2019-12-18 17:02 | カテゴリ:所見日記
●材料●

↓寄り前

中村超硬
固定資産の譲渡に関する正式契約締結のお知らせ
→寄り天+1%

小僧寿し
第三者割当により発行された第6回新株予約権の行使完了に関するお知らせ
※資金調達完了で上場廃止回避が好感
→+28%GU寄り天+13%引け

FVC
イチネン
「線虫」でがん早期発見 検査技術実用化 東京のベンチャー企業
FVC +11%GU寄り天+1%引け
イチネン +4%

ストリームメディア
2019年中国ドラマ上半期人気NO.1胸キュンラブストーリー!!「あったかいロマンス」DATVで 2020年2月 日本初放送スタート
若手の登龍門!Webドラマ特集「思いどおりにする恋愛」DATVで 2020年1月 日本初放送スタート
→ストップ高張付き

↓寄り後

マクアケ
11:00 アリババグループAlifishが運営する「造点新貨」と「Makuake」が業務提携 〜「Makuake」実施企業の中国進出を相互サポート〜
→ストップ高

カーチス
13:00 合弁会社設立に関する合弁契約締結のお知らせ(開示事項の経過)
→一時ストップ高+19%も最後急落+11%引け

いすゞ自動車
14:00 【独自】いすゞ、ボルボと包括提携…トラック次世代技術で協力
→+5%上がるも+1.5%引け

日立化成
14:40 昭和電工、日立化成TOB発表思惑?で動意
→引け後正式発表 ※1株につき金 4,630 円(本日終値4080円)
日立化成株式会社株式(証券コード4217)に対する公開買付けの開始予定に関するお知らせ

●●●●

大型を大量にショートしてて、先物までショートしているので昨晩はドキドキでしたが、アメリカ市場は高値更新も強くなく、明けて日本時間ではダウ先物はそんなに下がっていないのに、日経だけひたすら弱く売られました。

米中貿易協議第一弾合意は織り込み済みだったので、なんか「これで下がる理由がなくなった」って言っている人いましたが、真逆で、「これで上がる理由がなくなった」が正解だと思います。
後は位置的にも、ファンダ的にも、高すぎる株価は重力に従って自然落下するだけです。

何かショックがあったらさらに激しく暴落します。
どうやら、それに北朝鮮が意識されている模様。
前、無視していいと書きましたが、どうも不穏度は増しており、
北朝鮮「クリスマスプレゼント」は長距離ミサイルか 米司令官
それは日本市場では細谷火工石川製作所の株価に現れます。

さて、昨日ショートしたのに怖くて持ち越さなかった任天堂が結構なGD・・・まじかって思いながら、ショートして損切して、また意地でショートしたら結構下がりましたが・・・昨日持ち越してるだけで楽に10万だったのに・・・

そして新興も大きく下げる銘柄多数で、こうなると、資金はマネゲに集中します。
昨日買って利確したボルテージが寄らずストップ高でショック
KUMADAIマグネシウム材料は本命の不二サッシがなんと-10%で、おまけの東邦金属が寄らずストップ高。
そしてまさか、ストリームメディアがあんな材料でストップ高張付き・・・
このようにマネゲは低時価総額が絶対であるという点と、結局金持ちが吊り上げた銘柄が上がるってだけのシンプルな世界なので、材料の中身より、銘柄の属性とかが大事になります。

もう一つのマネゲ、直近IPOの方は、昨日突如としてストップ高のテクノフレックスが-10%と難しい値動き。
マクアケにアリババ材料が出て、新興軟調時の投機資金の避難所に選ばれたのかストップ高。
四日撃沈のメドレーが+8%
二日撃沈のランサーズが+13%
昨日初値で賑わったフリーが-3%
そして今日は初値持越だったウィルズと本日上場の3銘柄に注目が集まります。

勿論、初値高すぎのウィルズは絶対にスルー
だって、初値が公募の4.7倍って・・・流石に常軌を逸している・・・
ほぼ初値天井で、高値からは-18%の暴落
尚、 初値持ち越したユナイトアンドグロウが多分明日ウィルズみたいになると思います。

