2019-02-15 16:19 | カテゴリ:所見日記
■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。またコメントは荒らし対策のためツイッターを利用しています。■

●材料●

↓寄り前

アクセルマーク
アクセルマークとMomo、業務提携契約を締結
→無風でソシャゲ銘柄決算暴落は買いの法則も発動せず-6%

エムアップ
連結子会社の異動を伴う資本業務提携に関するお知らせ
→GUから速攻ストップ高張り付き ※好決算も

↓寄り後

アイサン
国内全域の自動運転サービス実証向けインシュアテックソリューション「Level IV Discovery」の共同開発に向けた業務提携のお知らせ
→-4%から+10%程度急騰するもマイ転引け

ZMP関連
12:30 毎年やってるような採用サイトマネゲ
FVC 一時+15%程度上げるも+3%引け
アートスパーク 一時+5%上げるも+3%引け

●●●●

昨晩、政府機関閉鎖で延期されていたアメリカ経済指標の小売売上高が発表されました。
アメリカ・小売売上高 前回0.2 予想0.1% 結果-1.2%
アメリカ・小売売上高(コア) 前回0.2 予想0.0% 結果-1.8%
20190215小売売上高
楽観的なアナリスト予想を大幅に下回り、尚且つ、直近では群を抜いて悪い数字で、悪サプライズ。
いつもは「指標は全も」の格言通り、為替も先物も動いてもすぐ戻るのですが、さすがに悪すぎで、ダウ先物は高値から-300ドルとか下げる展開。
ドル円も全もどころか、延々掘り続ける展開。

ところが、アメリカ市場が開くと、呆れる程強い・・・ナスダックはそうそうにプラ転し、ダウも一時プラ転する強さ。
そして明け方に発表されたエヌビディアの決算は悪決算織り込み済みで、ブラッククリスマスからかなりリバっていたにも関わらずさらに上げるという・・・
エヌビディア、11~1月純利益49%減 懸念ほど悪化せず株価急騰

こういうのを見てると、アメリカ市場って悪材料を全部織り込んでリバってるんだなって思いました。
なので、追加の悪材料が出ない限り強いリバウンドが続くのかなって・・・思ったので、逆にショートの握力を強くしてみました。
みんながそう思ったら総楽観になって即ち天井ですので。

尚、そんな強いアメリカ市場を横目に世界最弱日本市場
日経 -239円(-1.13%)
マザーズ -10(-1.23%)

と軟調で、新興は直近上がっていた銘柄を中心に暴落していたので雰囲気は悪かったです。
↓こういうのを見てるといかに利確が大事か思い知らされます。
UUUM -12% ※一時ストップ安
ラクスル -9%
サン電子 -8% ※好決算後絶好調だった
トレンダーズ -15% ※TikTok関連として賑わったのに
大塚家具 -15% ※9:25に決算と増資で一時ストップ安

スルガ銀行 ストップ高 ※決算通過で?
そして、エクストリームが失望決算でストップ安張り付く中、ソシャゲ関連決算暴落は買いの法則は発動せず、むしろ寄り天多数。
Aiming ストップ安
アエリア -13%
オルトプラス -6%
モブキャスト -6%
Klab -4%
カヤック -6%

※決算通過してたエディアやアカツキやgumiも大幅安

今日は材料はあまりいいのが無かったので、決算で注目していた銘柄はエムアップ、メドピア、セレス、エスユーエス、リンク
そして、結局上がるのを掴めない塩漬けマン・・・いや全部上がったのですが、なぜか損切しかしてない塩漬けマン・・・

まずエムアップとセレスは寄りで買わなかったらストップ高張り付きでした・・・はい、ストップ高二つ見逃し。

メドピアは寄りで買ったのですが、下がりまくったので損切して、またインして損切して、こういうのを粘着してももう駄目だと諦めたら、結局寄りから+2.8%で引けてました・・・

次に、リンクとエスユーエスはストップ高まで上がったのに、握力強くしたら下がって、逃げてインして損切を繰り返すいつものパターンで、諦めないのに限って下げ続ける・・・最終的にはリンクだけ意地で買って持ち越しました。

エスユーエスは人材派遣とコンサルのよくあるIT企業で普段ならスルーなのですが、ここって自社開発のAIを収益化しているので面白いと思ったのです。
2018年 AIマッチングソリューション「SUZAKU」リリース 組織心理学×AIが人事部門の課題を可視化 根拠ある人材の採用・育成を支援します
低時価総額でAI・RPAやってる会社で尚且つ、業績のついてきている銘柄は持っておきたいのです。

