2019-09-29 07:54 | カテゴリ:勉強や投資情報
若い頃から投資を勉強する事は大事だと昨日書きましたが、決してそれは楽して金儲けするためではないです。

若い人は投資というとすぐこういう発想になります。
2cd22228-s11.jpg

これは間違いで、投資をしている人の9割が負けているのに、投資で楽をして儲けれるはずがないです。
若い頃から投資を勉強する事が大事な理由は昨日の記事で書いた「より多くの時間的リスクを取れる」という理由以外にも、以下があります。
・勉強出来る期間がより多くなる(学ぶ事は無限にありゴールがないから)
・経験を積める期間がより多くなる(経験に勝る勉強はないから)

・投資で稼げないと気づいても人生に与えるマイナスの影響が少ない
・投資で損失を出しても若いので少額となる可能性が高く金銭的ダメージが少ない


例えば逆に、定年退職した老人が投資を始めても、勉強する期間も短く、投資するには邪魔な知識や経験から予断が多く負ける要因になり、積める経験も少なく、投資をするのに一番不必要というか、あったら負けるプライドも高く、でもお金は持っているので、負けるのが当たり前なのに大金を掛けて失ってしまい、それが老後資金だった場合、人生が詰んでしまいます。

次に、【正しい投資の勉強法】いかに株で儲けるかではなく、いかに株で儲ける事は難しいかを学ぶべきです。
つまり、ランダムウォーク理論と効率的市場仮説から始めて、行動ファイナンス理論を学んで、結果として株とは大部分の人が負ける「敗者のゲーム」である事を理解した上で、それでも投資をしようという覚悟がある若者は、自分なりの効率的市場仮説を超越する方法を探求していくという勉強法を取るべきです。

それがファンダでもテクニカルでもフリーランチ(裁定取引等)でも手法(定率再分配ポートフォリオ等)でも自分だけの方法を勉強し、市場は1日として同じ事がなく、日々変わり続ける事から、勝てる方法を見つけてもいずれ勝てなくなるので、日々絶え間ない努力をし続ける事が重要となります。

その茨の道を歩む覚悟がないのであれば若者であっても最初から投資という世界に足を踏み入れるべきではないです。
その覚悟がないのであれば、若者ですらない人は言うまでもなく、絶対に投資をしてはいけません

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
2019-09-22 09:18 | カテゴリ:勉強や投資情報
マルチモニターって本当に便利ですよね。
しかも2枚とか、PC複数台とかいう中途半端なのじゃなくて、塩漬けマンのようにPC1台でモニター7枚とか。
この便利さの愉悦に浸ったら、もう元には戻れません。

↓例えばこれ、ウィンドウの切り替えなしに9つの作業を同時にしています
20190916DSC_0453.jpg
・【ブラウザ】ツイッターで情報収集
・【ブラウザ】世界の株価で市況監視
・【自作ツール】適時開示&企業HP自動チェックツールで引け後の材料確認
・【ブラウザ】PTSランキングで引け後に動いている銘柄をチェック
・【ブラウザ】SBIでPTSの状況を確認
・【ブラウザ】株探で上記の適時開示や業績を確認
・【エクセル】業績の詳細等を確認
・【ブラウザ】材料が見つかったら明日の分のブログの●材料●を更新
・【ブラウザ】面白動画を流しながら

これは本当に便利で、投資家でなくても、一般人もやるべきです。

1台のPCでモニター沢山を表示するには、PC側に沢山モニター出力がついていないといけません。
例えば、塩漬けマンのPCの出力は以下の通りです。
20190916DSC_0455.jpg
・マザーボードに3個 ※左上未使用
・追加グラフィックボードに5個 ※真ん中4個使用
・追加グラフィックボードに5個 ※一番下3個使用

で、理論上は13モニターに出来るはず??
※マザーボードの出力を使っていないのは、グラフィックボードを追加している時は、マザーボードを使わず全部グラフィックボードの出力を使った方が安定すると聞いたからです。

ここで気を付けないといけないのは、クローン(ミラー)モード(=複製)は違うって事です。
201909163mode.jpg

塩漬けマンはPC本体のマザーボードにグラフィックボードを追加してマルチモニターにするという王道をやっていますが、PC本体に後付けする機械(グラフィックボードのようにマザーボードに直接接続しない)でマルチモニターにする場合は、通常、クローン(ミラー)モードしか出来ないのが基本になりますので注意して下さい。
なぜ後付け機器では出来ないかと言うと、モニターというのはハードウェアであり、つまりOS以前にBIOSに認識させないといけないので、マザーボードに直に装着されていないと基本認識出来ないからです。

