2020-06-14 08:44 | カテゴリ:雑談
時々、インターネットは繋がってるけど、新しいHPを開こうとすると開けなくなる障害が起きるようになりました。

これ、トラブルシューティングでは最上級に難しい奴です。
例えば、証券会社のツールは普通に動いているけど、材料が出て、調べようと、ブラウザでHPを起動すると「HPを開けません」ってエラーになるんです。
でもツールは動いているのでネットワークに問題があるなんて普通は思いません。

かなり謎症状です。こういう時は以下の方法で障害の切り分けを行っていきます。

↓トラブルシューティング↓

①サブPC、父のパソコンでも同様の事象が起きる事を確認
→塩漬けマンのパソコンに問題がある訳ではなくネットワークに問題がある事が確定

②モデムとルータを再起動して障害が解消された事を確認
→モデムかルータのどちらかに問題がある事が確定

③同じ障害が再現した時に、モデムを再起動せずにルータだけ再起動して障害が解消された事を確認
→ルータに問題がある事が確定

んで、障害発生頻度が月に2~3回で、例えば特大材料が出て秒単位の戦いをしている時に障害が発生すると、困るので、ルータを買い替えました。

家電量販店にある中でNECの最上位機種(13000円)にしました。
大は小を兼ねるので、こういうのはケチってはいけません。

例えば今までは二階の父の部屋まで電波が届かなかったのですが、上記の機種なら、なんと電波が届きました。
「これでベッドで寝ながらNetflixが見れる」Netflix嵌り爺になっているので大喜びでした。

これだけ電波が届くなら、LANケーブル配線をしなくても、無線子機ルータを増設することで家の隅々までネットワークを使えるように出来ます。
数年後はあらゆる家電がネットワークに繋がるとしたら、同時接続にも耐えれる高性能ルータにしておけば安心です。
数年後は5G時代になって外部のネットワーク環境が変わるかもしれないのに、家のルータがボトルネックになっていたら意味がないので、ルータは良いものにしておいた方がいいと思います。

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
トラックバックURL
→http://shiodukeman.jp/tb.php/2741-134f4fca