なので、AI・RPAの早期立ち上がりにより業績が良かった日本サードは再び拾っておきました。

リンクは直近IPOで業績の良かったIT系(特にクラウド・SaaS企業)は化けるので、リンクはクラウドではない(SaaSは定義によっては当てはまるかも)ですが、面白い業務内容なので、粘着しました。
自動発注・在庫管理ソフトを展開していて、クラウドでない理由は、誰でもどこの会社でもお手軽簡単にっていうよくあるクラウドSaaS的なソフトではなくて、普通に高度な在庫・発注管理をしてユーザインタフェースに拘ったアプリケーションソフトだからだと思います。
なので、かなり高価となり、導入企業は一定レベルの財務力と規模の会社となります。
こうなるとお手軽簡単なクラウドSaaSソフトよりもパイが狭いですが、代わりに導入コンサルでも稼ぐ事が出来ますし、一件の案件の単価が高いです。
また、パイの狭さは食品スーパー等小売業に限らず、全ての流通業をターゲットにする事でカバーされています。
20190215リンクパイ


問題はクラウドSaaS的なソフトはライセンス料という形でストック型になるのに対して、リンクのようなパッケージ販売ソフトは売切になるのですが、リンクのsnopsは保守料として15%(かなりお高いと思います)を徴収しているのと、おそらく初期投資が出来ない小規模企業用にレンタルというライセンス販売もしており、この二つがストック型となっており、その比率は45%にも達しています。
20190215リンク比率

クラウドでSaaSのようなライセンス販売ソフトは、市場のパイをどれだけ奪えるかが勝負で、そのため、簡単お手軽ソフトとして基本無料で提供し広告料も掛けるので、最初は赤字が常態となります。
リンクはパッケージ販売(導入コンサルでも稼げる)と保守とライセンス販売(レンタル)を上手く組み合わせているので、黒字のまま、ストック型を積み上げる事が出来ます。
ま、オロのZAC(販売管理ソフト)と同じ感じです。あそこも、ライセンス販売でストック型ですが、会計が絡む高度なソフトなのでコンサルによる導入支援でも稼いでいます。

●イベント● 赤:米中 青:日米 オレンジ:米その他 紫:欧州懸念
2月第3週 米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表はムニューシン財務長官とともに北京を訪れて話し合いを続ける予定
→これ次第で米中首脳会談。今の所開催予定はない。60日期限延長の検討

2月27日~28日 米朝首脳会談
2月末まで 米中貿易協議で以下の合意なければ2000億ドル分の製品の関税率の10%から25%に引き上げ(G20で決定)→期限延期?
(1)米企業への技術移転の強要
(2)知的財産権の保護
(3)非関税障壁
(4)サイバー攻撃
(5)サービスと農業の市場開放

2月以降(延期) 日米物品貿易協定(TAG)開始
2月15日 アメリカ政府機関再開のための暫定予算期限(→再び政府機関停止)
2月15日 23:15 アメリカ・鉱工業生産指数
2月16日 00:00 アメリカ・ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)
2月18日 08:50 日本・機械受注(前月比/前年比)
2月20日 【アンジェス】コラテジェンの審査?
3月6日 カナダ裁判所、ファーウェイ幹部のアメリカ引き渡しの審理開始
3月14日 【デサント】伊藤忠敵対的買収期限(2800円)
3月16日 【フィンテック】「ムーミンバレーパーク」開業。※11/9に「メッツァビレッジ」は開業済
3月20日 FOMC ※FRB議長の記者会見予定
3月29日 英国が欧州連合(EU)を離脱(ブレグジット)
3月下旬 IR政令案閣議決定
3月下旬 【サンバイオ】2019年1月期決算の説明会までに外傷性脳損傷以外の見直した 2020 年1月期以降の開発及び事業計画についてお知らせする予定
春 【イグニス】男性VRアイドルのプロジェクト
4月 【ユークス】会えるARイケメン「ARP」TOKYO MXで放送開始
4月1日 新元号閣議決定して事前公表
4月10日 「5G」の実用化に向けて大手携帯事業者に第1弾の電波を割り当てる方針
5月1日 新元号施行
6月26日まで 通常国会
・ゴルフ場利用税廃止
・統計不正問題
・消費増税に伴う教育・保育の無償化
・外国人労働者の受け入れ環境整備
・日ロ北方領土交渉
7月 参議院選挙
夏 第4次産業革命(AI/ロボット/キャッシュレス化)と雇用(65歳以上雇用継続や中途拡大)、地方(地銀経営統合)のテーマで成長戦略の3年間の工程表を含む実行計画を閣議決定
詳細「成長戦略の方向性(案)」
2019年前半 【ラクオリア】ジプラシドン(統合失調症:市場規模(日本)約1,600億円)の三相終了予定
2019年10月 【保育関連】幼児教育・保育の無償化
2019年2月~2020年1月 【サンバイオ】外傷性脳損傷を対象とした細胞治療薬「SB623」の国内承認申請を目指す
2020年半ば 国内三か所のIR開業を目指す(申請予定:大阪、和歌山、長崎)

●ホールド中銘柄含み損益●
20190215保有株

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
トラックバックURL
→http://shiodukeman.jp/tb.php/2242-d4cedc0b