2012-12-06 20:00 | カテゴリ:塩漬けマンと父親
塩漬けマンの父も株をやってます。

以下のような経緯です。

長年まじめに働いて貯めたお金を野村證券の可愛いお姉ちゃんの勧誘によって投資信託に注ぎ込む
大損・・・もはや詐欺のレベルですよ。話を聞くと浅はかな父を憐れみ、野村證券に怒りが込み上げてきます

定年退職してまとまったお金と時間が入ったので投資信託みたいな人任せじゃなくて、損したお金を自分で取り返そうと、本気で株を開始
→グリーとかで大損父も損切り出来ない人です

私も父もチャートの勉強をしたり、投資情報をお互い伝えながら、切磋琢磨しています。

そこでよく父から「この銘柄いいよ」って言われて、その中から、テクニカル指標が良好な銘柄を買っているのですが、父に言われて買った銘柄はことごとく下落します。

そのくせ、
「下がったじゃんっ」
って言うと
「まだ持ってたのか・・・わしはもうとっくに売ったぞ」
「・・・オイ」

ってことも・・・

逆に父に薦められたけど、テクニカル指標があんまりよくなくて買わなかった銘柄が上がったりしています。
父は日経新聞とかかなりチェックして、その上で指標を見て買ってますが、指標を勝手に自分の都合のよいように解釈するくせがあります。
MACDがプラスにいて、DC中なのに、
「もうすぐ反転するな。買いだ」
「・・・え・・・いや・・・どこをどう見たら買いなの・・・」
多分日経とかで取り上げられた株なので指標を無視して上がるのでしょう。
所謂ファンダメンタルですね。決算情報とか将来性とか細かいぐらいチェックしています。

ただ、私の中ではテクニカル分析は短期投資でファンダメンタル分析は中長期投資という位置づけなのです。
そして私も父も短期投資で利益を出すことを目指しています・・・なのでファンダメンタル情報はあんまり役に立たないと思っているのですが・・・
まぁ両方組み合わせると損するリスクは減りますね。

というわけで、塩漬けマンがサラリーマンで時間がなくて、ファンダメンタル情報を集めることが出来ないのにホットな情報をゲット出来るのは父のおかげだったりします。

なので父に感謝しないといけないのですが、父が薦めていた銘柄で塩漬けマンが
「これは下がる銘柄」
って判断した銘柄を空売りして利益とか出した時は
「ほ~らね♪」
っていい気分になります。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://shiodukeman.jp/tb.php/43-ac3d5b84