2019-11-02 04:00 | カテゴリ:YouTube
いよいよ名所・史跡巡り岡山編最終回の三回目です。
今回は戦国時代の史跡が多いので、あの宇喜多直家にスポットを当てています。
宇喜多直家、改めて調べてみて、やっぱりぱねぇっすは!:(;゙゚'ω゚'):
化け物ですは・・・。゚(。ノω\。)゚。

宇喜多直家は中国地方三大謀将の一人に数えられ、他の二人は以下の通りです。
尼子経久・・・戦国時代初期、出雲守護代から下克上で尼子家を十一ヶ国太守の地位まで領土拡大し、謀聖と呼ばれる。
「剛柔虚実・・・ただ剛とは柔の末、虚は実の元なり」
毛利元就・・・中国地方の二大勢力、大内、尼子を下克上で倒し、小規模国人領主に過ぎなかった毛利家を10か国を制する大大名に成長させ、謀神と呼ばれる。
「能や芸や慰事、何もかも要らず。ただただ武略、計略、調略こそ肝要にて候」
「謀多きは勝ち、少なきは負け候」


毛利元就は相当悪い事をしていますが、裏でこそこそやって、表向きはいい人づらしていますが、宇喜多直家堂々と悪い事をやって隠さない所が清々しいです。

↓宇喜多直家の詳細は動画をどうぞ


因みに、この三連休も塩漬けマンは新たな名所・史跡巡りの旅に出ています!
次はどこなのか?
乞うご期待!!

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
トラックバックURL
→http://shiodukeman.jp/tb.php/2511-a5173b56