2019-12-11 17:07 | カテゴリ:所見日記
●材料●

↓寄り前

ソレイジア
開発品SP-04日本販売権導出契約の締結、資本提携(第三者割当による新株式の発行)及びその他の関係会社の異動に関するお知らせ
マルホ株式会社との当社開発品SP-04に関する日本における独占的販売ライセンス契約締結および資本提携のお知らせ
→寄らずストップ高

YE DIGITAL
西鉄エム・テック株式会社との業務提携に関するお知らせ
→一時+13%まで急騰するも+2%引け

Nuts
クリニックの新規開設に関するお知らせ
→+5%GU寄り天+0%引け

↓寄り後

セメダイン ※↓で取り上げられているエレファンテックに出資
自動車のワイヤハーネスが不要に、「次世代フレキ」の衝撃
→ストップ高張付き ※記事は早朝で、動いたのは煽られた13:00から

●●●●

昨日書いた通り、FOMCは現状維持で無風でしょうが、昨晩から、米中貿易協議の続報が出て、乱高下・・・
クドロー委員長、最終決定はない-15日予定の対中追加関税の発動巡り
完全にブレグジットと一緒じゃん!
これじゃあ様子見になりますよね。

なので、ほとんどの銘柄が閑散に買いなしでジリ安の中、そういうの関係なく買われる銘柄はしっかり上がる展開で、非常にやりにくいです。
まず塩漬けマンの持ってたので動いたのが、昨日の小田原機器に続き、イメージワン
一旦利確したけど、買い戻して正解でしたよ。
持ってない時&今日みたいな動きにくい日に上げられるとショックですからね。
でも、小田原にしろ、イメージワンにしろ、最初より枚数減っています・・・

ところで、イメージワンが上がっている理由が5Gとか書かれている記事ありましたが、いや違うでしょ・・・普通に決算評価でしょ・・・
最近って上がってる銘柄、全部5Gにしとけばいいって感じですよね。
ラサ工業+8%とかも5Gらしいですよ(笑)

5Gって建設インフラから電子機器からサービス提供する企業から、幅広過ぎるので、上がってる理由が分からない時に後付け理由にするのに最適ですよね。
それだけ大きな材料って事で、数年前に始まった5G祭りは、最初はサイバーコム、アルチザネット、ネクストジェンだけだったのに、アイレックスが加わり、日本アンテナとかインフラ系が参入し、電子機器に広がり、多摩川が新たなスター銘柄になり、もう拾いきれないぐらい銘柄が増えました。
↓他にも5Gって言われて騒がれてる銘柄多数だと思いますが、拾いきれないので目に付いたのだけ適当に追加してます。
20191211_5G.jpg
※楽天証券の登録銘柄一覧にメモ機能がついて本当に良かったです。どうして5G関連にこじつけられているのか、忘れるので、最近はメモの所にしっかりメモるようにしています。

今日は新しい試みとして不動産銘柄を買ってみました。
このブログを始めた頃は不動産も買っていましたが、なんとなく経験則で、不動産株は上がらないなってなって、敬遠するようになりました。
短期的な投機マネーが来ない感じです。
後は、アベノミクス好景気&五輪で、不動産って今が天井だと思っているので、今買っては駄目だと思っているからです。
しかし、ソフトバンクのWeWork問題を調べてて、不動産銘柄を色々見てみたら、業績の拡大と共に、あんまり景気とか関係なく上げ続けてる銘柄もあるし、そういうのを時価総額が小さい内に買っておけば、業績の拡大に応じて上げ続け、しかも高配当銘柄が多いので、結構美味しい銘柄もあるんじゃないかと思って。
時価総額小さければ、ラアトレみたいに、三日連続ストップ高みたいな事にもなりますしね。
んで、さっそく、昨日好決算を出した不動産銘柄のグッドコムロードスターを買いました。
グッドコムは本決算で今期予想が30%成長です。底値からは既に4倍で、今更買うのかよって感じで、まさに不動産銘柄を完全スルーしてきたつけが出てますが、3%近い配当も出しているので、とりあえず買ってみました。
上場来高値近辺なので、青天井となるのか、長い時間軸で見たダブルトップとなるのか、まぁ決算銘柄は数日はファンダで動くので、テクニカルは完全無視です。
ロードスターは不動産というか、不動産テックなんですけど、もううろ覚えですが、上場時に不動産テックって言って上場したくせに、実情はただの不動産屋じゃん!って感じだった銘柄だったかな。それは別のだったかな・・・
注目した点は勿論以下の二点
・今回の上方修正で56%成長になった ※勿論不動産売却益は一時的な利益なのであんまり意味ないけど
・不動産クラウドファンディングが順調に伸びている

