2018-11-16 15:59 | カテゴリ:所見日記
■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。またコメントは荒らし対策のためツイッターを利用しています。■

●材料●

↓寄り前

JMC
ミマキエンジニアリング
株式会社ミマキエンジニアリングと販売業務提携 フルカラー3Dプリンターの販売を開始
JMC +9%
ミマキエンジニアリング 無風

kudan関連
kudan上場
enish 業務提携
日本アジアグループ(国際航業) 130000株(第10位株主)で資本業務提携
JIG-SAW 60000株(第16位株主)で業務資本提携
ゼンリン 子会社が84000株(第13位株主)で業務資本提携
※ショーケースTVは業務提携解消
→全部無風

キャンバス
CBP501フェーズ1b試験用量漸増相中間とりまとめのお知らせ
→寄り天+2%

インターアクション
大口受注に関するお知らせ
※受注金額 449 百万円 売上61億 前回の大口受注と合わせて8億
→+6%

カーメイト
国交省、「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制標識新設
→GUから速攻ストップ高張り付きも後場崩れて+2%

↓寄り後

エクストリーム
13:50 スマートフォン版『ラングリッサー』、英語版の配信が決定!
→+17% ※既出

●●●●

昨晩こんなニュースが・・・イタグジッドですか・・・
イタリア、「同盟」が次回選挙で過半数獲得ならユーロ圏離脱=同盟幹部
次のイタリアの選挙前はまた荒れそうです・・・というか、欧州の選挙ってこれから全部EU離脱が争点になりそうですね。
まぁこういう政治家の発言はいつもの事なので置いといて、問題はダウです。

ダウは昨晩とは逆の展開
-300ドル近く下げて暴落再び!!と思わておいての+208ドル引けで値幅500ドルとまだまだ高ボラ

米国株式市場は反発、米が新たな対中関税保留との報道で

一応またしても情報戦があっての上昇のようですが、この報道がなくても-300ドルからプラ転寸前までリバっており、これは一旦の下げ止まりと思われ、安心したのもつかの間、日本時間早朝に発表された注目の半導体関連決算、NVIDIAとアプライドマテリアルがアナリスト予想以下で時間外で暴落
出たなっ!また無能アナリストの当らない予想!!当たらないなら低めに予想しとけっ!!
米エヌビディア:11-1月期見通しは軟調-時間外で株価急落
<米国・時間外>AMATが急落 見通しが市場予想下回る

せっかくのダウ+200ドルも台無しと思われましたが、ダウ先物への影響は日本時間ザラ場前で-50ドル程度と限定的も、昨晩半導体指数+3.34%で半導体関連大復活と思われた半導体関連への影響は必至で明けた日本市場はやはり半導体関連が寄り天で下げ続ける展開に・・・
↓それにしてもこれは酷い
フェローテック -12%
SUMCO -7%
アドバンテスト -7%
ディスコ -5%
スクリーン -5%
RSTECH -5%
東京エレク -4%

しかも影響はこれだけに留まらず、カーボン三兄弟や、NVIDIAがスイッチに供給してるプロセッサが3%減とかで任天堂が大幅安で、他にもとにかく外需というだけで決算・業績不問で大幅安
SECカーボン -7%
東海カーボン -7%
日本カーボン -6%
任天堂 -9%

日経も開始直後だけ上がって後は上海の少しの下げに大きく反応して下げ、ダウ先物はむしろジリ高なのに下げ続ける前場・・・後場は乱高下も結局下げて
日経平均 -123円(-0.57%)
マザーズ -8(-0.89%)

指数だけ見ると大したことないですが、体感日経-300円、マザーズ-3%

マザーズも乱高下も、塩漬けマンの銘柄は一部以外軟調で、結局今月って月初に+500万ぐらい含み益になって、最高利益更新が見えてから、上下しつつ結局減り続けて+250万ぐらい・・・
つまりチャートとかは置いといて塩漬けマンの損益は下降トレンド・・・
これって月初で買ってたら-250万って事で、タイミング一つで今月も相当ヤバかったなと・・・
特に外需の含み益の減りがハンパないです。
上げ幅よりも下げ幅が凄いので持っているだけでジリ貧です。
銘柄個別の属性は無視されて、半導体関連とかって括りで全体で下がるので厳しいです。

