2019-11-13 16:15 | カテゴリ:所見日記
●材料●

↓寄り前

カネヨウ
兼松株式会社による当社株式に対する公開買付けに関する賛同の意見表明のお知らせ
→寄らずストップ高 ※900円以下

CRIミドルウェア
サイバーセキュリティ先進国イスラエル Terafence 社と共同開発した世界初 IoT 向けサイバーセキュリティソリューション
→+8%GU寄り天マイ転

日本一ソフト
ディスガイアリリース11月下旬
→一時+10%いくも+5%引け

免疫生物
特許
→一時+14%上がるも全も+0%引け

↓寄り後

東芝関連 ※昨日から
14:00 本日の一部報道について
東芝プラント +9%
西芝電機 +36%
ニューフレア +15%

●●●●

昨日後場謎上げした日経全戻しとか意味不明な値動き。
先物やってる人って勝ててるの?
まぁ理由は香港ぐらいしか・・・今日も香港は-2%・・・相当状況が逼迫しているんでしょうか。

最近ってあらゆる経済指標、特に外需系のが、日本は凄く悪いです。
つまり、ファンダ的には株価は下がらないといけません。
アメリカも雇用統計以外は良くないです。
そして実際に、日本はこの度の決算でEPSは急降下しています。
しかし株価は上がる・・・塩漬けマンに限らず多くの人が「最大のショートチャンス」だと思っていると思います。
しかし、実際にそうした人は焼かれています。
↓EPSが下がり、日経が上がった事で、久しぶりに日経PER14倍到達
20191113日経PER
※この数値(PERやEPS)は、時価総額加重平均であるため、他国と比べてはいけませんし、割安・割高(ファンダ的)の判断をしてはいけません。あくまで、これ限定で過去との比較(テクニカル的)においてのみ意味を持ちます。

アベノミクスが始まってから長らくPER14倍が底だったのが、ここ2年は異常事態とも言えるPER14倍割れが常態化し、逆にPER14倍が天井になっています。
ここ二年で二回PER14倍に到達した時は、そこが見事に天井で日経平均は反落しています。
そして現状のファンダメンタルズは悪い。
今の株価上昇は景気悪化が底を打った(ファンダメンタルズの悪化は終了)のを見越して株価が先回りしているとした場合、景気悪化が底を打っていなかった場合、ここからの株価下落は凄いものとなります。

それが何を契機に具現化されるのか、決算の結果なのか、米中貿易協議の行方なのか、中国(香港)なのか、注意深く市況を監視しないといけませんし、勿論、本当に景気が底を打って、ここから好景気になる?可能性もある訳で、余談を許さず、市況を監視していこうと思います。
天井でショート決めれたら爆益のイメージしか湧かないのですが、慎重に様子をうかがいたいです。

今日は前場結構崩れる銘柄多数で、判断が遅れて、前場中頃に全部利確&損切してノーポジに。
やっぱり決算で買っている銘柄の利確って難しいです・・・だってマネゲ銘柄は暴騰即売ですが、好決算銘柄は利確したくないんだもん。出来ればずっと持っていたいんだもん(´・ω・`)ショボーン
そーせい-9%のせいだけとは言いませんが、新興はあまりに市況が悪すぎたため、苦渋の決断でノーポジ。
そして決算勝負のイメージワンに絞って戦いました。
絶対張り付くと思ったのですが、貸借なので売りが凄く出ましたが、最後は張り付いて終わりました。

イメージワンは今季予想が達成出来るなら、時価総額的にはかなり株価が上がってくれないといけないのですが、如何せん、マネーゲーマー御用達の銘柄(=糞株)だったので、今期予想が信じられないっていうのが、ストップ高張付かなかった理由かなと思います。
いきなり今期予想だけポンっといい数字を出されても、誰も信じないです。
今期予想だけいい数字だして、毎年赤字転落下方修正する銘柄沢山あるから。
それらと違い、イメージワンは、直近第4Q単体の数字が良かったので、業績に良い変化が出た最初の決算であり、つまり、本物なら大化けする初動って事で、逃したくなかったのです。
20191113イメワン

勿論中身を見ても、クラウド電子カルテや、国内唯一の核医学検査の線量監視システムや新規事業の再生医療事業やグローバル遠隔医療やドローン等をしており、業務内容もマネゲ的という意味も含めて面白いので。

