2020-03-07 07:33 | カテゴリ:雑談
今年も確定申告の季節が来ました。
コロナを理由に期間が延長されたようで、確かに確定申告会場は凄い人混みですから、期間を長くして、人を分散した方がいいとは思います。

しかし、去年やって分かったのですが、電子申請が凄く楽っ!
しかも添付書類もどんどん添付しなくてよくなっています。
もはやエビデンスなしでも申請通りに確定申告される、性善説の世界となっていますが、勿論、収入や経費等の帳簿書類(エビデンス)は青色申告の場合には7年間、白色申告の場合5年間保存しておかないといけません。

んで、今年の確定申告で困った点です。
前までメインはGMOクリック証券で、確定申告に必要な書類は全部郵送されていました。
具体的には、塩漬けマンの例では、
・株の年間取引報告書
・先物の年間取引報告書
・CFDの年間取引報告書

の三つです。

去年は楽天証券に変えたのですが、今年もそのイメージでいました。
しかし、設定してなかったか何かの手違いかで、書類が届かなかったので、HP画面から自分で印刷しました。
それはいいのですが、株の年間取引報告書しか印刷出来ないのです。
Q&Aで調べても、確定申告は株の年間取引報告書の事しか書いてないのです。

「あれ・・・先物もやってるんだけど、これどうするんだ?」

って思って問い合わせたら、先物は別途、別の画面から取引報告書を表示出来て、それを印刷との事でした。
だったら、HPにちゃんとすぐに誰でも分かるように記載しとけ
こっちも、オペレーターも無駄な電話のやり取りをしなくてよくなるでしょと。
そして後で気づいたのですが、確定申告用の特設ページに、先物の取引報告書の表示の仕方が、動画でしっかり説明されてました・・・でもね、その動画に辿り着けないと意味ないんだよ・・・

次にイラついたのは、プリンターさん、どうして必要な時にいつもトラブルが発生するの?問題
年賀状も書かなくなったので、年に一回しかプリンターを使わないのですが、100%トラブります。
そもそも、プリンターを使わなくてもインクが自然に減るという仕様が、ほんとうに改善出来ないものなのか、インクで儲けようとしているプリンターメーカーの陰謀なのではないか、そこから小一時間問い詰めたいです。
後、最近はプリンタードライバーのソフトの問題でプリンターが使えないという事は起きなくなりましたが、今年は、プリンターのハード自体に問題が起きました。
紙を印刷する所へ持っていけない・・・必ず内部でエラーになる・・・もはやこのプリンターは限界なのか・・・基本的に、過去1年に一回年賀状しか印刷した事がないのにだ!!
エラー→紙を取り除いて下さい(※そもそも詰まってない)→カバーを開け閉め等色々→再印刷→エラー
を7回繰り返して、何も変わっていないのに、なぜか無事印刷出来ました。
勿論、文字はかすれて酷い品質(これは沢山印刷したらどんどん改善されたので、ヘッドクリーニングとかで治りそう)ですが、1年に2回ぐらいしか使わないので、新しいのを買う気にならないです。

最後に、本題の確定申告の電子申請ですが、確定申告を自分でやった事がない人がいきなりこれをするのは、確かに敷居が高いです。
まず、確定申告会場に行って、一度自分で確定申告をすれば、次からは自宅で電子申請で出来るようになります。
なぜなら、確定申告会場にはパソコンが沢山並んでて、結局、家でやる電子申請と全く同じ事を、会場でやるだけですから。
ただし、分からない時は速攻手を上げて、係の人に質問する事が出来ます。
※係の人はただのアルバイトなので、税務処理的な事は一切分かりません。基本、パソコンの操作(電子申請のやり方)がメインとなりますが、彼らも慣れてくれば、又は人によっては、結構税務的な知識もあって頼りになりますし、仕切ってる人は勿論税務署の人間なので、分からなければ仕切ってる人を呼んで答えてくれます。
※税務の専門の人に相談しながら確定申告するコーナーも別途ありますが、そこは長蛇の列であり、また自分で電子申請をするという経験が出来るか分からないです。

※田舎の確定申告会場だと、書類を渡したら担当の人が全部やってくれるという至せり尽くせりなので、自分で確定申告をするという経験が出来ないのでダメです。

そして一回やって、書類を作ってしまえば、翌年からはその書類を見ながら、同じように自宅で電子申請すればいいだけです。
電子申請する入力フォームも、書類と全く同じになっています。

ただし、家庭環境(結婚・出産・親の死亡等)に変化があった人は、住民税とかの控除に変化が出るので、一度確定申告会場に行って聞きながら確定申告をした方がいいです。
んで、メモなりしておいて、来年からはまた同じように自宅で電子申請。

次に塩漬けマンの場合ですけど、初めて株の損失の繰り越し申請をしました。
※左の収支は含み損益を入れての収支なのでプラスですが、確定分だとマイナスでした。
今まで負けた事がなかったので、やった事がなかったのです。
どうやって、どこに入力するんだ・・・と迷いましたが、下の方にそれっぽいのがあって、クリックしたら、楽天証券から届いた年間取引報告書と全く同じ入力フォームの画面が出てきたので、「お、分かりやすい♪」と思って入力出来ました。
ちなみに、GMOクリック証券から来た年間取引報告書は入力フォームと完全に一緒ではなかったので、この点は楽天証券は親切だなと思いました。
んで、先物分も入力して、確定申告終了。

そして今年は去年必要なかったマイナンバーの入力が必要でした。
でも、このおかげで、源泉徴収票とか添付しなくていいようです。
役所のデータと照合出来るようになるので。
そこで思ったのは、証券口座作るのにマイナンバーが必須になったので、皆が証券口座にマイナンバーを登録すれば、投資の確定申告が楽になるかもっ!
証券会社からマイナンバーをつけて税務署に勝手に損益のデータを送ってくれればいいので。
ただ、経費とかは自分で申請して控除しないといけません。
脱税とか悪い事してる人以外、証券会社(経由で国)にマイナンバーを知られて損益を把握されても、問題はないので、確定申告を楽にするために、みんな、証券口座にちゃんとマイナンバーを登録した方がいいと思いました。

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)