2018-01-27 03:36 | カテゴリ:仮想通貨
皆さん会見や報道を見たと思うけど、見てない人のためにまとめると、こんな感じです。

↓当日の時系列
DUeU5PyVwAEWRwv.jpg

んで上記と会見を合わせた要旨は
・被害額全ネム約5.2億XEM
・ネム以外は盗まれていない
・被害者への補償検討中(財務状況を精査中)
・ネム以外の資産保有者の資産(円含む)が棄損される可能性もある
・基本的に倒産をせずに事業を継続する方針
・ネム財団はネムの脆弱性ではないのでハードフォークで救済はしないと通知
・ホワイトナイトからの連絡等はない
・ネムはコールドウォレットに保管していなかったし、マルチシグをしていなかった
※セキュリティが超激甘→取引所の瑕疵を問える

※会見の詳細が知りたい人はコチラ参照

とりあえず確定申告が始まるので、XEM以外の資産返却出来るのかだけでも、早急に結論を出して、対応(売買・出金の再開)してもらわないと、税金払えなくて困る人多数出ると思います。

↓これが犯人がコインチェックからネムを盗んだブロックチェーンのトランザクションです
NC4C6PSUW5CLTDT5SXAGJDQJGZNESKFK5MCN77OG・・・犯人
NC3BI3DNMR2PGEOOMP2NKXQGSAKMS7GYRKVA5CSZ・・・コインチェック
20180127ネム犯人アドレス

1億XEMづつ5回に分けてと後端数の細かい取引で盗んでいます。
んで、盗んだのをいろんなアドレスに送金しています。
これ、ブロックチェーンですから、勿論全部追えます。

そしてまずは有志の開発者達が立ち上がり、追跡しています。
具体的には、犯人がネムを送金したアドレス全てにモザイクを送り付けてマーキングしています。
モザイクが何かはググってください。とりあえずこのモザイクはハッカーは消去出来ない模様。
↓犯人のアドレスを辿ると、確かに全てに有志の追跡者がマーキング(黄色)したと思われるモザイクがあります。
hsrtyhshs.jpg

ボットを作って自動でマーキングしているし、本家のネム財団もボットを作って追跡を開始したようです。
つまり、もう犯人は逃げれません。
世界の取引所がこのモザイクの入ったネムの取引を出来なくすれば、犯人はずっとネムをフィアット出来ません。
マイニングでなんとか出来ないかなって思うのですが、それにはハードフォークが必要なのかな?

ちなみにネムはトランザクションにメッセージも入れれるらしく、異変に気付いた人が犯人のアドレスに送金する事でメッセージを利用してコミュニケーションを取っています。

20180127ネム犯人会話1
「どうしてこんな事をしたんだ」

20180127ネム犯人会話2
「何が起きたの?」

20180127ネム犯人会話4
「盗んだ資金をコインチェックに返しなさい!」

ただ、最後の人って犯人に文句を言っているのだと思うのですが、モザイクで犯人のアドレスだというマーキングされています。
本当に犯人のアドレスなのか、そうだと勘違いされて追跡者にマーキングされたのか・・・
勘違いでマーキングされる事があるなら、「よ~し、俺もメッセージを利用して犯人と交渉してやる!」って義憤に駆られて犯人のアドレスに送金しない方がいいです。
間違ってマーキングされたら、もしかしたらそのアドレスに入ってるネムが世界の取引所で使えなくなるかもしれないので。

とりあえず塩漬けマンはネムは諦めましたが、その他の資産は返金されて欲しいです。
※会見によると返金されない可能性も0ではないが、常識的にそれはない。
分散しているとはいえ、コインチェックでしか買えないアルトはコインチェックで買ってそのままコインチェックのウォレットに入れてるし、ビットコインも1.2BTC預けていますので、約300万円分ぐらい預けています。

今回学んだ事はやはりリスク管理の大切さです。
まさかコインチェックでこうなるとは思いませんでした。
そしてコインチェックがやられたという事は、もっと危ない取引所は沢山あります
ゴックスしても大丈夫なポジションサイズ、そして分散保管がいかに大事かという事です。

ちなみに仮想通貨をしてなくて、「アホだなー」って思っている人で、株で信用全力ロングポジションを持っている人は全く同じく「アホだなー」って事をしています。
万が一明日東京に大地震が来たら1日で破産します。
※地震でなくてもカリアゲ君が狂っても