ただし、USBポートをモニター出力に変換する機械っていうのもあるようです。
USBで簡単!マルチディスプレイ
これを使えば普通のPCには沢山あるUSBポートをモニター出力にしてしまう事が出来るという・・・

塩漬けマンのPCってUSB6個ぐらいついてるんですけど、この機械を使えば、さらに6モニター追加出来て合計19モニターが理論上は可能って事?!
無理だと思うんだけど・・・やるつもりもないし、真偽はパソコンに詳しい人に任せます。

何が言いたいかというと、後付けのマルチモニターに出来る機械を買う時は、クローン(ミラー)モードしか出来ない(マルチディスプレイモードは出来ない)かどうか、しっかりと確認して下さい。

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
2019-09-21 08:12 | カテゴリ:勉強や投資情報
Chatworkが上場します。
どうしてこれが注目されているかと言うと、こないだアメリカでIPOをせずに直接上場した同業他社のSlackのせいだと思いますし、今ビジネスチャットが流行っています。

まず、ビジネスチャットとは、メールよりも安全・簡単に社内でコミュニケーションを取るツールです。
要するにパソコンを使う業務をやってるサラリーマンなら誰でも知ってて使った事のあるフリーソフトの「IP Messenger」です。
どうしてビジネスチャットという新しい概念が作られたのか?
勿論IT企業が商品を売るためです。
IT企業は既存の仕組みやソフトも、新しい言葉に置き換えて、さも新しくて凄いもののように宣伝して売る手法を昔から使っています。

営業「チャットアプリを使いませんか?」
会社「は?社員が仕事中に雑談なんてしていいと思ってるの?」
現場「は?IP Messenger使ってるけど」

→売れない

営業「ビジネスチャットを導入しませんか?」
会社「何それ?」
営業「ビジネスにおけるコミュニケーションを円滑に取る事で仕事の効率を上げるツールです。」
会社「メールと何が違うの?」
現場「IP Messengerと何が違うの?」

営業「使い勝手がよく手間が掛からず効率的で送信後に編集削除も出来ます。つまり、メッセージを送受信するだけでなく、情報をメンバーで共有し、更新等も出来る事で随時ブラッシュアップされ、最新の情報をメンバーでリアルタイムに共有出来ます。そのデータは蓄積されビックデータとして利用できます。昨今働き方改革が叫ばれていますが、まさにビジネスチャットでビジネスの現場に革命が起きているのです。IP Messengerと違い通話も可能ですし、管理者がいますので集中管理可能で、勿論暗号化等によりセキュリティは万全となっています。」
→売れる

的な感じです。ちなみに、上記の営業が言っている事は、全部既存のフリーソフトで昔から出来ます。ただクラウドではないです。

市場規模ですが、ITRさんの記事によると以下の感じです。
20190920ビジネスチャット市場規模
2017年度のビジネスチャット市場は前年度比80.2%増
各種業務システムとの連携による適用範囲の拡大で、2020年度は100億円規模の市場に
ITRがビジネスチャット市場規模推移および予測を発表


パイはかなり小さいです。
にも関わらず、フリーソフト含めて、無数の会社がサービスを提供しており、もはやレッドオーシャンで儲かるとは思えません。

↓このサイトにシェアが記載されていました。
ビジネスチャットの市場規模・シェアの最新情報!どのビジネスチャットが一番使われているのか?
20190920ビジネスチャットシェア
※今回上場するChatWorkは五位

ただし、これ、圧倒的一位で、下手したらシェアの90%ぐらいを占めている「IP Messenger」が調査から漏れています。
※チャットしか出来ないから厳密にはビジネスチャットに分類されないかもだけど
Skypeは非公開となっていますが、マイクロソフトの公式チャットアプリだったメッセンジャーと統合されており、おそらくOSに最初から入ってたりするので、シェアはかなり高いはずです。
その上でさらにビジネスチャットに特化したMicrosoft Teamsというサービスがあるようです。
後、グループウェアで圧倒的シェアを誇るサイボウズも、その中にビジネスチャットサービスがあると思います。

そして、上記のサービスの多分全てが基本無料です。
※無料は広告で稼ぎ、別途有料プラン有

まとめると、
市場規模が小さい
競合他社が多過ぎる上に大手も参入してる
基本無料で儲からない(広告収入)

と、かなり厳しいビジネス環境にあると思います。

そんな中、6月にアメリカで上場したSlackが注目を集めます。
Slack上場初日の株価急騰、終値は48.5%アップの38.50ドル

売上がたった400億円の赤字企業が脅威の時価総額2兆円です。
これをバブルと言わずしてなんというのか・・・この株価が正当化された理由はアマゾンが引き起こしたサブスクバブルです。
赤字なんだけど→成長投資中だから当たり前!
売上少ないんだけど→成長投資中だから成長率を見ろ!

