2020-12-28 16:29 | カテゴリ:所見日記
●材料●

↓寄り前

ショーケース
【独自】金融機関の3割「多要素認証」せず…金融庁が義務付けへ
→ストップ高張付き ※ショーケース以外の関連銘柄が動いていないのでたまたま煽られて大口が仕掛けるのにショーケースが選ばれただけっぽい

インスペック
シンジケートローン契約締結に関するお知らせ
「ロール to ロール型シームレスレーザー直描露光機についても問い合わせが増加していることから、今後は受注を獲得することが見込まれます」
→+10%

↓寄り後

セキド
11:30 第三者割当により発行された第4回新株予約権(行使価額修正条項及び行使停止条項付)の停止指定の決定に関するお知らせ
→後場GUからストップ高張付き

●●●●

来年のために今年の新興の節税売りをまとめておくと、以下の感じでした。
・12月入ってから天井打って下げだした銘柄、下げ続けていた銘柄がさらに下げ続ける傾向
・月末が近づく程下げが加速していき、外部環境の悪さも相まって22日(節税売り期限の4営業日前)にマザーズ-4%で総悲観
・23日リバウンドで結果的に一部銘柄は22日が直近大底を付けるも、リバウンドしたのは上げ続けていた銘柄で、下がる銘柄は下げ続ける傾向が28日(節税売り最終日)まで続く
・下げ過ぎて売り枯れていた一部銘柄は24日~25日辺りからリバウンドも


今日(節税売り最終日)に限らず、新興は上がる銘柄は上げ続ける、下がる銘柄(下げだした銘柄)は下げ続けるというのはコロナショック後の傾向で、以下の記事を読むと、大型も大体そんな感じだったようです。
7銘柄だけで上昇した今年の日経平均 7割はマイナス

一応今日の新興の値動きをチャートで後付け解説すると
・節税売りが続いて前場下げ続け
・節税売り終わりで後場GUから急騰も結局最後の節税売りで後場も下げ続ける
・さすがに大引け前に節税売り終わりでリバウンド
※日経はトランプが追加経済対策法案に署名でダウ先物に連れて上げただけ
20201228日本市場

さて、マネゲの方はウィルソンが凄い事になって来ました。
10:30に逆日歩が発表され、2円でした。

しかし寄らずストップ高継続で、昼休みに逆日歩10倍適用が発表され、これで今日寄らないのがほぼ確定で、即ち逆日歩6日分が確定しました。

ざっと計算すると逆日歩だけで以下になります。
6日×(2円~20円)×保有株式数
(例)1万株持っていた場合:12万~102万
※逆日歩10倍適用は今日持ち越しで確定した5日分のみで金曜日持越の1日分は非適用
※逆日歩10倍適用=必ず最高料率の逆日歩になるわけではないので2~20円の幅があります。
※逆日歩の上限は当日の株価によって上下するので株価が上がれば最高料率は20円以上になると思います

GWと年末恒例の逆日歩祭りウィルソンに決まった訳ですが、今日を持ち越せば4日分逆日歩が貰えるので、過去逆日歩祭りが起きたマネゲ銘柄で第二のウィルソン候補煽り合戦が始まり、イナゴが乱舞し、把握しているだけで4銘柄程、急騰→急落のイナゴタワーが形成されていました。

そんな市況なので直近IPOに投機資金が来ず、上げる銘柄は上げ続けて(ENECHANGE、ヤプリ、いつも、ココペリがストップ高でプレイド+10%、FFJ+7%、ビーイング+7%)で、下げる銘柄は下げ続ける状況で、下げる銘柄は安値引けの暴落多数の極端な二極化が起こっていました。
本日IPOの赤字バイオクリングルファーマはロックアップ解除手前で初値で、なんと寄り底でストップ高・・・そんなVCに「ロックアップ解除したから売って下さい」って言わんばかりの状況になったので当然売られ続けて高値から-32%、初値から-18%でフィニッシュ。
ファンペップの悪夢を経験していたのでスルーして正解でした。

結局、FFJ、プレイド、ココペリ、ヤプリ辺り、投資的にありかもってのが普通に上がった12月IPOラッシュでした。
ただ、ヤプリプレイドは乱高下が凄くて、とてもガチホは無理なので、初値突撃で値動き的に優しかったのはFFJ(一回ストップ安あったけどね)とココペリという、投資的視点でちゃんと買える銘柄だけでした。

12月はマネゲで惨敗した上にウィルソンを取りこぼしましたが、投資的な理由で保有している銘柄のおかげで前月比プラスまで持ってきました。
マネゲやってなければ余裕で最高利益更新でした・・・
受渡日では今日が最終売買日ですが、塩漬けマンの収支計算は月末で行っているので、後2営業日で最高利益更新目指して頑張りたいですが、今日もほぼ損切しかせず、精神的にはかなり厳しいです。
今日はかなり損切をしたので、税金早く帰って来て欲しいです・・・いつ帰ってくるんだろ。
そして心をフラットにして後二日ラストスパートを頑張りたいです。