これは、今日上場したマクアケでクラウドファンディング市場を調べてて、市場の8割以上が投資型クラウドファンディング(マクアケは購入型)でかなり市場規模も伸びているというのが分かって、だったら、ロードスターかなと。

ただ、不動産銘柄を買うなら、ちゃんと貸借対照表を精査しろって話ですけど、まぁそれは勉強するとしてとりあえず、まずは売買してみて値動きの確認です。

そしてその注目IPOのマクアケです。
勿論買いました。
今回の年末IPOラッシュっていい銘柄がなくて、単純に、マネゲ的に目立ってるのに資金が集中するんじゃないかなって思って。

後、マクアケのサイトを見てみたら、これって購入型クラウドファンディングって触れ込みですが、確かに、新規プロジェクトを応援する趣旨の(大ヒット映画『この世界の片隅に』みたいなの)もありますが、どうもそういうイメージと違うのがほとんどです。
これ、割引セールサイトです。
↓例えばこれを例に挙げます。
gafasddfafa.jpg

目標金額10万円でなんと177万円と約17倍集まっています。
それもそのはず、3500円を支援すれば、3850円分の商品が貰えるのです。
アマゾンで同じ割引価格で売っても売れないと思いますが、マクアケなら目標の17倍の大人気となります。
アマゾンは「こういう商品が欲しい」と決まっている人が来るけど、マクアケは「割引商品が欲しい」という人が集まっているからです。
他にも外食系では、大体支援金より1000円分ぐらいお得なクーポン券が貰えます。
後、目立つのは輸入系で、面白そうな商品を輸入して、支援者はそれが貰えるんですけど、普通に買うよりも30%OFF前後の支援金になっているパターン。
=つまり、支援というか、30%OFFでその商品を買っているのと同じ事

しかもこれって、出品者からしたら生産・仕入する前に売れる量が決まってて、さらに料金を前もって貰えるので、リスクゼロで生産・仕入出来るので、出品者側の需要が凄く高いと思います。
って思ってたら、しっかりその辺をマクアケも意識しているようです。
マクアケの中山社長「強みは『生産前需要』の創出」

『この世界の片隅に』みたいな話題作も生み出し、大手メーカーも利用しており、結構流行るんじゃないかと思って。
んで、マクアケはプラットフォーマーですから、成約金額の20%を自動的に徴収するだけ・・・流行れば流行る程、利益だけが増え続けるビジネスモデル。
出品者も掲載は無料ですから、案件は尽きる事がありません。

ただ、今日もALINKに連れて動いていたように、直近IPOなんて最初は所詮マネゲですから、株価がどうなるかは分かりません。
今日の所は初値から+9%で引けましたが、Sansanのチャートとか見て貰っても分かる通り、この手の銘柄は、短期的にも中期的にも、凄い激しい値動きをするので、利確千人力は間違いないです。
つまりアウトのタイミングが大事で、利確出来ない病の塩漬けマンはどうせ損切で終るんだろうなって思います(´・ω・`)ショボーン
だって、今日一時+16%とか上がってたインスペックを今日も利確出来ませんでしたからね(笑)

最後に、まさかダメダメだと思っていたALINKが一時ストップ高で、こいつが正解のIPOだったとは・・・これって時価総額が小さいからってだけで、まさに直近IPOマネゲですが、こういう、短期で利確出来るのをちゃんと取れるかって大事です。
好決算銘柄や特大材料やマクアケみたいに期待出来るのは、もっと上がると思って利確が出来ずに、結局損切で終ります
上がるのがおかしい銘柄が上がっているマネゲは、その奇跡が起きている内に、後腐れなくちゃんと利確出来るのが最大のメリットです。

