2019-12-01 09:44 | カテゴリ:YouTube
今回の動画の1:13で炎が出てくるじゃないですか。


これってAviUtl(動画編集ソフト)で作った炎です。

凄くないですか?
YouTubeをする理由って前書いた通り、動画編集ぐらい出来ないと一般人としてダメな雰囲気になっているので、動画編集技術を身に着けるために始めたのですが、どんどん技術を身に付けていっています( ・`ω・´)キリッ

っていうのは冗談で、実はこれ、やり方を紹介してるYouTubeがあって、その通りに設定しただけです。


どうしてこの設定でこんな見事な炎が出来るのか、全く理解していません(`・ω・´)シャキーン
まぁ真似していけばいずれ理解出来るようになるかと。
ただ、理解しても、「図形」の「ノイズ」を使って炎を作ろうなんてアイデアすら浮かばないと思います。
天才の発想力が必要です。

こういうのってプログラムと一緒で、プログラムって全て四則演算、変数、定数、配列、ループ、条件分岐してるだけで、誰でも1時間勉強したら出来るようになります。
でも、誰でもプログラムが出来るようになっても、誰でも凄いソフトが作れるわけではありません。
誰でも日本語は理解出来ても、誰でも直木賞を取れるわけではないのと一緒です。
誰でも証券口座を作って株を売買出来るけど、誰でも勝てるわけではないのと一緒です。

動画編集とかも出来るのは当たり前で、そこから先は才能の世界です。
ただ、AviUtlが凄いなって思ったのは、これってボランティア精神溢れる人が作ったフリーソフトで、沢山の有志がプラグイン(便利な追加機能)を作って無料で公開しているので、何でも出来る上に、「こういう事出来ないかな?」ってググったら、速攻やり方を解説したサイトに辿り着けることです。
要は、ググっただけで、天才と同じ事が出来るんです。

他の有料ソフトって、使ってないから分からないけど、ググっても答えって出てこないと思うし、勿論天才の発想力が必要な事はマニュアルにも書いてないです。

例えば、今回、炎を作ったわけですが、これって他でも使いまわしたいなって思ったのです。
そこで凡人の塩漬けマンが思い付いたのは、炎の部分だけ動画ファイルにして、他の画像にかぶせて、半透明にしたらいいんじゃないか。
↓やってみたらこんな感じ

※元の画像が暗くなってるし、炎は薄くなってます・・・微妙・・・

そして、ググったら速攻もっといいやり方(クロマキーっていうのを使う)が出てきました。
↓やってみたらこんな感じ


※元と遜色なく合成されています。炎を切り出して合成する事も考慮して作るともっと上手く出来たと思います。
※これは発想力でなく、合成する機能を知ってれば出来ますが、ただ、ググれば速攻やり方が分かるメリットはここでも発揮されています。
※因みに、素材用の炎の動画はネットに落ちているので、それを使って合成すればもっと自然な炎演出が出来ます。

まだまだ、初心者にも達していない段階ですので、どんどん上手い人の真似をして動画編集技術を上げていきたいです。

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
トラックバックURL
→http://shiodukeman.jp/tb.php/2533-c405c7c0