●イベント● 赤:米関係
1月20日 アメリカ大統領就任式
12月頃 【アイロム】コロナワクチンの非臨床試験開始予定
12月頃 【ナノキャリア?】mRNAワクチン(コロナ)を設計から、マウスにおける抗体価の確認までを、半年以内(12月頃)には達成できるのではないか
12月28日 節税売り最終日
12月末まで 【イメージワン】ガスハイドレート法によるトリチウム分離技術の検証終了
12月末まで 【MVNO】NTTドコモ、音声通話改定価格(値下げ)を提示
年内 新型スイッチ発売?
12月31日 日本休場・アメリカ開場
1月1日 日本休場・アメリカ休場
2020年上半期中 【カルナバイオ】BTK阻害剤(AS-0871)欧州で臨床試験(フェーズ1試験)を開始予定※自社治験でマイルストーンはない
2020年末頃 【リボミック】加齢黄斑変性(AMD)治療薬候補「RBM-007」の、AMD薬の最大シェアを握る抗体医薬「アイリーア」(バイエル)と直接比較した試験結果が判明してくる見込み
2020年後半 【窪田】クボタメガネの実証試験終了
2020年内 【窪田】クボタメガネのプロトタイプ完成
2020年内 行政手続きの書面・対面規制や押印を抜本的に見直し、撤廃するための政省令改正を年内に実施する方針
2020年 固定価格買取制度(FIT)を改正しメガソーラーはFITでなく卸市場で売買(経産省方針)
2020年 【メドレックス】 MRX-5LBT(リドカインテープ剤)NDA申請見込み
2020年 【FRACTALE】男性腹圧性尿失禁治療に関する医療機器の薬事承認を目指す(2019/12/25国内承認申請
2020年 フェイスブックのデジタル通貨「リブラ」サービス開始
→承認が得られるまでリリースしない
2021年 【日本カーバイド】マクセルが日本カーバイドの再帰光学部材を使用した空中映像と高精度の空中操作が可能な非接触HMI「Advanced Floating Image Display」を市場投入
2021年 【古河電池】再生エネ活用の本命「バイポーラ型蓄電池」のサンプル出荷開始
2021年1月 通常国会召集
・行政手続きの書面・対面規制や押印を抜本的に見直し、撤廃するために法改正が必要な関連法を一括改正
2021年1月 KDDI新料金プラン発表
2021年1月 【アイドマ】アプリクリエイティブクラウド「ラクリ」提供を開始(ノープログラミングで誰でもアプリ開発)
2021年1月 【アイロム】コロナワクチンの臨床試験準備開始予定
2021年1月 【ヘッドウォータ】未来型無人化店舗の商用サービス提供開始を目指す
2021年2月 【水素関連】水素普及に業界超えた協議会が政策提言
2021年2月 ファイザーのコロナワクチンの日本での承認(早ければ)
2021年2月末 「雇用調整助成金」特例措置期限(コロナ支援策)
2021年2月~5月目途 【キャンバス】 CBP501(MSS直腸大腸癌)フェーズ2試験もしくはフェーズ2・3ピボタル試験の内容公表 ※CBP501はMSS直腸大腸癌よりも膵臓癌を適応癌腫とする開発を優先
2021年3月 【アンジェス】治験第二相(500人)の接種期間完了予定→最適な投与間隔などを検証し最終段階の治験へ
2021年3月 【ケイブ】動画配信アプリリリース予定
2021年3月末 【アイロム】コロナワクチンの臨床試験開始予定
2021年4月まで がんゲノム医療開始
2021年春 【リネット】ソラミツHDご合弁会社を作りカンボジアでネット銀行参入を目指す
2021年春 【GFA】レーシングゲームリリース
20年度中(2020年4月~2021年3月) 【藤澤電機】岐阜大と共同でアンモニアから水素製造する装置の商品化を目指す
2021年4~6月頃 【オンコセラピー】S-588210(塩野義に導出)の第三相速報予定
2021年4~6月頃 【ソレイジア】SP-04(PledOx) 国際共同第Ⅲ相臨床試験「POLAR-M」主要有効性評価項目解析の完了予定
2021年夏 【ニックス】ドローンで運搬する荷物の固定装置の発売
2021年中旬 【DNAチップ】肺がんパネル診断研究開発終了、薬事申請予定
2021年10月 【ココカラファイン】マツキヨとココカラ経営統合
2021年 【リプロセル】慶応大iPS心筋、移植の治験開始を目指す(申請中)
※阪大は3年の計画で治験実施中
2022年 【リプロセル】慶応大iPS心筋、移植の承認を目指す(申請中)
2020年初頭 【三櫻工業】SolidPower自動車生産用の全固体電池のテストを開始する予定
2022年度 【FDK】積層可能な10Ah水素/空気二次電池量産化
未定 【カルナバイオ】CDC7阻害剤(SRA141 / AS-141)癌はIND完了だが、シエラ社に導出し最大283億円のマイルストーンだが、シエラ社が他の治験に注力で、CDC7阻害剤は開発方針検討中
未定 【カルナバイオ】ギリアド社に導出した創薬プログラムの癌免疫低分子キナーゼは探索中だが、最大472億円のマイルストーンとなっている
未定 【カルナバイオ】大日本住友製薬との共同研究プログラムの精神神経疾患低分子キナーゼは探索中が最大106億円のマイルストーンとなっている
未定 【シンバイオ】 抗がん剤トレアキシンSyb L-0601FD凍結乾燥材 再発・難治性 中高悪性度NHL2020年5月承認申請完了済みで承認待ち(確度が高く、業績を黒字化させる期待がある)
未定 【シンバイオ】 抗がん剤トレアキシンSyb L-1701RTD液剤 全適応症2019年9月承認申請完了で承認待ち

●ホールド中銘柄含み損益●
20201228保有株

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
トラックバックURL
→http://shiodukeman.jp/tb.php/2935-8450abeb