●イベント● 赤:米中 青:日米 オレンジ:米その他 紫:欧州懸念
10月15日 対中関税第1弾~3弾の2500億ドル(約26兆円)に対する25%の関税を30%に引き上げ
→10月13日 米中貿易協議第一弾合意により延期
→11月中旬 APEC首脳会議で米中貿易協議第一弾合意の詳細がまとまれば米中首脳正式署名?
→開催国のチリで暴動激化でチリでの開催は中止。代わりの開催国で開く?
→11月7日 ロンドンで12月?
→11月21日 来年に先送り?
→11月25日 中国との第1段階合意、年末まで「なお可能」=米大統領補佐官
→12月4日 米中合意「大統領選後でも良い」、トランプ氏が言及
12月 【ケイブ】マルチチャンネルネットワークビジネスサービス提供開始
12月 【オルトプラス】ヒプノシスマイク事前登録
12月 【5G関連】5G移動通信システムの電波を地域限定で企業や自治体に割り当てる「ローカル5G」を制度化
12月? 米朝協議
12月12日 イギリス総選挙
12月15日 アメリカ、一部延期されていた対中関税第四弾発動(15%)
12月15日 中国、一部発動されていなかった対米関税発動
→米中貿易協議第一弾合意の正式署名次第?
→11月22日 米国は12月15日発動予定の関税遅らせる公算、合意なしでも-SCMP
→12月3日 米商務長官、合意なければ15日に関税上げ 中国けん制
12月下旬 北朝鮮、「重大問題」で月内決定
2019年夏~秋 【GNI】 孫会社Continent Pharmaceuticals Incが香港証券取引所メインボード市場上場可否
2020年3月まで(2020 年3月期中) 【免疫生物】認知症関連タンパク質として、アミロイドβを中心とした種々のタンパク質に対する抗体・測定系の日本上市目指す(海外では販売中)
2020年3月まで(2020 年3月期中) 【免疫生物】難聴・めまいの原因を生化学的に診断できる世界初のバイオマーカー「CTP(cochlintomo-protein)」に関する発明の製造(日本国内での薬事申請・販売は権利譲渡した他社が担当)
2019年度中 【ライドシェア関連】政府は相乗りタクシー解禁を目指す
2019年後半 【メドレックス】MRX-1OXT(オキシコドン)P1b試験実施予定
2019年後半 【メドレックス】MRX-1OXT(オキシコドン)導出計画?
2020年1月 米中貿易協定発効
2020年1月まで 【サンバイオ】SB623 外傷性脳損傷の薬の製造販売の承認申請を目指す
2020年1月31日 ブレグジット期限
2020年2月 【インスペック】世界初となる長尺 FPC(フレキシブル基板)をシームレスに連続露光可能なロールto ロール型シームレスレーザー直描露光機受注開始
2020年2月中旬 米政府、ファーウェイ禁輸猶予期間を90日間延長の期限?
2020年2月7日?(2019年第4四半期) 【シンバイオ】 抗悪性腫瘍剤「トレアキシン®」の再発・難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)を対象とした第Ⅲ相臨床試験のトップライン結果を報告
2020年3月まで NHKネット同時配信を開始したい方針
2020年3月まで 【リボミック】 RBM-007等でライセンスアウト、事業提携等で1億円の売上予想(=そのIRが出る可能性がある ※2020年4月からの1年で売上1億円達成出来なければ上場廃止)
2020年3月 【オルトプラス】ヒプノシスマイクリリース予定
2020年6月 【モブキャスト】 シン・エヴァンゲリオン劇場版公開
2020年6月末 【岡藤HD】日産証券と経営統合の最終合意を目指す
2020年上半期 【シンバイオ】抗悪性腫瘍剤「トレアキシン®」承認申請予定
2020年8月頃 【デルタフライ】抗がん剤候補化合物DFP-14323(ウベニメクス適用追加)のウベニメクス後発衣料品としての製造認可予定
2020年 【カジノ関連】カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備に当たっての基本方針公表
2020年 固定価格買取制度(FIT)を改正しメガソーラーはFITでなく卸市場で売買(経産省方針)
2020年度 がんゲノム医療開始
2020年 【メドレックス】 MRX-5LBT(リドカインテープ剤)NDA申請見込み
2020年 【ソレイジア】SP-02(新規抗がん剤、国際一般名:darinaparsin、一般名:ダリナパルシン)の第Ⅱ相臨床試験(最終試験)の試験結果報告予定
2020年 フェイスブックのデジタル通貨「リブラ」サービス開始
→承認が得られるまでリリースしない
2020年後半 【DNAチップ】肺がんパネル診断研究開発終了、薬事申請予定

●ホールド中銘柄含み損益●
↓イグニスとかBEENOSとかクルーズとか損切しまくって、しかも売った所より上で買い戻してるので含み損が少ないだけで、確定損は多いので、見た目より全然儲かってないです。尚、鎌倉新書のショートは決算を避けるために利確しました
20191211保有株
UMC【現物】 +120,253
マクアケ【現物】 +104,641

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
トラックバックURL
→http://shiodukeman.jp/tb.php/2554-1f420fb9