2020-10-25 11:00 | カテゴリ:雑談
地方自治体の旅行や飲食等の割引キャンペーンも始まってて、それと国のGOTOキャンペーンも合わせると凄いお得になるので、もう有名旅館は予約満員で凄い事になってるみたいです。

実際、最近って塩漬けマンの方のド田舎ですら、土日は行楽シーズンでも閑古鳥が鳴いていた国道沿いの観光客向け飲食店とか、信じられない事に満員御礼です・・・この店にこんなに客入ってるの生まれて初めて見たよ・・・って感じ。
無名な観光施設でも人であふれてて、ちょっと引きます。

アメリカもだけど、バラマキが凄すぎて、財政規律のモラルが破壊されてしまった感があります。

↓これは財務省が出してる資料『我が国の財政事情』(※コロナ前)の「一般会計税収、歳出総額及び公債発行額の推移」です。
20201024財務省公債発行推移
※国債発行額は平成21年の52兆円がリーマンショック時で過去最高

んで、どうやら第一生命の資料によると、コロナ対策予算での国債の発行額は約92兆円と想定されるそうです。
リーマンショック時の約二倍!通常時の約三年分!!

まぁ世界総鎖国のコロナショックでたった3年分の国債で経済危機にならないなら、それでもいいのかなって思いますが。
しかし、これだけ国債を発行してて、大丈夫なのかと経済学者でない塩漬けマンは心配になってしまいます。
尚、利払い費用は毎年大体8兆円前後で、毎年大体35兆円前後国債を発行していたので、差分は27兆円ですが、国債の償還も含めると、国の歳出の内、国債費は約25兆円前後となり、差分10兆円で、そろそろ、国債を発行して得る調達額よりも支出の方が多くなるような・・・
だって、毎年35兆円国債発行しても、35兆円を国債費(利払い+償還)で支出してたら差し引き0円で意味ないでしょ・・・

でもよく聞くこういう論調で、なんか国債って国内の資金で買われているので問題ないと言われています。
・「日本家の家計には1027万円の借金(負債)があります。しかしご近所さんから借りているのは76万円だけです。後は同居しているおじいちゃんや、自宅から職場に通っている息子たちから借りています」となる。そして「日本家全体の」借金(負債)は、おじいちゃんや息子たちの立場から見れば「それぞれの債権(資産)」に他ならない。
・国民一人辺り723万円の借金があると不安を煽るなら、同時にそれは国民一人辺り700万円の資産でもあると言わなければならない

まぁよく分からないけど、日本国債って保有者の大部分が日本国内というのは事実なので、その利子8兆円も無駄金じゃなくて国内で回る景気対策と捉えればいいのかな・・・

難しい事は政治家や官僚や経済学者に任せて、投資家は将来日本が財政破綻する事も考慮してそういうポジションを取ればいいだけです。
つまり、コロナショックの時に50万まで下がったビットコインを買っておけば良かった!!!って事です。
アメリカの大手企業もビットコインを大量に購入しており、ペイパルがビットコイン決済を発表し、絶賛ビットコイン価格が上げまくっています。

実は、コロナショックの総悲観の日、ビットコインも買うつもりで、ビットフライヤーの取引画面を立ち上げてて、50万円切ったら買おうと数字まで入れて購入ボタンを押すだけの状態にして身構えていたのですが、株式の方が底打って反発し始めたので、そこで過去最大二千万円分ぐらいの株式を購入しまくるのに無我夢中で、ビットコインの事を忘れてて、気が付いたら55万円とかに反発してて、買わなかったら、そこが大底でグングン上がっていったのです。
また、「ビットコインを買っても良くても二倍(100万)だろう・・・今株を買えば二倍どころじゃないっ!」と考えて株購入を優先させたのが裏目に出ました。
※でもビットコイン買ってても、100万行った時に絶対利確してただろうな・・・

今のコロナバブルはビットコインにも波及していると思っているので、それが終わってビットコインの価格が下落したら、絶対ビットコインを買っておこうと思います。

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
トラックバックURL
→http://shiodukeman.jp/tb.php/2876-62342189