信用全力ロング = 一つの仮想通貨取引所に失ってはいけないサイズの通貨を全額保管している

って事です。
株も仮想通貨も・・・相場は全てリスク管理が一番大事です。

尚、今回所謂ゴックスが起きたわけですから、仮想通貨が大暴落するのかなと思いました。
そしてそれが最後にして最大の買い場になると思っていたのですが・・・・会見中は下げ続けた仮想通貨は、会見終了後、早くもリバりだしました・・・
※あのCISさんはそれを見越していたのか、会見中に買っていたそうです。


この辺のセンス凄いです。

コインチェックは大手とは言え、極東の1取引所で1通貨が盗まれた程度では、もはや市場は反応しませんか・・・
まぁ取引所がゴックスして騒いでるのは日本ぐらいで、世界ではよくある事ですからね。
仮想通貨強くなりました・・・マウントゴックス破綻ごときで過剰に暴落してたのはもはや昔の話です。

勿論、最大の市場日本で新規参入者は激減するでしょう。
マスコミは過剰に騒ぎ立てるし、バブルに乗れていなかった人たちは大喜びして批判すると思います。
下降トレンドが加速するかもしれません。
しかしその悲観よりも、コインチェックがこんなことになって、暴落しない事にむしろ希望を感じました。

↓またコラ作ってみましたが、今回は仮想通貨的には全然地獄じゃなかったですが、預けてる資産がなくなるかもしれないので、個人的には結構地獄です・・・。゚(´つω・`。)゚。
コインチェックネム盗難進撃の巨人

↓日本最大手の取引所。ここ経由で提携サイトで買い物したらビットコインが貰えちゃう。口座開設はコチラからどうぞ
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

↓トークン等取り扱い商品の種類が豊富でスプレッドが低めの取引所。


↓中国大手「OKCoin」出身のChangPeng Zhao氏が設立した、多数のアルトコインを取り扱い、短時間で大手取引所に成長した香港取引所。口座開設はこちらからどうぞ


↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)






↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1
2018-01-06 20:53 | カテゴリ:仮想通貨
仮想通貨は詐欺が多いですが、それって仮想通貨が話題になってて、実際金儲けしている人多数で、難しいから詐欺の材料として今旬なだけで、仮想通貨自体が詐欺だったり怪しいわけではありません。

↓最近話題になったクローバーコインのセミナーに潜入した人
仮想通貨クローバーコインの詐欺セミナーに徹底潜入取材したよ♣
→ただのネットワークビジネス

↓仮想通貨はおまけでした
<潜入取材>仮想通貨詐欺の実態
→ただの自己啓発洗脳詐欺

これ読んで分かる通り、仮想通貨は詐欺のネタにされているだけで、仮想通貨に無知でも、普通の人ならまず騙されないし、これで騙される人は仮想通貨でなくても騙されています。

ところで、ねずみ講は犯罪なのに、物を介するだけでネットワークビジネス(マルチ商法)という合法になる日本の法律おかしいですよね。
被害者多数なのにどうしてネットワークビジネスを違法にしないんだろう。

んでまず基本的な事ですが、楽して儲かるは全部怪しいです。
それがあれば皆やって儲からなくなるからです。
勿論、先駆者・開拓者になれば楽して金儲け出来ますが、それが出来る才覚・努力・リスクを取る勇気が必要で、結果全然楽していないです。

んで仮想通貨の中でも詐欺が多いのがICOです。
しかも合法的詐欺が多いです。

●完全詐欺のパターン
システムを作ると言ってICOで資金調達してシステムを作らないでICOで集めたお金を持ち逃げ

●合法的詐欺のパターン
システムを作ると言ってICOで資金調達をしてシステムを作るが、安く適当に作って、大部分のICOで集めたお金を持ってドロン
※トークン自体は取引所に上場させて、投機家のおもちゃになってICO参加者はぼろ儲け出来る事もある。