中型のバイセルも約2倍で初値で、勿論スルー
こちらもほぼ初値天井で高値から-19%ストップ安地獄絵図

そんな中、勿論塩漬けマンが選んだのはJTOWER
こないだのブログで書いた本命って言ってたの、JTOWERです。

投機的な理由は簡単で、ここって、ローカル5G銘柄だからです。
↓資本業務提携をしているNTTと着々と進めています。
NTTとJTOWERが提携、5G基地局のシェアリング推進へ
↓1年も前から検討していたぐらいですから
ローカル5G帯域を利用した 5Gユースケース
今って5Gなら、関係ない銘柄でも何でもこじつけられて株価が上がる相場になっています。
上記のようにガチの5G関連銘柄なら、時価総額があるけど、マネゲ的にも面白いです。

投資的な理由も簡単で、ここは皆大好きストック型ビジネスモデル銘柄だからです。
なんと今現在の売上のほとんどがストック型。
なので、今の時価総額500億に対して、売上たった24億円だと、PRS20倍で超割高に見えますが、ストック型なので、見るべきは売上成長率です。
なんと売上成長率77%
これを今をときめくストック型ビジネスの銘柄と比較してみましょう
Sansan +35%
カオナビ +53%
ラクスル +53% ※予想未開示につき実績
フリー +53%
マネーフォワード +60%

どれよりも高いです。どうして高いのか?上記の銘柄も最初ってもっと高かったと思います。
つまり、売上成長率が大きいJTOWERは今がまだ成長の初動だと思います。
事実、2年平均+67%成長でストックを積み上げ続けています。
20191218JTOWERストック

そして、例えば、クラウド会計だとフリーマネーフォワードで熾烈なパイ争いが起きています。
広告宣伝費という使ったら消える、まさに捨て銭でパイを奪い合って赤字経営している状況です。
※尚、通信インフラシェアリングではJTOWERオンリーワン企業で競合がいないブルーオーシャンとなっています。

そこへ行くと、JTOWERは何で赤字なのか?
携帯基地局等の設備投資の減価償却費です。
減価償却が終われば安定的に利益を延々と生み出し続けてくれるお金の成る木を今沢山作っているから赤字なのです。
捨て銭ではありません!
しかも、便利なアプリが出たらすぐにそっちに移る一般人が顧客ではなく、大手通信キャリアから利用料を貰うのです。
しかも、携帯基地局等を設置した建物がなくならない限り、携帯が存在する限り、長期に渡ってずっと
しかも、楽天が増えるので、楽天も必然的にJTOWERの設備があれば使うでしょうから、楽天からもお金を貰えるようになります。

なので、この手の会社というのは営業利益でなく、減価償却費等を足したEBITDAを見ないといけません。
↓わざわざ、JTOWERの決算予想資料にEBITDAを載せてくれています。「ここを見ろ!本当は赤字じゃないぞ!!黒字なんだぞ!!!」って凄い主張しています。
20191218JTOWER決算

まぁ投資的には財務は一見凄く悪いです。
でもこれ、長期前受収益って勘定科目が凄く多いから、自己資本比率や流動比率や固定比率の数字が悪くなっているので、この、長期前受収益次第かなって思います。
後、上場して資金調達するので、その分は今よりも改善されると思います。

前置きは置いといて、上記のように確信がある銘柄だったので、初値が吊り上がって、凄く高かったですが、勇気を持って想定資金の半額で初値突撃したら、最初上がりだしました。
「しまった!半額しか買えてない!もっと買わなきゃ」
と焦っていると下がりだしたので、初値はもう割れないだろうと、その前に追撃したら・・・
余裕で初値割れどころか、大暴落開始!!
「まずい・・・ロットがデカい・・・含み損に耐えれない・・・損切しなきゃ・・・」
しかし、上記のように確信がある銘柄なので、損切出来ません(ノω・、) ウゥ・・
こういうストック型ビジネスモデルの銘柄好きって多いので、必ずリバると思って前場終了・・・
そしたら、後場大幅GDで、さすがに底だろうとナンピン
そしたら、さらに急落!ストップ安行くのか?と恐怖におののきながら、さらにナンピン
皆、これがダメトレードの見本だぞ!
しかし、そこが底。
なんと大底ナンピンに成功
後は皆さんご存知の通り、塩漬けマンの予想通り、なんと、底値から+15%のあり得ないリバウンドで一時プラ転♪

二時まで地獄でした・・・何回損切しようとした事か・・・
20191218JTOWERチャート

一時プラ転する寸前にナンピンしていた分の一部を利確!
利確千人力だぜ!
明日もし押したら、その分また下で買い戻すためにな!
押さなければもう買い増さずに放置!
既にかなりのロットをつぎ込んでいます。
今年最後の大勝負に出ていますっ!

