2014-11-16 12:35 | カテゴリ:所見日記
こないだ観光に行った時に感心したビジネスモデルを見つけました。

想像を絶するような田舎に行ったのですが、美味しい蕎麦屋があるからと、そこへ行きました。

国道から小さい道に入って結構車で掛かる、田舎の中でも田舎にあるお店でした。

なのに・・・長蛇の列!予約してないと2時間待ちとか・・・

どうしてか・・・以下のような感じです。

・こだわりの十割蕎麦

メニューは手打ちの十割蕎麦のみ!
ザルかつゆかって感じです。
定食にすると天ぷらとか炊き込み飯とかついて1500円


・立派な古民家と日本庭園

築100年以上でしょう・・・という古そうな古民家なのですが、大名屋敷か?昔の庄屋か地主だったのか?ってぐらい凄い立派な古民家で、趣がありました。

・土日祝日だけの昼のみの営業

観光客等が来ない平日に営業しても客来ないですからね・・・

ビジネス的に見ると、これは凄いですよ。
まず、メニューが一つなので仕入れとかの手間が少なく、料理も楽です。
定食も「季節の料理」なので、あるものを、いるだけ仕入ればいいという感じ。

もっと言えば、必要なのは蕎麦粉と米と季節の野菜でしょ・・・土地は腐る程ある田舎なので、平日休みなら、これ全部自分で作れちゃいますね・・・

また、都会のお店だと、いかに回転を早くさせるかが勝負(そのために立ち飲みだったり、店内音楽をテンポの速い曲にする店も・・・)ですが、ここは逆の発想で、注文してから料理を作るので、凄く遅いです・・・でも出来たての美味しい料理で、またそののんびり感が田舎っぽくて良い

そして料理の単価が異常に高い
一人平均1200円とすると、30人来たとして、1日36000円
土日祝日の営業なので、月平均10日として36万円
月の1/3しか働かずに月給36万って・・・うらやましい・・・
※しかもこれなら平日は株出来ますね(笑)

単価が高くても、田舎すぎて他の外食産業がないので、ライバルはゼロ
田舎に紅葉を見に来た人や最近多い自転車好きやバイク好きはほぼ全員この店に来ます。

また単価が高くても許せるだけのクオリティ(料理の味は勿論、立派な古民家や日本庭園、洗練された食器、店員の心温まる対応等)を持っている。
※デザートは柿でしたが、ちっさくてしょぼい柿だったのに、なぜかこの空間で、このお洒落な器に、このお洒落な盛り付けで出てくると、「こういう柿が高級で美味しいのか」・・・と家の畑で取れる美味しい柿を毎日腐る程食べている塩漬けマンをもってしても、錯覚させられましたね・・・(´・ω・`)しょぼーん

まぁ年収にすると、432万・・・夫婦で贅沢しなければこれで十分ですよね。
※どうやらここの人達は平日は都会の方で別のお店やって稼いでいるようですが。

↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://shiodukeman.jp/tb.php/729-7dc5d776