2018-10-13 09:33 | カテゴリ:勉強や投資情報
■2018/10/18 (木)

[7805] : プリントネット
【市場】JQS (その他製品)
【事業内容】インターネットを用いた印刷物の受注販売
【公募】総計:1,606,100株(公募:750,000株 / 売出:856,100株)売出株式比率:53.3%
【公開価格】1,400円
【吸収金額】25.8億円
【時価総額】73.8億円
【既存株主】1・2位株主(77%)に解除条項なしのロックアップ180日
【PER】約15倍 営業利益率10%
【塩漬け評】株主にもいるラクスルが同業他社だが、そこと比べると普通にいい案件に思えるけど、業務内容とか細かい所が違うのかもしれない。中型で低く寄れば業績も右肩上がりで投資的に面白いかも。というか、逆にラクスルの株価高すぎない?
ラクスルは自社で印刷機を持たず、プラットフォーム(仲介)に徹してるプラットフォーム企業なので比べてはいけない。またトラップ仲介プラットフォームにも参入している新しい会社で期待で割高になっている
ラクスル 売上140億 営業利益ぎり黒字?前期1億 時価総額900億
プリントネット 売上73億 営業利益7.3億円 時価総額公募価格で73億円

■2018/10/19 (金)

[4421] : ディ・アイ・システム
【市場】JQS (情報・通信業)
【事業内容】システムインテグレーション事業及び教育サービス事業
【公募】総計:453,000株(公募:300,000株 / 売出:153,000株)売出株式比率:33.8%
【公開価格】1,280円
【吸収金額】6.66億円
【時価総額】18.9億円
【既存株主】全員に解除条項なしのロックアップ180日
【PER】約13倍 営業利益率6.2%
【塩漬け評】至って普通のシステムインテグレーター。特に魅力はないが、小型でロックアップ完璧と需給でセカンダリマネゲになる可能性大。ただし、初値高すぎの諸刃の剣。

[9279] : ギフト
【市場】東M (小売業)
【事業内容】ラーメン事業(横浜家系ラーメンを主体とした国内直営店、海外直営店の運営、ならびにプロデュース店への食材提供や運営ノウハウ供与等)
【公募】総計:1,028,000株(公募:600,000株 / 売出:428,000株)売出株式比率:41.6%
【公開価格】2,090円
【吸収金額】24.7億円
【時価総額】97.3億円
【既存株主】ほぼ全員に解除条項なしのロックアップ90日or180日
【PER】約22倍 営業利益率10%
株主に力の源もいるし、比較k対象になる。
力の源 売上272億 営業利益10億 営業利益率3.6% PER37倍 時価総額238億 ※上場から急騰撃沈再暴騰再撃沈中
ギフト 売上69億 営業利益7億 営業利益率10% PER22倍 時価総額97億
行ったことないラーメン屋だけど、家系の町田商店がメインらしく、ネットの評価は可もなく不可もなしって感じ。力の源と比べると知名度でかなり劣るか。中型だけど需給はいいし、力の源がマネゲった実績があるので低く寄れば面白いかも。出店も海外含めてどんどんやっていきたい方針の感じ。

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓ブログ内容の良し悪しパロメータにしてますので、いい内容と思ったら拍手をどうぞ(´・ω・`)
トラックバックURL
→http://shiodukeman.jp/tb.php/2118-4db31ea9