※元々売上少ないんだから、少しヒットしたら成長率が凄い事になるのは当たり前
って事で、サブスクってだけで理解不能な株価高騰する銘柄が多数で、それは日本市場にも波及しました。
サブスク企業を評価するために40%ルールという投資尺度も登場しました。
しかし、現在グロース株が下がる市況のせいもあり、日本のサブスク銘柄は下げ続ける銘柄多数(Sunsun上場来安値更新中)でサブスクバブルも収まってきています。

勿論Slackの株価は延々下げ続けていますが、未だ売出価格の26ドルを少し下回った段階です。
20190920Slack.jpg

上記の概論を理解した上でいよいよChatworkの細かい数字を見ていきます。

【公募価格】1,600円
【吸収金額】156億円
【時価総額】585億円
【予想売上】17.7億円
【予想PER】1019倍
※予想営業利益が少ない(0.67億)ので異常値となっている
※超甘々想定で将来営業利益率が40%行くと仮定してもPER100倍の割高設定
【予想PSR】33倍
【予想40%ルール】売上成長率36% + 営業利益率3% = 39%
【ロックアップ】VCが約20%保有し1.5倍ロックアップ解除

買える要素が一つもありません。
正直PSR的にも、公募価格500円が限界です。
よっぽど成長性(売上倍増ぐらい)があったとしても1000円です。
売出が多く、VCのイグジット案件にしても酷過ぎる割高設定です。
ただでさえ、今現在はサブスク銘柄始め、グロース株に資金が集まらない市況です。

ただし、目論見書を見ていて、この会社偉いなって思ったのは、赤字企業のくせに平均給与が高くて、従業員にSO発行しまくってる(発行価格250円)ので、それは株主に取っては最悪の会社ですが、従業員に取っては最高の会社となります。
この会社の株主にはなりたくないけど、従業員にはなりたいなって思いました。

ではこのような会社を煽り屋はどう煽ってくるのか。
二つ考えられます。

「KDDIと業務提携!」←まだ許せる
「Slackの時価総額1.5兆円と比べたらChatworkは600億円!超割安!!」←もはや煽り屋ではなく詐欺師レベル

Chatworkを煽るのに、Slackを出してきた人がいたら速攻ブロックした方がいいです。

ただ、一つ言っていいですか。
多分公募割れもしくは、公募近くで寄って、最初は株価は上がると思います。
例え、初日は撃沈しても、二日目以降持ち直す可能性高いです。
夢株だから。夢しか見ない愚か者が買いますし、その愚か者を食い物にするプロの投機家も買います。
それで利益を出せるのは、勿論マネゲだと理解して買っている投機家だけです。
勿論塩漬けマンも公募割れでもしようものなら買いますよ。
愚か者を食い物にするために( ・`ω・´)キリッ
いつも食い物にされていますが(´・ω・`)ショボーン

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
2019-09-08 07:41 | カテゴリ:勉強や投資情報
昨日に引き続いてこの記事が気になってインデックスファンドについて調べてみた感想です。
「世紀の空売り」投資家、インデックスファンドに警鐘-CDOと類似

上記の記事で一番気になったのは、勿論「CDOと類似」って所です。
あのリーマンショックの元凶のCDOとどの辺が類似しているのか・・・

まずCDOというのは、不動産担保証券の内、異なる格付けの債券を混ぜて、高い格付けをしてもらって売る詐欺的手法です。
【例】
格付けAの債券
格付けAの債券
格付けBの債券
格付けCの債券
を混ぜてCDOを作って、新しい債券なので新たに格付けしてもらったら、あら不思議その格付けはAに。
仕事が欲しい格付け会社は金融機関の言われるままにAの格付けを付けるから。
もし格付け会社がAを付けなければ、Aを付けてくれる別の格付け会社に仕事が奪われるだけだから、どの格付け会社も適当にAにしてくれます。
そんな事とはつゆ知らない購入者はAの債券だから安全だと思って喜んで買っていきましたとさ。
これとどう似ているのか?