ICOは9割、合法的詐欺と思った方がいいです。
そして、全てのICOで合法的詐欺の可能性を排除してはいけません
真面目に社会にイノベーションを起こそうと思っているけど、資金調達出来なくてICOに頼った人たちには、詐欺の疑いを掛けて大変申し訳ないですが、こっちもお金掛かってますから。
投資は最悪のパターンを想定して行うものであり、性善説では行えません。
詐欺を疑われても、それは銀行融資等でなくICOでしか資金調達出来なかった自らの能力不足、またリスクを投資家に転嫁してノーリスクでシステムを作ろうと考えた自分が悪いと捉え、凄いシステムをリリースする事で、自らその汚名を剥がしてください。
それに騙す気はサラサラなくて、真面目にやってても、能力不足で実はたいしたシステムにならずに、結果的に投資家に大損させる可能性もあるわけですから。
ただ、そうなっても投資家も文句を言うのはお門違いで、自分たちが金儲けするために投資しているのだから、それを見抜けなかった自らを恥じるべきです。

後、発行トークン(仮想通貨でも)の大部分を発行者が保有するICOは、それは発行者が金儲けしたいだけのICOです。
社会にイノベーションを起こして貢献しようとか、凄いシステム作ってそっちで金儲け出来る自信のあるICO実施者は、そんなあざとい事しないです。
ただ、金儲けするためには発行トークンが値上がりしないといけないので、システム自体は真面目に画期的で凄いのを作る可能性はあります。
↓例えばこんな感じ。ぼろ儲けでしょ。
仮想通貨リップル創業者「資産4.2兆円」で米国15位の富豪に

ICOは全て合法的詐欺である前提なので、普通の人は参加しない方がいいし、逆に、それだけリスクが高いから普通より儲かるのです。

つまりやるなら間を取って、捨てていい金額でやればいいというスタンスで塩漬けマンは参加しています。

ちなみに塩漬けマンが参加したICOは執筆時の時価で以下の通りで、今売り抜ければ利確で終われます。
モバイルゴー 11502円→28140円(244%)
※合法的詐欺の疑い掛けられてるのに
ギガワット 28921円→46896円(162%)
※トークンレンタルで仮想通貨日々ゲット出来る(塩漬けマンの保有数では10日で200円分ぐらい)
※共に上場直後は2~4倍ぐらいにはなっていたと思います。

↓具体的なICO詐欺については昔の記事を見てください
詐欺ICOの見抜き方と仮想通貨事件例

尚、今現在多数の草コインがTo The Moom(仮想通貨が何百倍~何千倍に暴騰する事)していますが、これも大抵有名人や関係者の買い煽りや、金持ちグループの価格操縦&ネットでの買い煽り(掲示板やSNSで世界的に買い煽る)なので注意して下さい。
※例えスキャムコインでも、このように、どこかの取引所に上場さえしてしまえば、投機家のおもちゃで暴騰したりします。

仮想通貨ばかり責めるのもあれですので、株もセミナーとか商材とかインチキ本とか投資顧問とか詐欺的なのが溢れている世界ですので注意してください。
そう考えると、株をやってる人が、仮想通貨を怪しんだり責めるのはお門違いですよね。
仮想通貨だけをやってる人からしたら、株こそが仕手筋とかアルゴとかいて、詐欺師が跋扈してる怪しい世界に見えるでしょうから。

実際、昔効率的市場仮説が流行っていた頃のアメリカでは、【ランダムウォークマフィア】という効率的市場仮説を唱える学者達がいて、証券関係者を詐欺師と見なしていました。
過激な学者になると、「株価の騰落が分かる、株で利益を出せる」という証券関係者(投資信託とか)を、検察官の元へ行って詐欺罪で逮捕するように説得していた程です。
※仮想通貨も数十年経つと当たり前になって関係者が詐欺とか言われない世の中になるかもですね。

株とはそういう世界なのだと理解して投資を行わなければいけません。
どうしてそういう世界のままなのかと言うと、金融庁(証券取引等監視委員会)が仕事をしないし、東証には正義も公平もなく自分たちの金儲けを優先しているからです。
また、証券取引等監視委員会の仕事をし易くしたり、取引所を規制する法律を国会議員が作らないから(業界から献金でも貰ってるか、金融庁の利権の問題か?)です。

尚、株式投資の本で
「簡単!1日~分で稼ぐ」
「株で~億稼ぐ」
「テクニカルで楽して金儲け」
「~~が教える~~投資術」
「~億稼いだ~~投資法」
「必勝~~投資法」

こんなのは全部インチキ本です。
インチキハウツー本を見分ける方法は簡単で「儲ける」「稼ぐ」「必勝法的文言」の言葉が入ってる本はインチキだと思ってください。
※塩漬け基準

