2020-03-20 10:27 | カテゴリ:雑談
昨晩ようやく世界的にリバりましたね。
やはり恐怖を感じた二日前のダウは総悲観だったのか?
これでコロナの全てを織り込んでリバウンド開始なら月曜日から買いに行かないとです。

さて、今回のコロナショックとブラッククリスマスの時のダウの日足チャートを見比べたのですが、今回ヤバすぎですね・・・
陰線の長さが全然違う・・・
20200319ダウ比較

塩漬けマンの体感的には
ブラッククリスマス > コロナショック
でしたが、多分ブラッククリスマスの時は頭から尻尾まで喰らってて、爆損損切の雨嵐だったのに対して、今回は暴落初動ではロングノーポジの上に天井ショート決めてたぐらいで、ショートを早漏決済した後も不用意にロングをポジらずに堪えて暴落回避してたからだと思います。

ていうか、ブラッククリスマスの後の期間、ダウの値動きが1日で大きくても300ドルとかって平和過ぎません?
しかもこれCFDだから、日本時間も含めてほぼ24時間でたったこれだけの値動きです。
返して!平和だったあの頃を!!
てか、1月のブログを見てみたら、たった日経-200円で「コロナショック襲来!」とかって大騒ぎしてて、馬鹿かと・・・平和ボケしてたあの頃に戻りたい・・・

コロナショックが終わって、大量ロングしたら、正直基本三か月は放置して利益を伸ばして爆益を狙いたいです。
とりあえず今週の激闘の疲れを癒すために外出して羽を伸ばしたいです。
家にいても動画見てぐーたらしてるだけだし、外へ遊びに行くのはいつも漫画喫茶だけだし。

ただ、コロナが収束しないと観光地へは行けません。
コロナ感染のリスクを最小限にするのも平日絶対に休めない投機家に取って大事なリスク管理の一つです。

そしたら何が出来るんでしょうね・・・登山とかしない人だし、ドライブしかないな・・・超田舎の温泉にでも行こうかな。
超田舎で客も少ないし、流石に大丈夫でしょう。

まだ途中ですが、まじで今回のコロナショックお疲れ様でした。
今の所生き残っている、リスク管理が出来ている投資家・投機家は、今後何が起きても大丈夫ですね。
これ以上の異常な相場は10年以上先でないと起きないと思います。
生き残っている人は、相場に残れた喜びの贅沢をしてもいいと思います。

ただ、塩漬けマンに取っては、大底で大量ロングを仕込むという一番大事な戦いが続きます。
それに暴落もまだ終わってないかもしれないので、一時の休息の後は、来週からの激闘に向けて準備をしたり、気を引き締めていきましょう。

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
トラックバックURL
→http://shiodukeman.jp/tb.php/2658-5854b1ba