二部、地味系製造業(バルブ専門)、一族経営・・・法人を除いた個人大株主はほぼ奥村一族、そしてどうせ第一位株主の法人も奥村一族の資産管理会社でしょ・・・奥村一族、市場を使って最後の金儲けって感じ。社名のOKMも「奥村」から適当にもじってるんでしょ・・・
奥村の奥村による奥村のための上場
しかもなんと今期減収減益予想!上場のために普通は盛る所を、正直でよろしい。そのためか、PERは割安設定の7.7倍。そして配当をしっかり出しているので配当3%前後がキープされるなら、営業利益率10%で製造業としては合格ラインなので割安水準では買われそう。吸収金額16億は中型で低く寄れば、逆に投機家がマネゲのターゲットに選ぶかも。その時はバルブの会社なので、水素関連銘柄煽りが入りそう。

[4166] : かっこ
市場:東M (情報・通信業)
事業内容:データサイエンスの技術とノウハウをもとに、アルゴリズム及びソフトウェアを開発・提供することで、企業の課題解決やチャレンジを支援する「SaaS型アルゴリズム提供事業」
公募株式数:総計:250,000株(公募:245,000株 / 売出:5,000株)売出株式比率:2.0%
公開価格:2,020円
吸収金額:5.80億円
時価総額:52.1億円
ロックアップ:発行株式数の22.5%に及ぶVC保有分約50万株が1.5倍でロックアップ解除
【塩漬け評】
小難しい事を書いてるけど、要は不正検知、決済コンサル、データ解析をやってて、売上の大部分は不正検知で、三事業全てで初期導入スポット収益とシステム利用料のサブスク収益があるけど、純粋に投資家がイメージする「サブスク」と言えるのは不正検知だけっぽいです。
SaaS、小型、値がさ・・・激しいマネゲになりそう!しかも数字はお粗末なだけに!!↓このようにサブスク企業として投資不適格
売上8億、営業利益1.16億、営業利益率14.5%、PSR6.5倍、40%ルール:8.46+14.5=22.96
売上の伸びが8%しか続かないようでは、決算の度に暴落するのが目に見えています。その辺の地味系製造業と同レベルではね・・・事業内容の期待度に売上(金額も成長率も)が伴っていないので、今後はどうなるか分からないけど、今時点はちょっと・・・

■総評■
17日の5社って集中し過ぎでしょ・・・しかも一番人気化して初値高騰するビートレンドかっこ人気のサブスク企業とは思えないぐらい数字がお粗末・・・
その二社を見ちゃうと、売上額が少なすぎるけど、スタメン54%成長は光って見えます。
サブスク系企業のIPOが早まってる感じがしますが、それを「成長前に買えるなんてラッキー!!!」と捉えるか「将来性もないのになんとなく最新の事をやってるから初値高騰してイグジットの大チャンス!と思って経営者やVCが金儲けするために上場してやがるな!」と捉えるか、判断が難しい所。
本物を見抜く眼力が必要になるので、サービスが出来るなら自分でやってみたり、業界人の評価を聞いたり、シェアを調べたりして、サービスの中身を評価(=将来性があるか)しないといけないと思いました。

■追記■

■12月18日(金)

[4167] : ココペリ
市場:東M (情報・通信業)
事業内容:中小企業向け経営支援プラットフォーム「BigAdvance」及びAIモジュール「FAI」の開発・提供等
公募株式数:総計:1,082,400株(公募:276,000株 / 売出:806,400株)売出株式比率:74.5%
公開価格:1,600円
吸収金額:19.9億円
時価総額:115億円
ロックアップ:VCが20%程度保有で1.5倍でロックアップ解除
【塩漬け評】
メインのBig Advanceプラットフォームは金融機関に導入し、そこと取引のある中小企業が金融機関経由でシステムを利用する。
機能としてはビジネスマッチング、社内チャット、HP作成、集客支援(クーポンサイト)、補助金取得支援、安否確認、士業サービス等。金融機関の紹介で安く上記が使えるならまぁ中小企業としてはいいよね。金融機関のデータと連携出来るというのがこのサービスの優位性だからそっち方面の機能をもっと充実させればいいのにと思ったけど。
売上8.88億(+114.8%) 営業利益0.86億 営業利益率10% PSR12.9倍 40%ルール114.8+10=124.8
サブスク企業として公募価格なら買いです。でも初値高騰して2~3倍となると・・・悩ましい奴です。

[7031] : インバウンドテック
市場:東M (サービス業)
事業内容:24時間365日・多言語対応コンタクトセンター運営事業、セールスアウトソーシング事業
公募株式数:総計:206,200株(公募:186,200株 / 売出:20,000株)売出株式比率:9.7%
公開価格:5,700円
吸収金額:13.5億円
時価総額:48.4億円
ロックアップ:大部分が1.5倍解除でロックアップ掛かってないのも・・・
【塩漬け評】
訪日外国人が減ったり営業自粛というコロナの影響で今期予想は32%減収18%増益。PER26倍設定はちょっと・・・大株主にVCは少ないが、いかにも売ってきそうな企業が多い・・・小型なのに不人気案件

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)