株を実際やれば分かりますが、すごく大変です。
楽して勝ってる人がいたら、それは運で勝ってるだけなので、日々の努力を怠り、奢っていると足元をすくわれます。

株にしろ仮想通貨にしろ、自分で勉強して調べた事だけが真実であり、勝つ方法ですから、他人に頼らず楽をせず努力をしたいものです

↓中国大手「OKCoin」出身のChangPeng Zhao氏が設立した、多数のアルトコインを取り扱い、短時間で大手取引所に成長した香港取引所。口座開設はこちらからどうぞ


↓多数のアルトコインを取り扱う香港取引所。口座開設はこちらからどうぞ


↓多数の種類の仮想通貨が買える取引所。口座開設はコチラからどうぞ
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

↓日本最大手の取引所。ここ経由で提携サイトで買い物したらビットコインが貰えちゃう。口座開設はコチラからどうぞ
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

↓トークン等取り扱い商品の種類が豊富でスプレッドが低めの取引所。


↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)






↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1
2018-01-03 09:18 | カテゴリ:仮想通貨
こないだ仮想通貨で面白い実験をすると言っていたのは、バイナンス上場仮想通貨(トークン)全部買いです。
※持ってたりコインチェックとかで買えるのは除く
バイナンスに上場されているBTC建の仮想通貨(トークン)は100種類近くありますから、この中にはお宝がある事を願って全部1万円分買いです。

これをしようと思った契機は2つあります。
一つはリップルの高騰です。
リップルって仮想通貨の位置づけですが、ほとんどトークンに近いです。
・用途が特定
・発行主体が大部分を保有(→上がってもそいつらが金儲けするだけ)
・発行主体が管理(→発行主体をトラストしなければいけない)


ですので塩漬けマンは避けていたのですが、今回暴騰したことで、
「あぁ、市場はとっくにトークンを認めていたのか。仮想通貨じゃなくても、便利なシステムや優秀なプロジェクトのトークンは上がるのか。」
って思いました。

二つ目はEOSのICOが成功した事です。
普通ICOはプロジェクト内で価値が出るようにトークンを設計して、それを売る事で資金調達します。
でないとトークンを買う人がおらず、資金調達できないからですが、実際は資金集めのために夢ばかり語っている荒唐無稽なプロジェクトに、無理やりこじつけた価値のトークンを売りつける場合が多いです。
そんな中、EOSはホワイトペーパーで「トークンに使い道はないし、将来的にもない」売るトークンが無価値である事を宣言する潔さ!!
100%純粋に資金調達だけのICOであると宣言したにも関わらず、プロジェクトが本物(?)だったためトークンは飛ぶように売れ、実際上場後、なんと無価値にも拘わらず時価総額10位前後まで上げ、現在13位となっています。

そういう時代になったのだと、古い価値観を捨てて、新しい価値観に順応する事にしました。
相場でうまく行かない時は自分の考えが間違っている時で、相場のコンセンサスに自分を合わせなければいけません

そもそも株もインカムゲインがなければ無価値なのにインカムゲインのない株式も株価がついて高値で取引されてますよね。
会社の価値=株の価値
になっているからです。トークンも一緒で、使い道とかどうでもよくて、
プロジェクトの価値=トークンの価値
と考えるべきなのかもしれません。

すると世界を見渡すと、優秀なトークンなんて山ほどあります。
そしてバイナンスには沢山のトークンが上場されており、たまたま塩漬けマンはバイナンスの口座を持っています。

・・・全部買っちまえ!!
って事です。

思い返せば、仮想通貨デビューも最初に多数の仮想通貨が上場されているコインチェックに口座を作って全部買いした所から始まりました。
結果、120万を800万にしてしますが、反省として、ビットコインを一番持っているが、ビットコイン以外の方がパフォーマンスが高いです。
※ビットコインは買い増していったからパフォーマンス悪いというのもあります。

中でも、上記の理由で損切したリップルを持ってたらテンバガーです。
THE DAO事件でHFして誕生したイーサリアムクラシックは論外と買いませんでしたが買ってたらテンバガーです。