後は前の新興リバウンドは1日中続きました。
次のリバウンドは半日続きました。
今日のリバウンドは30分続きました。
→どんどん短くなっており、その後は買い手不在で下げ続けるだけ・・・ソフトバンクのBBに向けた換金売りがその傾向を加速

って雰囲気を感じて、前場10:30までにどんどんポジションを外してノーポジになりました。
今月これだけ苦労して250万取りこぼしかぁ・・・株辛いですね。

決算も一巡したので、決算で気になった銘柄を載せておきます。
勿論他にも沢山ありますが、登録出来る上限が50銘柄なので、別にグループを作ってもいいですが、多過ぎても微妙なので大型は除いて、塩漬けマン的に買わないなって銘柄も除いて、外需は好決算でも少なめです。
20181116好決算2
※まぁこういうのって当らないので参考までと、自己責任でお願いします。特に外需はPERや今の業績は全く見てはいけない相場なので。

尚、米中貿易協議は以下の状況でどうやら月末の米中首脳会談での決着は難しい模様。
中国の提案、米中首脳会談での貿易問題打開につながらず=米高官
前向きな宣言だけで終った場合、市場がどう反応するのか注視です。

●イベント● 赤:米中 青:日米 オレンジ:米その他 紫:欧州懸念
11月15日~25日 【gumi?】乃木坂46による舞台『ザンビ』(仮)がまで、東京ドームシティホールにて上演される
11月21日 イタリア予算案再提出に対するEU回答日
11月22日(木)~ 24日(土) 【アスカネット】ASKA3D展示会(中国C-TOUCH & DISPLAY SHENZHEN 2018)
11月23日 BIE総会にて2025年万博開催地決定
11月25日 ブレグジッド合意承認のためのEUサミット開催(英国議会承認待ち)
※メイ首相不信任案出て辞任させられるか、英国議会が承認するかの二つの焦点
11月28日 【イグニス】岩本町芸能社所属の VR アイドル「えのぐ」、ユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー
11月30日~31日 アルゼンチンでのG20の首脳会談で米中貿易交渉妥結目指す?
進展がなければ全中国製品を対象にした追加関税(第四弾:総額2570億ドル相当:12月から意見公募で2月発動)
→10月2日 米中は良好な通商協定の締結可能、追加関税あり得る=トランプ氏
→10月2日 カドロー米国家経済会議(NEC)委員長はCNBCテレビとのインタビューで、トランプ政権が当局に対中貿易協定案の策定を指示した事実はないと明言し、当初の報道内容を否定した。また米中2国間の交渉の行方について、以前ほど楽観視していないとの考えを示した。
12月 【グローバルウェイ】 ICOのFINMA(スイス金融監査局)による認可(見込み)
12月1日【ルーデン】「ルーデンコイン」の CCX CANADA.COM仮想通貨交換所での取引開始予定日
12月5日 (水) ~ 12月7日 (金) 【アスカネット】ファインテック ジャパン
12月19日 ソフトバンク上場
12月18日~19日 FOMC
12月20日 日銀会合
12月30日 TPP11発行
1月以降 米、対中関税第3弾2000億ドル関税率10%→25%(中国との貿易問題が解決しなければ)
1月頃 日米物品貿易協定(TAG)開始
3月16日 【フィンテック】「ムーミンバレーパーク」開業。※11/9に「メッツァビレッジ」は開業済
3月29日 英国が欧州連合(EU)を離脱(ブレグジット)
4月 外国人労働者の新たな在留資格の運用をめざす方針
夏 第4次産業革命(AI/ロボット/キャッシュレス化)と雇用(65歳以上雇用継続や中途拡大)、地方(地銀経営統合)のテーマで成長戦略の3年間の工程表を含む実行計画を閣議決定
詳細「成長戦略の方向性(案)」
2020年1月期 【サンバイオ】外傷性脳損傷を対象とした細胞治療薬「SB623」の国内承認申請を目指す

●ホールド中銘柄含み損益●
完全ノーポジ

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓ブログ内容の良し悪しパロメータにしてますので、いい内容と思ったら拍手をどうぞ(´・ω・`)
トラックバックURL
→http://shiodukeman.jp/tb.php/2154-f441ac52