2014-06-29 09:48 | カテゴリ:所見日記
ITS(自動車自動運転)が祭り化の雰囲気があるのでチェックしておきます。

・27日:アイサンテクが一時ストップ高、自動車の自動運転公道実証実験を今年度中に実施

・27日:圏央道開通、日産が自動運転車でパレード走行

・28日:トヨタやGM、米に自動運転の実験場 共同で建設

水素祭りで車関係という大きな枠で盛り上がっています。
水素祭りに乗り遅れたので今度は乗り遅れない!!・・・っが、市況がどうも悪いので、前みたいに買って放置しとけばいいやとはなりません。
ですので、インタイミング難しそうです。

・アイサンテク 1,240円 58億
【特色】測量、土木ソフト開発販売が主柱。ハード、保守も。3次元位置情報移動計測装置(MMS)注力
【堅調】主力の測量・土木関連システムは社会インフラ点検事業や測量機器とのセット販売が寄与、XP特需の反動減かわす。MMSも路面調査業務等向けに成長続く。会社営業益はやや保守的。6円配維持も。
【追い風】測量ソフトやMMSは国土強靱化政策追い風に全国自治体による公共インフラ点検事業向けに急展開。手書き文字認識技術事業は電子カルテ等医療分野開拓。
【業績】業績は順調に拡大予想
【指標】PBR4.40倍 PER45.3倍 ROE12.25% ROA5.93%
【空売】不可・機関空売なし
【評価】ここへ来て本命に躍り出たが、いかんせんストップ高行った後・・・JC覚悟で飛び込むか!?見送るのが無難か・・・

・べりサーブ 1,803円 47億
【特色】SCSKグループ。携帯、デジタル家電、高度道路交通システム(ITS)のソフト検証で先駆的
【反転増】主力の検証は景況感悪化の中国で低迷。カーナビ関連、デジタル家電向けも横ばい止まり。だが、前期から営業注力する医療機器やスマートハウスなどエネルギー関連が増加セキュリティ関連も堅調。人件費増を吸収し、営業益は反転増へ。
【攻守】中国低迷考慮しインドなど新規の海外展開は慎重姿勢に。一方、国内は工作機械など新規分野開拓にらみ営業増員。
【業績】来期順調に伸びる予想
【指標】PBR0.99倍 PER29.3倍 ROE1.69% ROA1.47%
【空売】可能だが貸融共に少ないが一応逆日歩ついている。機関空売りなし
【評価】ITSソフトの検証でどこまで業績寄与するのか不明だが、四季報にITSと書かれていて、時価総額が低い異常、祭りが起こったらここにも波及すると思われる

後は、クラリオンとかルネサスが勿論業務内容的には本命ですが、時価総額大きいのでマネーゲーム的には本命ではありません。
・・・が・・・クラリオンは時価総額740億、株価も262円と低位級、空売り溜まって逆日歩ついています。
株価は10年来の高値水準ですが・・・業績が伸びているので問題ではないですかね。
ちなみに26日に「自然対話型音声認識」対応のカーナビを発売と伝わり、急伸しています。

クラリオンの株価が140円台だった2月・・・ここが長期目的で仕込む絶好のチャンスでした(´・ω・`)しょぼーん

↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)