インデックスファンドって、いいと考えられる株、上がると考えられる株だけを買うんじゃないんです。
指数と完全連動を目指すから、業績悪く割高で将来性もない銘柄でも買うんです。
それは全然OKです。
全て織り込んで今の株価だから、どんな糞株でもその株価が上がるか下がるかは1/2で神のみぞ知るです。
ファンダメンタルズやテクニカルは無視されてひたすらに指数と連動するように銘柄を買います。
因みに買い方は以下の方法があるそうです。
完全法
抽出法
シンセティック・リプリケーション


つまり、市場参加者にファンダメンタルズでもテクニカルでもなく裁定取引でもなく、機械的に買うという新しい参加者が登場したのです。
しかもインデックスファンドは長期定期定額で買うのが勧められているので、多くの場合、売りはほぼなく、ひたすら買われるだけ・・・

昨日ブログで書いたように、インデックスファンドが流行り過ぎて、その売買が価格形成に影響を与える規模になっていたら、糞株でもインデックスファンドのせいで買われて高値になっちゃう事になります。
この辺りが、低い格付けの債券が混じってるCDOとなんとなく似ています。

また、ひたすら機械的に買うだけって日銀のETF買いと似てますよね。
日銀のETF買いのせいで日本市場は流動性が死んでアルゴの天下の酷い有様です。
アメリカ市場も、インデックスファンドのせいで流動性が死んでアルゴの天下になっているのではないでしょうか?
なので、ダウが上がる日は個別銘柄関係なく全部上がる。下がる日は逆。
しかもダウとナスダックとS&P500って構成銘柄が違いますから連動しなくてもいいのに、ほぼ毎日連動してますよね。
※寄与度の高い銘柄が決算で大きく騰落すると、その銘柄の入ってる指数だけ+-の幅が違うけど、それでもザラ場の上げ下げはほぼ連動してます
そして先物主導で延々売られたら、ひたすら個別現物株も連動してひたすら売られる。
アルゴのせいで相場が一方向へ行きやすいという批判が出ている原因(流動性がないから)です。

しかし、日銀のETF買いとインデックスファンドでは大きく違う点があります。
インデックスファンドは顧客が解約したら売るんです。
決して買うだけじゃないんです。 ※日銀もいつか売るんでしょうが・・・
そしてアメリカの景気拡大が始まってもう10年(過去最長)になろうとしています。
10年前にインデックスファンドを買い始めた人は薄利と言えど凄い利益になっているでしょうし、そろそろ買うのを止めるか、利確を考える時期です。
それに景気後退入りして株価指数が下がっても、長期投資だから気にせず買い続けるっていう人は素人だけだと思います。
プロは解約に動くし、インデックスファンドが流行の頂点で、これ以上の購入者がいないと、今まで買うだけだったのに、一転、売るだけになります。

まさに一番上で紹介した「世紀の空売り」投資家が言っている「資金の流れがいつか反転すれば、市場は荒れ模様になろう」という状態になります。
前々から言っているように、ETFを日銀がどれほど買おうと長期的には日経平均を上げる効果はありません。
同様に、インデックスファンドがどれだけ株を買おうと、一時的には株価を上げる効果があっても、長期的には必ずファンダメンタルズに収束します。
つまり、インデックスファンド買いでファンダメンタルズが無視されて一時的に割高になっている銘柄(特に糞株)は将来必ず下がる運命であるのに、さらに逆流を始めたインデックスファンド売りがそれを加速させ、凄まじい暴落を起こすかもしれません。

なので、「世紀の空売り」投資家は、インデックスファンドの影響がアメリカよりも少ない日本市場で、尚且つ日本のインデックスファンドも買わないような小型株を大量保有し始めたのではないでしょうか。
「世紀の空売り」投資家が日本の中小型株上昇に期待-8銘柄保有
※この日本の小型株を買う戦略は微妙だと思います。
この人は外需系を多く買っていますが、凄い成長性(例えば村田製作所を成長する前に見出して買うようなレベル)がないと通常はリセッション入りしたら日本の小型外需系は延々下げ続けるだけだと思います。

そしてこのインデックスファンドが証券会社が金儲けするための大事な商品である場合、勿論証券会社はバブルを警告する事はないので気づきにくいという危険がありますし、むしろ証券会社はバブルが弾ける前により沢山の人に売り込もうと営業攻勢を掛けるので要注意です。
また、アナリストも証券会社に雇われていたらこのバブルを指摘してくれません
今回のようにメディアが投資家の意見として報じるようなパターンでしか分からないのでアンテナをしっかりと張っていないといけません。

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
2019-09-07 08:49 | カテゴリ:勉強や投資情報
これが凄く気になるので、ちょっと調べて考えてみました。
「世紀の空売り」投資家、インデックスファンドに警鐘-CDOと類似

