2020-08-02 09:42 | カテゴリ:農業
桃がなりました。
DSC_0002.jpg

20個以上の袋を掛けたのに、カラスの攻撃から守れたのは5個だけ・・・
毎年、食べれる頃になったらやられるので、その前に防鳥ネットをしないといけないと思っているのですが、今年はまだ堅くて美味しくない時に一気にやられました。
畑に行ったら壊滅状態で、今年もまともに食べれたのは数個だけ・・・
もしかしてカラスも学習してて、早めに食べに来てる?

でも時期が遅い別の品種も植えてて、今年からそっちの木にも実がなって収穫出来そうです。
こちらは防鳥ネットで対策十分♪

味の方は、うちの畑は水はけが悪い土地で、果物が甘くならないのですが、腐る寸前まで木の上で完熟させたので、ハチミツのような濃い甘さで、毎年水気がなかったのですが、今年は水分たっぷりでジューシー♪
DSC_0005.jpg

桃は剪定で木が高くならないようにして、横に広がるようにして、実も沢山つくので、一枝に一個になるように摘果も必要で、とにかくアブラムシが異常に付くので、その駆除が大変で、カラスとの戦いもありますが、手間は掛からない方かな。
何より美味しいのでお勧めです。

アブラムシとの戦いを諦めたら、結構気が楽になります。
↓アブラムシは卵胎生単為生殖で雌だけで、自分のクローンを作る感じで、どんどん子供を産んでいきます(一か月で2万倍とか・・・)。さらに、お腹の中にいる赤ちゃんのお腹には既に子供がいます。要するに孫までいる状態で産むのです。外皮がなく他の虫の餌になる宿命の代わりに爆発的な繁殖力で太古から生き残った生存戦略です。
20200802アブラムシ1
↓葉っぱの裏にびっりし・・・
20200802アブラムシ2

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
トラックバックURL
→http://shiodukeman.jp/tb.php/2794-e105677d