仮想通貨の予想は当たりません。
ですので、上記の反省も踏まえて今回は真の全部買いです。
中にはスキャムコインもあるでしょう。
そもそもバイナンス自体がスキャムかもしれません。
それを言ったら日本の有名取引所だって塩漬けマンは信じてないです。
スキャム的な所あると思っています。
しかしスキャムを恐れていてはリターンは得られないと学びました。

冷静に考えてみてください。
東証に上場している会社だってスキャム的な所は沢山あります。
・不当に高額な絵を売る会社
・ネットワーク商法的な販売方法をしている会社
・酷い契約でアパート建てさせる会社
・ITリテラシーの低いご老人を食い物にする会社
・何やってるかよく分からないけど増資で投資家から合法的にカツアゲばかりしている会社
・金融庁に指名手配されて東南アジアに逃亡中の人が支配している会社
・裏で怪しい人が支配している会社
・凶悪な確率の課金ガチャでユーザから金を絞り取る会社
・会計テクニックを駆使していい財務諸表に見せかける会社
・買収テクニックを駆使していい財務諸表に見せかける会社


そしてこれらの企業の方が投機では儲かるという事実・・・その世界で生きている塩漬けマンにとって、仮想通貨のスキャムごときを恐れる理由はありません( ・`ω・´)キリッ
※当たり前ですが、最大限のリスク管理を行う前提

↓現在の状況はこのようになっています。
20180103バイナンス
※三日で、ビットコイン建ですので、ビットコインは7%増え、金額ではビットコイン価格の上昇もありますが12%増えています。
※概要調べるの、まじで大変でしたよ・・・つらたん(´・ω・`)

これ、買うのガチで大変でした。
3時間かかりました。
2018年1月1日、深夜1時に起きて、テレビでは芸能人が新年特番できゃっきゃして、新年に浮かれる一般人をよそに、塩漬けマンはひたすら仮想通貨を注文注文また注文!
いちいち下に刺すとかせず、もう適当に上値を買っていく!ときどき流動性が全くないのがあってビビりつつも、気にしたら負けと注文注文また注文。

税金の関係(含み益の仮想通貨で別の仮想通貨を買ったら利益確定で税金発生)で、年が明けたら買おうと思っていたのですが、これを功を奏して、ビットコインが安めの時に買えました。

買った後は、「僕は一体何を買ったのだろう?」と、仮想通貨を調べていきました。
買う前に調べなくて良かったです。
「絶対スキャムだろ!」っていう怪しいのもあり、調べてたらとても買えませんでした。
※「これはスキャムだろ」って見送ったICOの通貨もありました。というか話題になったICOは大体上場されてました。
※上場通貨を投票で決めるという話ですので、沢山の人が買っている有名通貨は大体上場されるのだと思います。逆に言えばスキャムコインも上場されている可能性というリスクを考えてください。
しかし、詳しく見てないので、適当だしあてにしないで欲しいのですが、ICOに参加してたらICO価格から100バガー行ってるのもありました。

ICOは9割スキャム(塩漬け主観)ですが、そうじゃないのを買えば、リターンは莫大だと思いました。
特にバイナンスのような大手取引所に上場されるICOは大きな値上がりが期待出来ます。
ただ・・・人気ICOって1日持たずに、数時間で目標金額を達成して終わっちゃいますからね・・・超人気の本物ICOは数分で終了とかいうのも・・・
調査能力と機動力が試されます。
・ホワイトペーパー(英語)を読み、流行るか見抜く、最低限スキャムかは見抜く能力
・大手取引所への上場情報の素早い取得
・開始と同時に速攻買う能力

これらをネット情報(まとめとかブログとか)に頼らずやらなければいけません。
どうして頼ってはいけないかというと、そういうのに載るICOはアフィリエイト目的で、スキャムICO程、アフィリエイト報酬が高額なため、必然的にそういう情報はスキャムICOばかりになります。

スキャムICOの特徴は沢山あって、前まとめましたが、
詐欺ICOの見抜き方と仮想通貨事件例
一番分かりやすい、スキャムじゃないICOの特徴は【適切な目標(上限)金額がある】です。
※上限があっても高すぎたら勿論意味ないです。
※スキャムじゃなくてまともなICOは上限があるが故に一瞬で終わってしまいます。

