2018-09-09 09:58 | カテゴリ:勉強や投資情報
このブログを長い間見ている人はよく分かると思いますが、塩漬けマンは以下の二つはしません。
・オーバーポジション
※1銘柄100万(口座残高の5%が目安で日経レバとか大型の低ボラや勝負の銘柄は除く)
※信用余力100%を切らない

・塩漬け
※ひたすら損切ばかりする

これにより、左の資産推移を見ていただけたら分かる通り、大きな資産の下落がありません。
※スマホの人は見れないかもなのでPCビューとかで見て下さい。
オーバーポジションで、尚且つ損切が出来なくて結果的に大損する事を避けているからです。

どうしてこのような投資になっているかというと、塩漬けマンは生まれつき以下の性格なので、
ビビり
苦しいのを我慢出来ない
批判的
精神力が弱い
常に悪い事を考える
自信がない

この性格だと、以下となります。
・ビビりなのでハイレバしない
・苦しいの(含み損)を我慢出来ないので損切が早い
・批判的なので銘柄や材料やファンダやテクニカルや煽り屋を信じず銘柄に執着がないので損切が早い
・精神力が弱いのでハイレバ出来ない
・常に悪い事を考えるのでハイレバしないし損切が早い
・自信がないのでハイレバしないしすぐに考えを180度変えて損切が早い


そして株の勉強をする中で
リスク管理(適切なポジションサイズ)
素早い損切

が大事と学び、たまたまとはいえ、生まれつきの性格でそれが出来ていたので、これからも引き続きやっていこうと思っています。

ただし、上記により防御力が高く負けにくいだけで、大きな利益は逃しています。バランスが大事ですし、経験により改善(大きなポジションを取る時・銘柄と握力)をしていかなければいけません。
※最近で言えば、フィンテック100円前後(初動)で400万円分何回もポジったのですが、オーバーポジション故に損切が超早くて、握れませんでした・・・
しかしながら、株というのは9割の人が負けているので、そもそも最初から勝てると考えて始める方がおかしいです。
負ける前提で、まずは負けにくい方法を探すべきで、それにより長くやっていれば、だんだん上手くなっていくし、上がる銘柄が分かるようになるので、まず目指すべきは、勝つ投資ではなく、負けない投資だと思います。

最初は株の知識がなかったので、ハンドルネームの由来になっているように塩漬けばかりでしたが、負け続けたら、さすがに本能的・感覚的に気づきました「塩漬けしてたら絶対もうからないな」って。
金持ちが余裕資金でJCしてない銘柄を塩漬けする場合や、正しくファンダ投資が出来る人の場合は問題ないですが、塩漬けマンのように貧乏人の下手糞、素人が金持ちになるための投機では塩漬けは論外です。
上がらない銘柄に資金拘束されるより、上がる時・銘柄に資金を投入した方がいいからです。

ハイレバや損切出来ない人に共通しているのは想像力の欠如です。
このハイレバで悪材料が出て、自分の賭けている方の逆に激しく動いたら即死だという事が想像できないのです。
また損切をしなければ大変な事になるという想像力が欠如しているから損切も出来ません。
そして相場は自分の賭けている方に動くだろうという楽観が上記を後押しします。
想像力の欠如と楽観は敵ですが、生まれてから育ってきた中で身に付いた性格であり、治すのは相当な苦労が必要です。

ポジションサイズや損切のルールを作ればいいのですが、自制心や規律がなく自分に甘い人はいとも簡単にルールを破ります。
塩漬けマンも自制心が足りず、自分に甘いので時々、ナンピン(ポジションサイズルール違反の上に損切と真逆の行為ナンピンという愚行)をして大きくやられていますが、それもポジションサイズが小さいので問題ない負け額に納めています。

自分も生まれつき我慢出来ない性格なので、ルールを破る人の気持ちはよく分かります。
そして幾度となく失敗し、その度に反省してもこれは治せません・・・

生まれつきの性格を治すのは大変!!

ですので、自分の性格で勝てる投資法を探す方がいいと思います。
例えば、【損切は絶対したくない、ハイレバで一気に儲けたい】って性格の人でも勝てる投資法なら以下があります。
・年に一度の材料・ファンダ・人気を兼ね揃えた大出世株が出るのをひたすら待って、出たら初動全力ガチホ。日々一切のトレードをせずにそれを探す情報収集のみに全力
・年に一度の大暴落で材料・ファンダ・人気のある銘柄を中心に多数の銘柄をフルレバで仕込む。日々一切のトレードをせずに、仕込む銘柄の情報収集と大暴落をひたすら待つ
※尚、塩漬けマンは日々トレードせずに情報収集だけしてチャンスを待つって無理な性格なので上記は出来ません。
・勉強する事を厭わない性格の人は、損切前提であるテクニカルはやらず、ファンダメンタルズを極めて高い確率で大きく上がる銘柄に全力する
※ファンダメンタルズを極めるのが大変だし、市場は大部分効率的なのでファンダメンタルズで勝てるとは限らないのですけどね・・・

投資セミナーや投資本で勉強をして、勝っている人の方法を学んでも、その人とは性格が違うので、その方法では勝てないと思います。
ですので、塩漬けマンはセミナーとか行ったこともないし、投資必勝法のようなハウツー本の類は読まないです。
自分の投資法を探すための知識が身につく本を読むべきで、「こうすれば儲かる」みたいな答え(しかも大抵間違っている)が書いてある本を読んでも意味がないからです。

今読んでいる本にはこんな事が書いてありました。
「マーケットの本質は【不確実性】であり、したがって「こうすれば勝てる」という方程式は存在しない。
即ち、優れた投資理論とは、必勝法ではなく、「不確実性にどう対処するか」という事を解き明かすものにほかならない。」


存在しない必勝法を求めるのではなく、まずは自分を知る事から始めましょう。



↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓ブログ内容の良し悪しパロメータにしてますので、いい内容と思ったら拍手をどうぞ(´・ω・`)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://shiodukeman.jp/tb.php/1521-e2c91a66