しかし、これ、ちゃんと損切して、下まで待って買い戻してたら、とんでもない含み益になってたのにな・・・(´・ω・`)ショボーン

●イベント● 赤:米中 青:日米 オレンジ:米その他 紫:欧州懸念
12月 【オルトプラス】ヒプノシスマイク事前登録予定
12月24日 【5G関連】ローカル5G免許申請受け付けへ
12月下旬 北朝鮮、「重大問題」で月内決定
2019年夏~秋 【GNI】 孫会社Continent Pharmaceuticals Incが香港証券取引所メインボード市場上場可否
2020年3月まで(2020 年3月期中) 【免疫生物】認知症関連タンパク質として、アミロイドβを中心とした種々のタンパク質に対する抗体・測定系の日本上市目指す(海外では販売中)
2020年3月まで(2020 年3月期中) 【免疫生物】難聴・めまいの原因を生化学的に診断できる世界初のバイオマーカー「CTP(cochlintomo-protein)」に関する発明の製造(日本国内での薬事申請・販売は権利譲渡した他社が担当)
2019年度中 【ライドシェア関連】政府は相乗りタクシー解禁を目指す
2019年後半 【メドレックス】MRX-1OXT(オキシコドン)P1b試験実施予定
2019年後半 【メドレックス】MRX-1OXT(オキシコドン)導出計画?
2020年1月 米中貿易協定発効
2020年1月9日 トランプ大統領弾劾裁判開始(想定)
2020年1月31日 ブレグジット期限
2020年2月 【インスペック】世界初となる長尺 FPC(フレキシブル基板)をシームレスに連続露光可能なロールto ロール型シームレスレーザー直描露光機受注開始
2020年2月 【5G関連】 ローカル5G運用開始(見通し)
2020年2月中旬 米政府、ファーウェイ禁輸猶予期間を90日間延長の期限?
2020年2月7日?(2019年第4四半期) 【シンバイオ】 抗悪性腫瘍剤「トレアキシン®」の再発・難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)を対象とした第Ⅲ相臨床試験のトップライン結果を報告
2020年3月まで NHKネット同時配信を開始したい方針
2020年3月まで 【リボミック】 RBM-007等でライセンスアウト、事業提携等で1億円の売上予想(=そのIRが出る可能性がある ※2020年4月からの1年で売上1億円達成出来なければ上場廃止)
2020年3月 【オルトプラス】ヒプノシスマイクリリース予定
2020年4月 【賃貸保証関連】債権法改正によって「瑕疵担保責任」は「契約不適合責任」へ
2020年6月 【モブキャスト】 シン・エヴァンゲリオン劇場版公開
2020年6月末 【岡藤HD】日産証券と経営統合の最終合意を目指す
2020年上半期 【シンバイオ】抗悪性腫瘍剤「トレアキシン®」承認申請予定
2020年8月頃 【デルタフライ】抗がん剤候補化合物DFP-14323(ウベニメクス適用追加)のウベニメクス後発衣料品としての製造認可予定
2020年 【カジノ関連】カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備に当たっての基本方針公表
2020年 固定価格買取制度(FIT)を改正しメガソーラーはFITでなく卸市場で売買(経産省方針)
2020年度 がんゲノム医療開始
2020年 【メドレックス】 MRX-5LBT(リドカインテープ剤)NDA申請見込み
2020年 【ソレイジア】SP-02(新規抗がん剤、国際一般名:darinaparsin、一般名:ダリナパルシン)の第Ⅱ相臨床試験(最終試験)の試験結果報告予定
2020年 フェイスブックのデジタル通貨「リブラ」サービス開始
→承認が得られるまでリリースしない
2020年後半 【DNAチップ】肺がんパネル診断研究開発終了、薬事申請予定

●ホールド中銘柄含み損益●
追加で空売りしたり、買い戻したりした銘柄あります。シルバーライフは東証一部に市場替え予定なので、決算&分売暴落を拾いました。
20191218保有株
JTOWER【現物】 +151,273 一部利確してて、現物なので数字違うかも。しかしつくづく、下で拾えば爆益だったな・・・
日経先物【空売】 +44500

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
トラックバックURL
→http://shiodukeman.jp/tb.php/2560-3d6109a5