2018-11-20 15:59 | カテゴリ:所見日記
■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。またコメントは荒らし対策のためツイッターを利用しています。■

●材料●

↓寄り前
テクノホライゾン
「かんたん!あんしん!これ 1 台」QR コード決済端末[FP-1] EMV IC クレジットカード対応のお知らせ ~インバウンド対応、キャッシュレス推進に~
→無風-3%

ジャストプランニング
5 省庁の後援で全国の観光自治体と観光促進を推進する「温泉総選挙」と12言語対応のキャッシュレスシステム「プットメニュー」が提携!!国内のあらゆる観光シーンを 12 言語対応で街ごとキャッシュレス化に
→ストップ高で寄ってストップ高張り付き

ウインテスト
LCDドライバー検査装置WTS-577受注のお知らせ
当社開発中の太陽光パネルモニタリングシステム用実証実験場の完成のお知らせ
→GU寄り天+0.7%

岡本硝子
中期経営計画策定に関するお知らせ
→GU寄り天+2%

●●●●

昨晩またしてもアップルショックでダウが一時-500ドル
米国株、ダウ反落 アップルなどハイテクに売り ナスダック7カ月ぶり安値
今までなら下がった時は買いでしたが、昨日無駄にリバってるし、これはダメだろうと今日もデイに徹しました。

↓結果はこれで、昨日大引け利確が正解とかいう、1日おきに新興崩壊→リバ→新興崩壊と、これを乗りこなすのは無理です。
日経平均 -238.04円(-1.09%)
マザーズ -26.51(-2.71%)


デイは昨日同様IDOMのショートが決まって、前場で10万利確でしたが、後場欲張って利益を減らして、結局+3万ぐらいでした。
リネット、オプティム、ライドオン、アドベンチャー、チェンジ、オークファンという直近好決算が強かったので、数銘柄買って、前場で利確したのですが、こいつらはリネット以外終日強くて、粘れば結構抜けたのですが、サインポストとかブレインパッドという余計なのを買ってて、そいつらを微損撤退で逃げた時に一緒に早漏利確。
やはり、前の人気・好業績銘柄は弱くて、材料同様、好決算銘柄も生きがいい方が強いようです。

尚、昨日のデイでショートしてたアイロム、ブレインパッド、任天堂が5%を超える大幅安ですから、持ってれば・・・って思いながら見ていました。

ドーンショック日産は買おうかなって思ったのですが、自動車って今トランプのせいで弱いセクターの上に、買う理由の高配当もゴーン失脚なら減配の可能性が高い(43%保有のルノーに対する貢物で高配当だから)ので、とりあえず見送りました。
しかし、日産は寄り底陽線で-5.4%なのに、三菱自動車は陰線で-6.8%ですか・・・まぁ割安と配当の違いですかね・・・

今は2月以降の地獄相場と一緒で、上げ幅より下げ幅の方が大きいので、持ち越しはやはり分が悪くて、デイを頑張るか、暴落時に拾って、短期リバで利確するしかないですが、短期リバが1日で終るし、ナイトでダウが暴落したら終わりだし、月末には大きなイベントもあるし、欧州も何気にイベントあるしで、不安定で資金が来ないので慎重に行きたいです。

所でビットコインを筆頭に仮想通貨の暴落が止まりません。
理由は勿論土曜日に書いたビットコインキャッシュのハッシュ戦争です。
ビットコインキャッシュ分裂、ハッシュ戦争勃発
ハッシュ戦争は激化しており、以下のような戦闘が行われています。
Bitcoin SV側のマイニングプール、Bitcoin ABCの空ブロックを採掘する方針

はっきり言って怪しい連中が、こういう事をしていたら、トラストレスという仕組みが画期的で流行ったビットコインとかビットコインキャッシュも、
「全然【トラストレス:信頼を必要としない素晴らしい仕組み】じゃなくて、マイニングしたりコミュニティを主導している奴らが全く信頼出来ない怪しい奴らばっかりで、そいつらが支配してる怪しい仮想通貨より、アメリカや日本政府が信用出来なくても法定通貨の方がまだましっ!!」
って感じで、政府(法定通貨)を信用出来ないから仮想通貨を買っていたという人ですら買いたくなくなります。

