2014-01-15 17:50 | カテゴリ:所見日記
日本マイクロニクスがストップ安(ノω・、) ウゥ・・

昨日のいちよし証券の格下げに続いて、本日はモルガンスタンレーMUFG証券がよけいなレポートを出しました。

要約すると以下の通りです。
二次電池事業で新たに40億円以上の営業利益を創出しなければ市場の期待値には届かない
主要二次電池メーカーの営業利益率は5%程度なので、二次電池の売上高は800億円を超える必要がある
リチウムイオン電池は試験生産開始から実用化まで5年、市場が1,000億円を超えるまでにさらに5年かかった
ニッケル水素電池も実用化から市場が1,000億円近くまで拡大するのに5年かかった
仮に順調に立ち上がると想定しても、売上高が800億円を超えるまでに10年程度かかる


奴等よっぽど、空売りしているメリルちゃんを助けたいらしい・・・

塩漬けマンは、今年前半には商談まとまって、青森の工場で生産開始。
今年後半には出荷及び利益貢献が始まり、来年から本格的に広まると予想しています※妄想

さて、今日のストップ安でさすがに心が折れました
今日ストップ安近辺で200株買い増しました。
前提として、5000円を割る辺りではNISA買いが入るので、そのラインは中々割らないため、5000円近辺の買いは助かる公算が高いと思ったからです。
そしてその思惑を下支えに引けに掛けて値を戻すと考えました。
でもストップ安張り付きました・・・かなりショックです(ノω・、) ウゥ・・
多分明日全部売ります
ストップ高行ったり、異常に強いと売りません。全ては明日次第です

となると問題はいつ買い戻すのか・・・
マネーゲームは株価がいくらになったら買い戻すとかではなく、イベント契機で動いた方がいいです。

2月7日 第一四半期決算

2月26~28日 二次電池展


決算までの調整具合によりますが、多分決算に向けて1月後半に買い戻すと思います。
どうして決算直前じゃないかというと、上方修正予想とかは1週間以上前ぐらいに出る可能性があるからです。
決算と同時にIRぶつけてくるのもちょっと期待しています。

決算後の騰落具合によりますが、騰がりすぎると一旦売る可能性高いです。

そして二次電池展までには確実に買い戻します
売ってなかった場合は買い増します

さて、電池祭りは終わったので、只今絶賛開催中の新エネルギー祭りについてです。

昨日でMAXで今日早くも終了かと思ったら、まだまだ長続きしそうです。

祭りのメンバーです

エナリス 節電3兄弟 太陽光発電所の建設・販売 2171円 937億
 初日+3.51% 二日目+22.59%※ストップ高張付
グリムス 節電3兄弟 太陽光発電設備 1040円 36億
 初日+6.46% 二日目+16.85%※ストップ高張付
省電舎 節電3兄弟 バイオガスプラント 2700円 39億
 初日+10.50%二日目+22.73%※ストップ高張付
サニックス 太陽光発電機器の販売・施工 1004円 491億
 初日+8.55% 二日目+1.41%
ウエスト 太陽光発電工事 1572円 428億
 初日振るわず 二日目+4.11%
高島 太陽光発電機器 270円 123億
 初日まぁまぁ 二日目+4.65%
NPC 太陽電池の後工程向け装置大手 427円 94億
 初日軟調※前日暴騰 二日目+23.05%※ストップ高張付
北川精機 太陽光発電装置 206円 14億
 初日堅調※大上髭 二日目+32.05%※ストップ高張付
日本アジアグループ メガソーラー開発運営 848円 230億
 初日堅調 二日目+8.72%円
ファーストエスコ 太陽光・バイオマス発電運営 918円 133億
 初日+10.98% 二日目+19.53%※ストップ高張付
FUJIKO バイオマス発電運営 720円 22億
 初日+8.01% 二日目+16.13%※ストップ高張付
日本風力開発 風力発電運営 900円 135億
 初日+5.75% 二日目+6.38%
オーネックス 風力発電歯車加工 191円 31億
 初日まぁまぁ 二日目+30.82%※ストップ高
協和コンサル 風力発電コンサル 217円 12億
 初日+1.10% 二日目+18.58%

当たり前ですが、業績とかどうでもよくて、低位か時価総額が低い銘柄程暴騰する可能性が高くなっています。

塩漬けマンの今日の動きです。
ファーストエスコ 朝-2%ぐらいで拾い、ストップ高手前で売却 +60,183円
協和コンサル 昨日購入で持ち越し +106,742円【含み益】
日本アジアグループ 朝一購入持ち越し +23,877円【含み益】

専業で板に張り付いていたら、祭り継続に気づいて、もっともっと関連銘柄買い漁ったのにな・・・(´・ω・`)しょぼーん
まぁしょうがないです。
今から参戦するなら、上記でまだ騰がっていない銘柄で低位+時価総額低いのをPTSか明日買うか、新しい銘柄を探すかです。

ということは、低位で時価総額低くて、まだ騰がっていない高島辺りが狙い目でしょうか。
既に持っている日本アジアと協和コンサルは状況見ながら買い増し、売却を判断します。

新しい祭りメンバー候補です。

日本インター 太陽光発電機器 281円(+1.08%) 179億
 直近(数日前)の暴騰が気になるが低位+低時価総額ではある
ソーダニッカ 太陽光パネル 446円(0.00%) 112億
 直近(数日前)の暴騰が気になるが低位+低時価総額ではある
新電元工業 電源3社の一角 太陽光発電向けに電力変換器 647円 668億
 ここは優良企業でマネーゲームとは無縁の感じ・・・

ん~・・・過去マネーゲームになった実績がないとな~・・・これらが騰がる保障はないです・・・
素直に既に暴騰している銘柄を拾う方がいいのかな・・・

変り種ではヤマザキハイブリッド(風力と太陽)発電システム
一瞬「お!!」って思いましたが、これってよく工事現場の電光掲示板とかの電力のために使ってるあれですね・・・
これは・・・さすがに・・・ないな・・・

ちなみに、上記を探していたら電源開発が下降トレンドになっている事に気づきました。
多分火力発電の原材料高騰懸念で下がっているのでしょうが、ここって新エネルギーも頑張ってます。
風力発電、リサイクル・バイオマス発電、水力発電、地熱発電となんでもござれです。
さらに送変電事業や卸電力ビジネスと今後脚光を浴びる分野も育てています。
時価総額が4892億なので、今回の新エネルギー祭りとは無縁でしょうし、財務が悪いのは気になりますが、中長期で持つか迷います。

↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://shiodukeman.jp/tb.php/428-dfea6837