2019-08-26 16:05 | カテゴリ:所見日記
●材料●

↓寄り前

アサカ理研
米中貿易戦争
→+11%まで上がるも+3%引け

日米貿易関連
米牛肉や乳製品、関税引き下げ
太洋物産 ストップ高

アンジェス
薬事審査会の思惑で前から上がってる
→+7%

↓寄り後

データセクション
10:00 日本テクトシステムズ株式会社との業務提携に関するお知らせ
→+8%まで上がるも+1%引け

●●●●

金曜日の市況は↓参照
究極 VS 至高 の関税対決

これを受けてリバ取りをしようと思っていたのですが、しませんでした。
目を付けていたのはマーケットエンターとかバルテスでかなりリバっていたので当たりだったのですが・・・
日経先物を買っただけでした。
そしてもう利確しています。

前書いた通り、金利・ドル円が当面の下限に来ているので今が短期的な底だとは思います。
20190826金利
20190826ドル円

でもリバ取りは気が乗らなかったのです。
一応正解で、全体的にも、個別株も寄り底と言えば寄り底だけど、少しの銘柄しかちゃんとリバってなかったです。
20190826日本

中国は多分北戴河会議アメリカと徹底的に戦う事に決まったのだと思います。
それは香港への徹底弾圧を意味しており、本日香港は-3%と暴落していました。
中国は介入示唆、香港の抗議デモ激化で警察は放水砲や催涙ガス使用

貿易戦争の方では、中国はトランプを大統領選挙で落とせばいい訳です。
そのためにやる事はアメリカの一般人がダイレクトに感じるぐらいの不景気にしてやればいいんです。
つまり貿易戦争のさらなる激化です。
そのための手始めが金曜日の関税報復。
これからもどんどん手を打ってくると思います。
そしたら中国も大変じゃないのかって?
中国共産党に取って、国民が1億人ぐらい死ぬのはどうでもいい事です。
ですので50年先を見越した長期戦が出来ます。
一方アメリカは国民が不景気になったら許さないし、株価が下がっただけでも許さないです。
トランプが見据えているのもたった1年後の大統領選挙。

勝負にならないです。

大まかには上記の感じですが、細かい所では、直近3回暴落と言っていいのがありましたが、リバウンドの幅と期間がどんどん短くなっていっています。
前も書きましたが、これって去年11月末からの歴史的大暴落の時もこうでした。
最終的にリバウンドなしで下がり続ける地獄になるんです。

ちなみに、去年の11月末の最初の暴落とか、そこで大量に買えば2日ぐらいで軽く200万円ぐらいの含み益になっていました。
今はその時に比べて全然リバらないので全く儲からないです。
理由は、今年に入って暴落GDは全部寄り底だったせいで、みんないくら日経先物が下がっていようと、小型個別株は売らなくなったからだと思います。
するとGDが少ないので、買う人もいません。
結果リバウンドが小さい。
でも中長期的には確実に全体的には下がって行っている。
売らないで耐えている人が耐えれなくなって投げた時、そこが勝負の大量ロングの買い場です。

勿論、激リバしてそういう投げ売りが出る大暴落の市況にならないかもしれません。
でも、それが来ないと大量ロングはリスクがあるので(だって金曜日みたいに不意に悪材料出てダウ-800ドルとかされたらね・・・)短期リバやマネゲを頑張るしかないです。

それにしても、ソフトバンクとかファストリ、今見たら塩漬けマンがショートしてた所、いつものように最天井で持ってたら爆益ですね・・・
半導体関連、リバったらちゃんとショートしたいです(´・ω・`)ショボーン