そもそもトラストレスの根幹にあるのは、人は経済的に非合理的な行動は取らないという原則です。
例えば、有名な51%攻撃というのがありますが、これはハッシュパワー(マイニング能力)の51%を支配すれば、ビットコインで他人のマイニング報酬を自分の物にしたり、一度使ったビットコインを再び使えるようになるという攻撃です。
※偽造は出来ません
ただし51%を支配するには何百億円掛かるか分からない、途方もない投資が必要の上に、偽造は出来ないので得られる利益が少なすぎる上に、実際51%のハッシュパワーを誰かが握ると、ビットコインが大暴落するため、投資をした意味がなくなるので誰も51%のハッシュパワーを支配するという経済的に非合理的な行動は取らないため無視されてきた脆弱性です。

現在行われているハッシュ戦争は、仮想通貨の暴落を招いており、双方に経済的に不利益しかもたらさない非合理的な行動となっています。
本人達が頑張って戦争に勝っても、仮想通貨が焦土と化して価格が1/10とかになってたら意味ないという事に早く気づいて欲しいです。

●イベント● 赤:米中 青:日米 オレンジ:米その他 紫:欧州懸念
11月21日 イタリア予算案再提出に対するEU回答日
11月22日(木)~ 24日(土) 【アスカネット】ASKA3D展示会(中国C-TOUCH & DISPLAY SHENZHEN 2018)
11月23日 BIE総会にて2025年万博開催地決定
11月25日 ブレグジッド合意承認のためのEUサミット開催(英国議会承認待ち)
※メイ首相不信任案出て辞任させられるか、英国議会が承認するかの二つの焦点
11月27日 米朝ハイレベル会合(協議中)
11月28日 【イグニス】岩本町芸能社所属の VR アイドル「えのぐ」、ユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー
11月30日~31日 アルゼンチンでのG20の首脳会談で米中貿易交渉妥結目指す?
進展がなければ全中国製品を対象にした追加関税(第四弾:総額2570億ドル相当:12月から意見公募で2月発動)
→10月2日 米中は良好な通商協定の締結可能、追加関税あり得る=トランプ氏
→10月2日 カドロー米国家経済会議(NEC)委員長はCNBCテレビとのインタビューで、トランプ政権が当局に対中貿易協定案の策定を指示した事実はないと明言し、当初の報道内容を否定した。また米中2国間の交渉の行方について、以前ほど楽観視していないとの考えを示した。
12月 【グローバルウェイ】 ICOのFINMA(スイス金融監査局)による認可(見込み)
12月1日【ルーデン】「ルーデンコイン」の CCX CANADA.COM仮想通貨交換所での取引開始予定日
12月5日 (水) ~ 12月7日 (金) 【アスカネット】ファインテック ジャパン
12月19日 ソフトバンク上場
12月18日~19日 FOMC
12月20日 日銀会合
12月30日 TPP11発行
1月以降 米、対中関税第3弾2000億ドル関税率10%→25%(中国との貿易問題が解決しなければ)
1月頃 日米物品貿易協定(TAG)開始
3月16日 【フィンテック】「ムーミンバレーパーク」開業。※11/9に「メッツァビレッジ」は開業済
3月29日 英国が欧州連合(EU)を離脱(ブレグジット)
4月 外国人労働者の新たな在留資格の運用をめざす方針
夏 第4次産業革命(AI/ロボット/キャッシュレス化)と雇用(65歳以上雇用継続や中途拡大)、地方(地銀経営統合)のテーマで成長戦略の3年間の工程表を含む実行計画を閣議決定
詳細「成長戦略の方向性(案)」
2020年1月期 【サンバイオ】外傷性脳損傷を対象とした細胞治療薬「SB623」の国内承認申請を目指す

●ホールド中銘柄含み損益●
完全ノーポジ

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓ブログ内容の良し悪しパロメータにしてますので、いい内容と思ったら拍手をどうぞ(´・ω・`)
トラックバックURL
→http://shiodukeman.jp/tb.php/2158-4c71ff96