2019-01-29 16:38 | カテゴリ:所見日記
■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。またコメントは荒らし対策のためツイッターを利用しています。■

●材料●

↓寄り前

幸楽苑
幸楽苑が楽天と連携--AI活用で“外食”の顧客体験向上を目指す
→+13%

メディネット
米国 BioLegend 社とライセンス契約を締結
→寄り天全戻し

マーチャント
株主優待の実施に関するお知らせ
361円×100単元(10000株)=361万円
仮想通貨「502 BAD GATEWAY TOKEN(Z502)」502万枚=約37800円
優待利率約1%
→無風

アサカ理研
レアメタル争奪、ソフトバンクやBMWが鉱山に資金
→+8%程度上がるも+1%

トレンダーズ
トレンダーズ、ショートムービーアプリ「TikTok」専門のマーケティング部署を設立 TikTokの広告パートナーシップ契約を締結
→ストップ高張り付き
※TikTok関連でアライドアーキが+12%程度急騰するもマイ転

↓寄り後

クラスターテクノロジー
11:00 世界初、インクジェット技術による二次電池の新たな製造技術を開発
※リコーのHPでクラスターテクノロジーがリコー関連?として思惑
→一時ストップ高も+4%

日本動物高度医療
ペット向け IoT 健康管理ツール「プラスサイクル」の発売についてのお知らせ
→+9%

セラク
13:00 セラク、JA新はこだてとNTT東日本が開始する農業IoT実証実験に「みどりクラウド」が採用される
→ストップ高張り付き ※既出材料

●●●●

前場結構下がって、新興は総崩れ、半導体関連全面安からの後場ジリ高。
結果寄り底系・・・でもじわじわ上がる難しい奴。

そんな中、今日は前場ちょいちょいデイで取って、満足していました。
ただ、トレンダーズ、買おうと思ったらマーケットスピード2に板が表示されない・・・ん?・・・一瞬フリーズしてからマケスピ2が変なので、再起動したら普通に表示されましたが、既に上がっていたし、TikTok材料って別に大した事ないから買わなくていいかって思ったら、ストップ高でした。
これ、要するに小型貸借でのストップ高です。

んで、後場セラクが吹いてて、これも大したことないと思ったけど、小型貸借なので、買ったのですが、どこかで見た事あるなとネットでググってたら、やっぱり既出材料っぽくて、既出材料ならダメだと損切したのですが、板を見てると、やっぱり変に買われてる・・・
小型貸借なのでこれも行くか?!って思ってまたJCで買って、暴落して損切、また買って、暴落して損切で、午前中の利益を全部吐きだして、もう買えないって眺めてたら、やっぱりストップ高行きました。

二つのストップ高を逃して、損をするより利益を逃す方が辛いという典型的なあれで凹んでいます。
しかも荏原とかJALCOとか上がってるし、なんかいろいろ上がっていました。

結果的に下方修正のサンバイオも決算通過待ちをしてた人がいたかのように買われて+4%で指数を牽引してマザーズ+1.2%

・・・がっ!なんとそのサンバイオが引け後にやらかしました!
再生細胞医薬品「SB623」慢性期脳梗塞を対象にした米国でのフェーズ 2b 臨床試験の解析結果速報について
「本剤投与群は、コントロール群と比較して、統計学的な有意差を示さず、主要評価項目を達成できませんでした。安全性の問題は認められませんでした。」

所謂治験失敗でアキュセラの再現!

サンバイオアキュセラと違う点
・IR前謎のストップ安がなかった
・時価総額がマザーズ一位で指数への影響が大きい ※アキュセラはマザーズ外国株だったはず
・アキュセラはSBIが助けた、サンバイオは大日本住友製薬?
・パイプラインが一つではない

んで肝心のパイプラインですが、今回こけたのは患者数が多く期待されていた上の慢性期脳梗塞です。
20190129サンバイオPL
尚、下の慢性期外傷性脳損傷は前のIRで優位差が確認されており、日本の条件期限付き早期承認制度を活用して平成32年1月期中の承認申請を目指しています。

まず、慢性期脳梗塞が一番患者数が多く市場が大きそうなので、これがこけたのが痛いです。
次に、素人が疑問に思うのは、同じ薬なのに片方失敗して片方は本当に大丈夫なの?早期承認や第三相は大丈夫?って事です。
※SB623の加齢黄斑変性からアルツハイマー病まで、SB618、SB308はまだ治験も始まっていないので無視でいいと思います。

