2013-02-24 18:13 | カテゴリ:所見日記
最近先が全く読めなくなってきているような気がします。
え?前から全く先が読めてないって?
そ、それはそうなのですが、最近は政治的な環境が混沌としてきていて・・・

まず普通に考えたら、来週は日銀総裁(多分黒田さん)人事報道で円安銘柄高騰。
・・・と思いきや市場は織り込み済みで材料出尽くしとかいって逆に下がるかも。
それに加えてイタリアの総選挙の結果が日本の株や為替にどの程度影響するのか・・・
さらに全く騒がれていませんが、アメリカの財政の崖(強制歳出削減の発動期限)も解決していないはずです。

その日の状況を見ながら売買出来る専業トレーダならいいですが、塩漬けマンのようなリーマントレーダは2~3日先を見通して売買しないとちょっと厳しいです。

今は政治的な要因が株価に与えるインパクトが大きいので、騰落レシオとか日経平均のチャートとか、あんまり気にしていないのです。

さて、政治関係で言えば、今度はロシアとの間で北方領土問題が解決しそうな感じになってきましたね。
まだ気が早いですかね(笑)
北方領土問題が解決したら、資源関連銘柄(シベリア資源開発に関わる商社、LNGプラント建設等)が騰がりそうです。
ただそんなことは誰でも分かることなので、他にも騰がる銘柄を探しておかないとです。

でもロシアは二島返還(歯舞、色丹)で終わらせたい様子。
日本の希望(3島返還、出来れば面積2等分論(択捉島の25%は日本領とする))とはかなり開きがありますよね。
勿論ベストは4島一括返還ですが、それを言ったら永久に解決しそうにないです。

あ~、一九九七年の日ロ首脳会談でエリツィンが
「もうっ!4島一括返還しちゃうぞっ♪」
と口走った時に、即座に橋本が機転を利かせて
「それいいっすねっ!じゃあとりあえず1兆円投資しちゃうぞっ♪決まりね♪」
とか言ってればもう終わってた話だったのに・・・な~んてね。
株も外交もタイミング機転決断力が大事ですよね。

↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://shiodukeman.jp/tb.php/119-c35c9575