2020-06-21 09:53 | カテゴリ:勉強や投資情報
コロナによる怒涛のIPO撤退戦が終わり、ついにIPO戦線に復帰する勇気ある企業が登場し始めます。
コロナ下でもIPOを強行するには、相当自信のある猛者揃いだと期待したいです。

※数値はこのサイトを参考にしています。
IPO初値予想、読者予想の結果と投票所

■6月24日(水)

[4052] : フィーチャ
【市場】東M (情報・通信業)
【事業内容】画像認識ソフトウェアの開発
【公募株式数】総計:580,000株(公募:150,000株 / 売出:430,000株)売出株式比率:74.1%
【公開価格】520円
【吸収金額】3.46億円
【時価総額】28.1億円
【業績(予想)】売上4億(+42.7%) 営業利益0.72億(黒転) 営業利益率18% EPS7.9円 PER65倍
【ロックアップ】VCが約16%保有でその大部分が1.5倍解除。その他は解除条項なしの180日
【塩漬評】
ITSの画像認識がメインで、トヨタ系の出資を受けており(今どうなってるかは分かりません)
未来創生ファンドからの出資受け入れのお知らせ
代表取締役CTO(32%保有第一位株主)の人が豊田中央研究所出身で、中国人なので、中国企業との業務提携とかのIRも頻繁に出してきそうです。
因みに、21%保有してる第二位株主の人も中国人っぽくて、代表取締役の配偶者で従業員なんですよね。
ちなみに、社長は17%保有でキャノン出身の日本人です。
要は小型でマネゲる要素しかないです。
ただ、会社のイメージはモルフォが近いと思いますが売上が、モルフォ29億に対して、たったの4億なので、かなり小さいですが、小型故に初値が公募の軽く3倍以上になるでしょうから、モルフォの時価総額に近くなる事になり、「割高過ぎでしょ」って言う常識と、「マネゲで上がるでしょ」っていう欲望の戦いの狭間で勇気(蛮勇)が試される展開になりそうです。

[4497] : ロコガイド
【市場】東M (情報・通信業)
【事業内容】チラシ・買い物情報サービス「トクバイ」の運営
【公募株式数】総計:2,346,700株(公募:2,346,700株 / 売出:0株)売出株式比率:0.0%
【公開価格】2,000円
【吸収金額】51.8億円
【時価総額】187億円
【業績(予想)】売上18.7億(+31.5%) 営業利益5億(+47.7%) 営業利益率26% EPS38.53円 PER51倍
※PSR:10倍 40%ルール:57.5
【ロックアップ】第一位・二位株主で94%を保有し、1.5倍解除
【塩漬評】
広告クラウド化のサブスク銘柄としてフェアバリューの公募価格設定になっていると思います。
中型なので早く寄れば買いたいです。
市場シェアは高いですが、逆に言えば成長余地が少ないとも取れます。
ここはカカクコム代表取締役社長、クックパッド代表執行役、くふうカンパニー取締役会長(現職)を歴任したエンジェル投資家、そして菊川怜の旦那として有名な穐田さんが社長で、クックパッドから分割設立された会社です。
尚、コロナで4月上場撤退組で、その時の仮条件なんと2640円だったんですよ・・・コロナで主顧客の小売業界が打撃を受ける悪影響を今回の仮条件1,800円に反映させての大幅ディスカウントですかね・・・どんだけ高値で売りつけようとしてたんだよっ!

[7689] : コパ・コーポレーション
【市場】東M (卸売業)
【事業内容】実演販売を利用した卸売業
【公募株式数】総計:620,000株(公募:320,000株 / 売出:300,000株)売出株式比率:48.4%
【公開価格】2,000円
【吸収金額】14.2億円
【時価総額】58.0億円
【業績(予想)】売上56億(0%) 営業利益7億(-17.9%) 営業利益率12.5% EPS172.94円 PER33倍
【ロックアップ】全員解除条項なしの90日(一部持ち株会だけ180日)
【塩漬評】
今まで順調に成長していたが、おそらくコロナの悪影響今期予想は売上変わらず、減益予想となってますが、それは攻めれないし、その分4月上場予定時(撤退)の仮条件2,600円から1,560円と大幅ディスカウントしてくれての、公募価格2000円となっています。
レジェンド松下さんとかテレビで見た事あるような気がするし、第四位株主にも名を連ねています。
今後は店頭での実演販売が難しくなるけど、その分テレビで補えるか・・・?
中型なのでマネゲ的にはないし、投資的にもコロナ下では厳しいと思われるが、それでも上場してきた勇気に敬意を表します(*`・ω・)ゞ健闘を祈る!

■6月26日(金)

[4496] : コマースOneホールディングス
【市場】東M (情報・通信業)
【事業内容】ECプラットフォーム関連事業
【公募株式数】総計:534,000株(公募:150,000株 / 売出:384,000株)売出株式比率:71.9%
【公開価格】1,600円
【吸収金額】9.82億円
【時価総額】60.1億円
【業績(予想)】売上22.4億(+3.6%) 営業利益3.4億(-8.4%) 営業利益率15% EPS60.6円 PER26倍
【ロックアップ】全員1.5倍解除
【塩漬評】
SaaSでECを提供してると言えば聞こえがいいけど、サブスク企業としては売上成長たったの3.6%でダメダメ。ECサイトと言えばロックオン(現イルグルム)が超有名だったけど、上場後株価が長期低迷したように、ECプラットフォームって儲からないし成長性もないんですよ。だってフリーソフトで誰でも簡単にやろうと思えば出来るし、多数の中小企業も参入してて典型的なレッドオーシャンだからです。
なので、投資的にはないけど、小型なので、「コロナでECが流行る!」みたいな安易な煽りでマネゲ化はするかもですが、初値高くなりそうな上に、ロックアップがないに等しいですよ・・・
因みに、ここもコロナで4月上場撤退組で、その時の仮条件は1,690円で今回1,270円と結構ディスカウントしてくれていますが、正直、この公募価格でも割高感が勝つかな・・・

まとめると、マネゲ的にフューチャ、投資的にはロコガイドって感じかな・・・
まぁ、最近って塩漬けマンがダメだと思ったIPO程マネゲってるので、逆に、コパとコマースが来るかもですが(´・ω・`)ショボーン
てか、久しぶりのIPOだし、金余りとか言われてるし、ご祝儀で全部来るんじゃないですか?(適当)

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
トラックバックURL
→http://shiodukeman.jp/tb.php/2752-30b8d2e7