アキュセラの時はパイプラインが一つしかなかったので絶望的な暴落(↓6日連続ストップ安で7700園から1000円)しましたが、
20190129アキュセラショック
サンバイオは、動意付いたのは慢性期外傷性脳損傷の治験2相成功IRからですが、その前からバイオ株の中では突出して強く、おそらく慢性期脳梗塞の期待を相当織り込まれていたと思います。
20190129サンバイオチャート

そして何が問題って、アキュセラの時も散々言われましたが、集中投資をしてはいけないとまともな投資家は全員言ってるのに、こういう治験一つで価値が9割減るようなバイオ株に集中投資の上に信用全力する人がいるという事です。
そのような人はアキュセラの時は借金地獄に転落していました。
そしてそういう人は必ずバイオ株を買うので、その追証売りが出るため、
・サンバイオ暴落でマザーズ指数暴落(尚、寄与度の高いそーせいやGNIやヘリオスも下がる事が予想されます)
・バイオ株の追証売り

のダブル効果で新興、特にバイオ関連は悲惨な事になると思います。

引け後のPTSでは勿論サンバイオはストップ安張り付いていましたが、協業するあの大日本住友製薬一時ストップ安で、マザーズ先物値幅制限下限のサーキットブレーカー近辺で始まったようです。

アキュセラと違ってマザーズ指数への影響が大なので、明日どうなるかしっかり立ち回りたいです。

●イベント● 赤:米中 青:日米 オレンジ:米その他 紫:欧州懸念
1月28日 00:00 アメリカ・小売売上高/アメリカ・住宅着工件数
1月29日 00:00 アメリカ・耐久財受注(速報値)/アメリカ・新築住宅販売件数/アメリカ・卸売在庫(確報値)
1月30日 アメリカ、カナダにファーウェイ幹部引き受け要請期限
1月30日早朝 アップル決算
1月30日 00:00 アメリカ・コンファレンスボード消費者信頼感指数
1月30日 22:15 アメリカ・ADP雇用者数
1月30日 22:30 アメリカ・実質GDP(速報値)
1月31日 ボーイング・フェイスブック・マイクロソフト決算
1月31日 00:00 アメリカ・中古住宅販売成約指数
1月31日 04:00 アメリカ・FRB政策金利(FOMC)(上限金利/下限金利)
1月30日~31日 劉・中国副首相が30-31日に貿易協議で訪米する予定
2月1日 アマゾン決算
2月1日 1月雇用統計
2月4日 アルファベット(グーグル)決算
1月~2月(未定) 米朝首脳会談
1月~3月 ナスダックは仮想通貨ビットコインの先物を上場する計画
2月末まで 米中貿易協議で以下の合意なければ2000億ドル分の製品の関税率の10%から25%に引き上げ(G20で決定)
(1)米企業への技術移転の強要
(2)知的財産権の保護
(3)非関税障壁
(4)サイバー攻撃
(5)サービスと農業の市場開放

2月以降(延期) 日米物品貿易協定(TAG)開始
2月15日 アメリカ政府機関再開のための暫定予算期限(→再び政府機関停止)
2月末~3月 ファーウェイ幹部の引き渡しをアメリカが要請をした場合、カナダが引き渡し可否を判断
3月16日 【フィンテック】「ムーミンバレーパーク」開業。※11/9に「メッツァビレッジ」は開業済
3月20日 FOMC ※FRB議長の記者会見予定
3月29日 英国が欧州連合(EU)を離脱(ブレグジット)
4月1日 新元号閣議決定して事前公表
5月1日 新元号施行
6月26日まで 通常国会
・ゴルフ場利用税廃止
・統計不正問題
・消費増税に伴う教育・保育の無償化
・外国人労働者の受け入れ環境整備
・日ロ北方領土交渉
7月 参議院選挙
夏 第4次産業革命(AI/ロボット/キャッシュレス化)と雇用(65歳以上雇用継続や中途拡大)、地方(地銀経営統合)のテーマで成長戦略の3年間の工程表を含む実行計画を閣議決定
詳細「成長戦略の方向性(案)」
2020年1月期 【サンバイオ】外傷性脳損傷を対象とした細胞治療薬「SB623」の国内承認申請を目指す
2020年半ば 国内三か所のIR開業を目指す(申請予定:大阪、和歌山、長崎)

●ホールド中銘柄含み損益●
ノーポジ

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
トラックバックURL
→http://shiodukeman.jp/tb.php/2227-0a28bfb0