今回は沢山仕込んだので、上がれば、少しづつ利確して行って、オルトプラスの二の舞にならないようにちゃんと利確を心掛けたいです。

●イベント● 赤:米中 青:日米 オレンジ:米その他 紫:欧州懸念
10月15日 対中関税第1弾~3弾の2500億ドル(約26兆円)に対する25%の関税を30%に引き上げ
→10/13 米中貿易協議第一弾合意により延期
11月14日 【gumi】FFBEリリース
11月中旬 APEC首脳会議で米中貿易協議第一弾合意の詳細がまとまれば米中首脳正式署名?
→開催国のチリで暴動激化でチリでの開催は中止。代わりの開催国で開く?
ロンドンで12月?
11月16日 【SIMフリー関連】改正電気通信事業法(※違約金上限1000円の省令案)
11月19日 【Stadia関連】Googleからクラウドゲーミングサービス「Stadia Pro( グーグル ステイディア プロ)」がいよいよリリース
11月19日 米通信当局、ファーウェイ製品への米政府補助金利用禁止を採決
11月中旬 アメリカ自動車への追加関税導入の判断
11月 【日本一ソフト】ディスガイア再リリース
12月 【ケイブ】マルチチャンネルネットワークビジネスサービス提供開始
12月 【5G関連】5G移動通信システムの電波を地域限定で企業や自治体に割り当てる「ローカル5G」を制度化
12月? 米中通商合意署名、12月にずれ込む公算 ロンドンで首脳会談か
12月12日 イギリス総選挙
12月15日 アメリカ、一部延期されていた対中関税第四弾発動(15%)
12月15日 中国、一部発動されていなかった対米関税発動
→米中貿易協議第一弾合意の正式署名次第?
2019年夏~秋 【GNI】 孫会社Continent Pharmaceuticals Incが香港証券取引所メインボード市場上場可否
2020年3月まで(2020 年3月期中) 【免疫生物】認知症関連タンパク質として、アミロイドβを中心とした種々のタンパク質に対する抗体・測定系の日本上市目指す(海外では販売中)
2020年3月まで(2020 年3月期中) 【免疫生物】難聴・めまいの原因を生化学的に診断できる世界初のバイオマーカー「CTP(cochlintomo-protein)」に関する発明の製造(日本国内での薬事申請・販売は権利譲渡した他社が担当)
2019年度中 【ライドシェア関連】政府は相乗りタクシー解禁を目指す
2019年後半 【メドレックス】MRX-1OXT(オキシコドン)P1b試験実施予定
2019年後半 【メドレックス】MRX-1OXT(オキシコドン)導出計画?
2020年1月 米中貿易協定発効
2020年1月まで 【サンバイオ】SB623 外傷性脳損傷の薬の製造販売の承認申請を目指す
2020年1月31日 ブレグジット期限
2020年2月7日?(2019年第4四半期) 【シンバイオ】 抗悪性腫瘍剤「トレアキシン®」の再発・難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)を対象とした第Ⅲ相臨床試験のトップライン結果を報告
2020年3月まで NHKネット同時配信を開始したい方針
2020年3月まで 【リボミック】 RBM-007等でライセンスアウト、事業提携等で1億円の売上予想(=そのIRが出る可能性がある ※2020年4月からの1年で売上1億円達成出来なければ上場廃止)
2020年4月末 【松尾電機】時価総額が10億円を超えた月がないと上場廃止
2020年6月 【モブキャスト】 シン・エヴァンゲリオン劇場版公開
2020年6月末 【岡藤HD】日産証券と経営統合の最終合意を目指す
2020年上半期 【シンバイオ】抗悪性腫瘍剤「トレアキシン®」承認申請予定
2020年8月頃 【デルタフライ】抗がん剤候補化合物DFP-14323(ウベニメクス適用追加)のウベニメクス後発衣料品としての製造認可予定
2020年 【カジノ関連】カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備に当たっての基本方針公表
2020年 固定価格買取制度(FIT)を改正しメガソーラーはFITでなく卸市場で売買(経産省方針)
2020年度 がんゲノム医療開始
2020年 【メドレックス】 MRX-5LBT(リドカインテープ剤)NDA申請見込み
2020年 【ソレイジア】SP-02(新規抗がん剤、国際一般名:darinaparsin、一般名:ダリナパルシン)の第Ⅱ相臨床試験(最終試験)の試験結果報告予定
2020年 フェイスブックのデジタル通貨「リブラ」サービス開始
→承認が得られるまでリリースしない
2020年後半 【DNAチップ】肺がんパネル診断研究開発終了、薬事申請予定
●ホールド中銘柄含み損益●
イメージワン 184,000

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)