2015-09-13 17:17 | カテゴリ:所見日記
来週はIPOが連続します。

しかし最近の塩漬けマンのIPOセカンダリの外しっぷりは酷いです。

これが・・・来るの?っていうのが吹いています(勿論マネゲで)

最近大口も、以下のようなわかりきった銘柄だと読まれて、マネーゲーマーに買われちゃうので、ちょっとひねくれたのに入っているのでしょうか・・・
・小型(吸収金額が小さい)
・VC少ない
・ロックアップしっかり
・人気業種

あるいは上記のようなのは、初値暴騰するので、逆に完璧過ぎると、大口が避けるのかもしれません(´・ω・`)しょぼーん

それでも、愚直に上記を信じるなら、来週のIPOの狙い目はこれです(`・ω・´)キリッ

[3920] : アイビーシー 9/15 ※日銀会合結果発表日
【市場】東M (情報・通信業)
【事業】コンピューターネットワークシステムに係る性能監視ソフトウェアの企画・開発及び同ソフトウェアの利用ライセンス販売、システム性能の課題・問題解決を行うコンサルティングサービスの提供
【公募株式数】公募:160,000株 / 売出:209,800株(総計:369,800株)
【公募価格】2,920円
【吸収金額】12.4億円
【時価総額】37.2億円
【VC】なし
【ロックアップ】カバー率94%で解除条項なしの90日
【懸念】初値が高すぎるときつい

勿論短期マネゲです。
この会社が出してるネットワークに関わる性能監視ソフトというのは、似たようなソフトはたくさんあるし、特に目を見張るようなものでもありません。
自社開発しているのは結構評価出来ますが・・・
まぁHP見ただけなので、詳しくは分かりません。
もしかしたら、凄い機能がついているのかもしれませんし・・・

ただ、この手のソフトは「あったらいいな~」ってぐらいで、「絶対ないと駄目だ!」というソフトではないため、お金が余ってたり、利益を生まない後ろ向きなIT投資(監視ソフト、バックアップソフト等)にも積極的な企業でないと買いません。

なので、セカンダリ参戦しても、あくまでド短期マネゲです。

なんかIT企業だし、凄そうだし、FFRIジグソーフィックスタースのように株価上がり続けるかも!とはゆめゆめ考えないようにしてください。

ただ、マネゲである以上、もしかしたら、たいしたことなくても、値がさ株になって、変に人気化し、1万を超えるパターン(ホットリンク、ジグソーみたいなパターン)にならないとも言い切れないので、その辺は臨機応変にです。

勿論、大口来ず、全く人気化せずセカンダリ勢皆殺しもありえます(´・ω・`)しょぼーん

↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)





管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://shiodukeman.jp/tb.php/1030-7b276398