他には、アフィリエイトは勿論ない方がいいです。
※スキャムじゃないICOはアフィリエイトなんかしなくても買いたい人が殺到しますから。

とりあえず、バイナンス全部買いの結果、1年後どうなってるか、乞うご期待!!
20180103仮想通貨状況

あ、そうそう、今さらですが、コインチェックが以下の基本方針を12月29日に発表しました。
計画されたハードフォーク及び新コインへの対応指針
意訳すると「ちゃんとしたHFコインはちゃんと付与するから安心して預けておいてね」って事ですが、ゴールドとダイヤモンドいつになったら・・・

ちなみに似たような声明は12月13日にZaifも出していました。
ハードフォークにより今後分岐が予想される仮想通貨の対応について

とりあえずビットコインハードフォークはもう考えなくてもいいと思います。
ICO禁止の中国で中国人がICOの代わりに金儲けしたいだけというのが基本ですから。
ただ、油断してたら、無視してはいけないハードフォークが行われてはいけないので情報収集は必要と思います。

↓中国大手「OKCoin」出身のChangPeng Zhao氏が設立した、多数のアルトコインを取り扱い、短時間で大手取引所に成長した香港取引所。口座開設はこちらからどうぞ


↓多数の種類の仮想通貨が買える取引所。口座開設はコチラからどうぞ
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

↓日本最大手の取引所。ここ経由で提携サイトで買い物したらビットコインが貰えちゃう。口座開設はコチラからどうぞ
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

↓トークン等取り扱い商品の種類が豊富でスプレッドが低めの取引所。ただしアクセス集中でよく止まります


↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)






↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1
2017-12-23 10:31 | カテゴリ:仮想通貨
昨晩のビットコインの乱高下で色々噂が飛び交っています。
株と同じく、仮想通貨でも、相変わらず投資家は「大口」だの「陰謀」だの「機関の操作」だの、存在しない幻と戦ってるんだなと思いました。
自分が確認した客観的事実だけが事実です。
※真実ではない。自分も勘違い、思い込み等をするから
他人、特にネットで得た情報は参考情報止まりで、風説に惑わされないようにしなければいけません。
塩漬けマンも基本ネットで得た情報でブログを書いているのでよく間違いを書いていたりしますので、信じないようにしてください。

さてビットコインは匿名性が高いとか言われていますが、見方を変えたら透明性も高く、大口の動向が知りたければ、以下のサイトでビットコイン大量保有者の動向がわかります
Bitcoin Rich List
これを見れば「大口が~」っていうような風説を見抜く一助になります。
勿論、以下のような事は留意してくださいね
・漏れがある
・これに載らない保有方法がある
・アドレスベースなので、沢山のアドレスに分散してたらこれに乗らない大口がいる
・アドレスを共有している場合1つのアドレスで所有者は複数の場合も


とりあえず塩漬けマンが思ったのは、これがコインチェックなんですけど、レンジが日本円13万~20万でピッタリですよね。
20171223bit.jpg
ビットコインって日本円で見た切のいい数字を見るのではなく世界はドルで動くので、ドルで見た切のいい数字を目安にしなければいけないと思っていたのですが、日本円でいいようです。

ただ、これは日本の取引所だからこうなっただけで、ドルベースで動いてる外国の取引所ではドルで切がいい数字になっていた(取引所間で価格差が発生)かもしれません。
他にも、多分Zaifでは14万円が底値だったと思います。
他の通貨でもZaifを見てて思うのは、あんまり下げないという事です。
Zaifで取引している人は投げ売りとかしないのかなと。
※注文が通りにくい取引所という理由からかもしれませんが
ですので、本当に大底で買いたければコインチェックがいいかもですが、流動性が低いZaifではプチフラッシュクラッシュが起きてかなり下で買えるかもしれません。

ところでいつになったらバイナンスはライトニングビットコインを付与してくれるんだろう・・・
バイナンス・・・もしかして付与してくれないのかな・・・(´・ω・`)ショボーン
取引所って付与しないって宣言して、実は付与して新コインを持ち逃げ出来るので、【信頼】が大事になります。
ですから、自己責任でいいので、基本的に全部付与する取引所、もしくはウォレットがあればいいのですが。
秘密鍵を完全自己管理するウォレットに入れておいて、自分で付与するという技術を身につけなければいけないのか・・・

↓多数の種類の仮想通貨が買える取引所。口座開設はコチラからどうぞ
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

