2019-01-26 10:23 | カテゴリ:雑談
外国人労働者、派遣社員を上回る 最多の146万人

外個人研修生という名の低賃金労働者無茶苦茶増えてますよね。
田舎では工場で働いているのは管理者以外ほとんど外国人研修生で、彼らのおかげでもっているような会社も多数あります。
工場だけでなく農業でも外国人研修生が多いです。
農家の共同調整場とか、中国の田舎の結婚して子供を産んだばかりの女性とかを大量に連れて来て3年ぐらい働いてもらっています。
子供が産まれたばかりだと、労働に対してモチベーションが高いので、日本側に取ってもメリットなのですが、産まれたばかりの子供を故郷に残して外国に3年も出稼ぎに女性が出るって・・・現実ってシビアですよね。

・・・っていうかこれって普通に考えて非人道的で、自主的に来ているとは言え、50年ぐらい経ったら、「業者に騙された」→「日本人に騙された」とか言い出して、人身売買とか言われて裁判起こされそうですよね。
徴用工とか慰安婦問題を見ていると確実にそうなりそうです。
しかも彼らは一切お金を使わず貯めて仕送りしていますから、内需拡大には寄与しません。
しかし、散々日本人がやりたがらない3K労働して貰った挙句、あくまで研修生、外国人として、移民は決して許さず、期間が来たら母国にお帰り頂く・・・日本も上手い事やってます。
しかも、どう考えても【研修生・・・日本の進んだ技術を学んで母国で活かす人材育成】じゃなくて、ただの低賃金単純労働者(3K)じゃないですか・・・

その内アジアの経済レベルが上がって日本に来るメリットがなくなったらどうするつもりでしょう・・・ってあれだけ発展しても中国の田舎はまだ貧乏で日本に出稼ぎに来ないといけないので、まだしばらくは大丈夫でしょうが、そろそろ本気で少子化対策しないと日本経済は成長しないと思います。

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
トラックバックURL
→http://shiodukeman.jp/tb.php/2222-a98373b3