2019-03-16 10:18 | カテゴリ:勉強や投資情報
■3月18日(月)

[7058] : 共栄セキュリティーサービス
【市場】JQS (サービス業)
【事業内容】施設警備、雑踏・交通誘導警備を中心とした警備業
【公募株式数】総計:430,000株(公募:400,000株 / 売出:30,000株)売出株式比率:7.0%
【公募価格】2,100円
【吸収金額】10.3億円
【時価総額】30.2億円
【ロックアップ】VCはいないが大株主の10%ぐらいにロックアップ掛かっていない
【PER】約8倍
【塩漬け評】五輪関連という材料以外は、小型でマネゲるかもねとしか言えない

■3月19日(火)

[1451] : KHC
【市場】東2 (建設業)
【事業内容】事業子会社5社(戸建注文請負、土地仕入及び販売、建売住宅の販売、建築物の設計・施工管理など)の経営管理を行う持株会社
【公募株式数】総計:1,534,000株(公募:200,000株 / 売出:1,334,000株)売出株式比率:87.0%
【公募価格】850円
【吸収金額】14.9億円
【時価総額】33.2億円
【ロックアップ】日本アジアグループが100%株式保有し解除条項なしのロックアップ90日
【PER】約6.7倍
【塩漬け評】これ中型だけど、不人気で低く寄れば、逆にセカンダリーマネーゲーマーに取っては美味しく、ロックアップも完璧なので需給次第の純然たるマネゲになるかもしれない。

[7059] : コプロ・ホールディングス
【市場】東M (サービス業)
【事業内容】建設業界に特化した人材派遣事業を行う事業子会社の管理・運営
【公募株式数】総計:1,400,000株(公募:400,000株 / 売出:1,000,000株)売出株式比率:71.4%
【公募価格】2,090円
【吸収金額】33.6億円
【時価総額】104億円
【ロックアップ】約95%を締める第一・第二株主に解除条項なしの180日ロックアップ
【PER】約10倍
【塩漬け評】中型なのでロックアップの掛かりはよくてもマネゲ的には厳しく、初値それなりには高くなりそうなので投資的にも厳しい。

[4436] : ミンカブ・ジ・インフォノイド
【市場】東M (情報・通信業)
【事業内容】AI、クラウドインプットによる情報生成技術を活用した金融情報メディア(「みんなの株式」等)の運営並びに金融機関向け情報系フィンテックソリューションの提供
【公募株式数】総計:2,740,200株(公募:1,000,000株 / 売出:1,740,200株)売出株式比率:63.5%
【公募価格】1,050円
【吸収金額】33.8億円
【時価総額】131億円
【ロックアップ】ざっと見た感じ約30%以上をVCが保有し、1.5倍でロックアップ解除
【PER】約86倍
【塩漬け評】株探にはお世話になっているけれども、普通にセカンダリーはないね

■3月20日(水)

[7060] : ギークス
【市場】東M (サービス業)
【事業内容】ITフリーランスの働き方を支援し、企業向けに技術リソースのシェアリングを提供するIT人材事業、ならびにIT人材育成、ゲーム・動画制作等
【公募株式数】総計:810,000株(公募:622,000株 / 売出:188,000株)売出株式比率:23.2%
【公募価格】1,930円
【吸収金額】17.9億円
【時価総額】97.4億円
【ロックアップ】約17%保有のVCが1.5倍ロックアップ解除
【PER】約21倍
【塩漬け評】ゲーム(女性向けソシャゲ)の従業員が約半分の148人と一番多く、事業別の売上・利益は前期実績で
IT人材事業:9.2億・5億
IT人材育成事業:1.6億・0.3億
ゲーム事業:12億・1.7億
動画事業:1億・0.1億
インターネット事業:0.1億・-0.8億 ※ゴルフサイト
グローバルリクルーティング事業:1.2億・-0.05億円
となっており、売上も半分はゲーム事業で稼いでいる。※利益が上記を足したらもっと多くなるはずだけど・・・自分で目論見書を確認して下さい。
マネーゲーマーはゲーム事業に目が行くかもしれませんが、まず凄いと思ったのが、IT人材事業の利益率。今季も3Q累計で8億・4億なので、毎年50%ぐらい利益になっているっぽい。フリーランスのIT技術者紹介のプラットフォームなので経費が抑えられている模様。後は売上(沢山のITフリーランス技術者の囲い込みと顧客企業への営業)がどれだけ増やせるか。
ゲーム事業はバンダイやスクウェアと組んでやっていて、レベニューシェアかどうかは分からないが、ヒットしてると言えるのはアイドリッシュセブンだけなのにちゃんと黒字なのは堅いビジネスでやっていそう。オリジナルではやらなさそうなので大ヒットぼろ儲けっていうのはなさそうだけど。
中型なので低く寄ればいいけど、多分初値は高くなりそう。そうなった時に、ソシャゲ銘柄バブルも終わっている現在、しかも利益を上げているのはソシャゲではない会社でPER21倍以上が許容されるのか・・・ただ、働き方改革やシェアリングエコノミーと言われている今では、IT人材事業はソシャゲよりもテーマ性があるかもしれない。

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
トラックバックURL
→http://shiodukeman.jp/tb.php/2280-807bc974