↓日本最大手の取引所。ここ経由で提携サイトで買い物したらビットコインが貰えちゃう。口座開設はコチラからどうぞ
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

↓トークン等取り扱い商品の種類が豊富でスプレッドが低めの取引所。ただしアクセス集中でよく止まります


↓多数のアルトコインを取り扱い、ビットコインのハードフォーク通貨を基本的に配布する方針で短時間で大手取引所に成長した中国取引所。口座開設はこちらからどうぞ


↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)






↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1
2017-12-02 09:54 | カテゴリ:仮想通貨
■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。またコメントは荒らし対策のためツイッターを利用しています。■

仮想通貨に関する所得の計算方法等について(情報)

まず計算方法は前このブログで国税に問い合わせた内容と同じでした。
でも上記の資料の方がわかりやすいです。

とりあえず今まで以下の都市伝説が流布されてましたが、明確に否定されました。
仮想通貨で物を買ったら課税されない→そんなはずない
仮想通貨はフィアット(法定通貨に換金)しなければ課税されない→そんなはずない

複数回売買した場合の取得単価は移動平均法が妥当ですが、継続して使うのでれば総平均法でもいいようです。

今までも雑所得として扱うと言われてきましたが、特定の条件で事業所得にも出来ると書いてありましたが、これの敷居は高いので、ほぼ出来ないと考えておいた方がいいです。
※チャレンジする人は頑張ってください。FXとかで裁判までした人もいますが無理だったようです。個人事業主であれば可能性は上がるし65万の青色申告特別控除が出来ます。
※でも上記資料に記載されている要件は「例えば、その収入によって生計を立てていることが客観的に明らかであるなど、その仮想通貨取引が事業として行われていると認められる場合にも、その所得区分は事業所得となります。」なので、当てはまると思う人は、確定申告の時にやってみるのも手です。
事業所得のメリット等については↓こちらをどうぞ
事業所得になる副業と雑所得になる副業の違い

2点、想定外だったのがあります。

ハードフォークで付与されたビットコインは、もらった時に時価で税金払うと思っていたら、貰った時は0円なので無課税で、売った時に課税だそうです。

もう一つはなんと仮想通貨FXの税金が、FXのように申告分離課税でなく総合課税だった事です。
要は税率が20%でなくて普通に高い雑所得の税率って事です。
総合課税だから他の所得で損失を出してたら通算出来ますが、分離課税である株やFXの損失とは通算出来ないって事なのかな?
その辺よくわかってないです。

要は、これを見て思った事は塩漬けマンの場合は、以下の通りです。
※サラリーマン等年末調整をしている人の確定申告をしなくていい所得は20万円までです。38万円は自営業。
・仮想通貨での買い物は利益38万円以内になるようにし確定申告を避ける
※利益になっていなければ、勿論ガンガン使えばいいです
※年収が2000万円を超えている年末調整をしている人は20万円以下でも確定申告必要→仮想通貨で買い物するな
・仮想通貨を買ったら、別の通貨に換金しない
※利益になっていなければ、換金しても問題ないし、利益38万円以内でも問題ない
・日本円が欲しかったら年に195万円以内の利益確定として最低税率の5%にする
・申告分離課税が適用されて税率20%になるまでガチホ(何年後になる事やら)

※FX口座以外(取引所でなくて販売所等)で買った分については申告分離課税が適用されない可能性大なので注意
・仮想通貨での決済が一般的になると、仮想通貨の税制は大きく変わる可能性があるので、それまでガチホ

最後ですが、仮想通貨決済が当たり前になったら、確定申告しないといけない人多数生まれますが、普通に通貨を使っている意識でいると、儲けてる意識もなく確定申告なんてしないですから、脱税になる人多数です。
FXが申告分離課税になったように、時代に合わせて法律の方を変えざるを得ないと思います。
※申告分離課税になるって言ってるのではないです。通貨として普通に使う分には利益分でも無課税になると思います。そうなってからフィアットすればいいのですが、そこまで仮想通貨が流通すると、もうフィアットする意味もないです。

↓多数の種類の仮想通貨が買える取引所。口座開設はコチラからどうぞ
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

↓日本最大手の取引所。ここ経由で提携サイトで買い物したらビットコインが貰えちゃう。口座開設はコチラからどうぞ
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

↓トークン等取り扱い商品の種類が豊富でスプレッドが低めの取引所


↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)






↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1