●イベント● 赤:米中 青:日米 オレンジ:米その他 紫:欧州懸念
夏 【イグニス】VOYZから第四隔壁を超えるボーイズグループがデビュー予定
8月中 【中村超硬】 南京三超社との正式契約に向けた合意を目指す
8月28日 日本の韓国ホワイト国除外施行
8月29日 【ジーンテクノ・JCRファーマ】 ダルベポエチンアルファバイオ後続品の国内での医薬品製造販売承認の審査
2019年前半 【ラクオリア】ジプラシドン(統合失調症:市場規模(日本)約1,600億円)の三相終了予定
2019年7月~9月 【そーせい】 新規喘息治療配合吸入剤QVM149治験第三相終了予定
9月までを目指す 【免疫生物】抗HVI抗体の医薬品原料の薬効・薬理試験成果 ※導出は2023年3月期以降見込み
※抗 HIV 抗体の医薬品原料の導出は、2023 年 3 月期中を目指す
9月1日 米中貿易交渉妥結しなければ一部品目を除いた対中関税第四弾発動
9月1日 中国750億ドル分(約8兆円:農産品や原油、小型の航空機や自動車を含む5078品目)の一部に15%の対米関税発動
9月はじめ アメリカ議会が政府の借金の上限を引き上げなければ9月はじめに資金が枯渇(→与野党対立)
9月上旬 ロシア極東ウラジオストクで開かれる東方経済フォーラムに安倍首相が出席
9月中 日米貿易交渉の最終決着
9月3日 23:00 アメリカ・ISM製造業景気指数 08月
9月4日 21:30 アメリカ・貿易収支 07月
9月5日 21:15 アメリカ・ADP雇用者数 08月
9月5日 23:00 アメリカ・ISM非製造業景気指数 08月
9月6日 21:30 アメリカ・雇用統計 08月
9月5日~8日 【リボミック】 パリで開催されるEURETINA 2019 国際会議でRBM-007 による加齢黄斑変性治療薬の研究成果と治験結果に関する発表
9月13日 【インパクト】第二四半期報告書提出延長期限
9月18日(日本時間19日3:00) FOMC
9月18日~19日 日銀会合
9月18日 【曙ブレーキ】事業再生計画案の決議のための債権者会議
10月 【幼児教育関連】幼児教育・保育の無償化
10月 「共通アプリでQRコード決済」金融機関が今秋開始「Bank Pay」
10月 アルゼンチン大統領選挙の本選挙(フェルナンデス元首相当選したら大暴落)
10月1日 対中関税第1弾~3弾の2500億ドル(約26兆円)に対する25%の関税を30%に引き上げ
10月31日 ブレグジット期限
11月1日 【任天堂関連】「Nintendo Switch Lite」発売
11月16日 【SIMフリー関連】改正電気通信事業法(※違約金上限1000円の省令案)
11月中旬 アメリカ自動車への追加関税導入の判断
12月15日 アメリカ、一部延期されていた対中関税第四弾発動(15%)
12月15日 中国、一部発動されていなかった対米関税発動
2019年 【ドラクエウォーク関連】ドラゴンクエストウォークリリース
2019年夏~秋 【GNI】 孫会社Continent Pharmaceuticals Incが香港証券取引所メインボード市場上場可否
2019年秋 【日本一ソフト】ディスガイア再リリース
2019年秋 【Klab・ブシロード】スクスタリリース
2019年2月~2020年1月 【サンバイオ】外傷性脳損傷を対象とした細胞治療薬「SB623」の国内承認申請を目指す
2020年3月まで(2020 年3月期中) 【免疫生物】認知症関連タンパク質として、アミロイドβを中心とした種々のタンパク質に対する抗体・測定系の日本上市目指す(海外では販売中)
2020年3月まで(2020 年3月期中) 【免疫生物】難聴・めまいの原因を生化学的に診断できる世界初のバイオマーカー「CTP(cochlintomo-protein)」に関する発明の製造(日本国内での薬事申請・販売は権利譲渡した他社が担当)
2019年度中 【ライドシェア関連】政府は相乗りタクシー解禁を目指す
2019年後半 【メドレックス】MRX-1OXT(オキシコドン)P1b試験実施予定
2019年後半 【メドレックス】MRX-1OXT(オキシコドン)導出計画?
2020年3月まで NHKネット同時配信を開始したい方針
2020年3月まで 【リボミック】 RBM-007等でライセンスアウト、事業提携等で1億円の売上予想(=そのIRが出る可能性がある ※2020年4月からの1年で売上1億円達成出来なければ上場廃止)
2020年3月30日 【花月園】流通株式時価総額が、上場廃止基準に定める所要額(5億円)未満となっているための上場廃止猶予期間終了
2020年6月 【モブキャスト】 シン・エヴァンゲリオン劇場版公開
2020年6月末 【岡藤HD】日産証券と経営統合の最終合意を目指す
2020年 【カジノ関連】カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備に当たっての基本方針公表
2020年 固定価格買取制度(FIT)を改正しメガソーラーはFITでなく卸市場で売買(経産省方針)
2020年度 がんゲノム医療開始
2020年 【メドレックス】 MRX-5LBT(リドカインテープ剤)NDA申請見込み
2020年 フェイスブックのデジタル通貨「リブラ」サービス開始
2020年後半 【DNAチップ】肺がんパネル診断研究開発終了、薬事申請予定

●ホールド中銘柄含み損益●
ジーンテクノ +268191

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)