インデックスファンドって投機家である塩漬けマンの興味の対象外なのですが、最近至る所で目にするようになりました。
という事は、バブルの可能性有です。
んで、どの辺にバブルが発生しているのか、これは詳しく調べなきゃと思ってググったのですが、沢山出てくるのは一般的な内容ばかりで、詳細なのはないので、ここからは想像の話なので注意して下さいね。

指数と完全連動する投資商品(インデックスファンド)で基本的に長期定期定額購入するドルコスト平均法で少額づつ買う。
つまり、
インデックスファンド = 分散投資(指数構成全銘柄を買っているのと同じ)
ドルコスト平均法 = 時間分散(時間を犠牲にして短期的な下落の影響を排除)

って事で、リスクを最大限軽減しているため、負けにくく大きく儲からない投資商品です。

これを見た瞬間、「ダメだな」って直感しました。
インデックスファンドって証券会社は手数料で100%利益が出るんです。
裏を返せば、買ってる投資家は100%損をするって事です。
つまり、
建前「長期であればあるほど負けにくい」
本音「長期であればあるほど手数料で負けが増えていく」
って事です。
※しかも長期なので含み損になっても気にせず、むしろ安く買えると喜んで買っていく・・・

ドルコスト平均法って塩漬けマンはダメだと思っています。
というのも今って金が凄く値上がりしてるじゃないですか。
実は父が数年前から金を買っているのです。
塩漬けマン「父さん!金凄く上がってるから、ぼろ儲けでしょ?」
父「ドルコスト平均法で買ってるからそんなに儲かってない」
塩漬けマン「???どうして安い時に一気に買わなかったの?」
父「・・・ドルコスト平均法で確実に儲けるため・・・」
塩漬けマン「1億円投資するなら1%の利益で十分だけど、父さんって一つに総額でも100万ぐらいしか投資しないのに、たった1%の利益を出して意味あるの?1万円儲けて嬉しいの?」
父「・・・」
塩漬けマン「それ、手数料欲しい証券会社に騙されてない?」
父「・・・」
※勿論金を買おうと思った時は、将来上がるか下がるかなんて分からないんだから、「安い時に一気に買う」って現実的には不可能で、それが出来れば全員金持ちで、出来ないからこそのドルコスト平均法なんですけどね。
※ドルコスト平均法って必ず儲かる訳ではない上に運よく勝てても薄利となるんです。金って配当みたいな金利がないですから、安全資産として持つ以外では、大きな値上がり益こそ狙うべきです。
それが出来なくなるドルコスト平均法で買う意味はないです。
大きな値上がり益を狙わないなら、アメリカの10年国債でも買ってた方がほぼデフォルトしない(=ほぼ元本保証)の上に毎年金利も貰えてどう考えてもお得です。
金を買う意味って日本経済が破綻とかして円が紙切れになった時でも大丈夫ってぐらいでしょう・・・土地よりも流動性がありますしね・・・でもそれだったらビットコインを買った方がいいです。インフラが整ってれば普通に通貨として使える上に保管も簡単だし、日本経済破綻ってなったら、物凄く値上がりするのでいい事しかないです。
※敢えてドルコスト平均法で買うメリットは何かと聞かれたら、手元に大金がなくても、少額の手持ち資金で投資を始められるって事くらいでしょうか・・・って謳い文句で証券会社が営業して貧乏人も投資の世界に誘い込んでそうですが・・・貧乏人こそ大きな値上がり益を狙うべきでしょうに・・・


まぁドルコスト平均法についてはググれば否定意見は沢山出てきます。
毎月一定額を積み立てる「ドルコスト平均法」がベストではない理由
金融機関が絶賛する「ドル・コスト平均法」は大いなるペテン…?
要は、時間的リスクを取って(=時間を犠牲にして)一見負けにくく見せているだけで、手数料を長く取りたい証券会社の罠って事です。

という事は、インデックスファンドってドルコスト平均法で投資商品を売りたい証券会社の最新の営業ツールなんじゃ・・・て思いました。
塩漬けマンは元SEなので、こういうのをIT業界で沢山見てきました。
やってる事は既存なのに、新しい概念を作り出して、さも革新的な事のように喧伝して売るんです。

さて、どうしてこれがアメリカで流行ってるかっていうと、アメリカの株価指数がずっと上げ続けている=インデックスファンドを買っている人は儲け続けているからだと思います。
それに外国人がアメリカ株を買おうと思っても、自国の事じゃないし、言語が違うので情報を取得しにくいとなると個別銘柄は怖いので必然的にインデックスファンドは分散投資という観点から選ばれやすいです。

んで、何がバブルかと言うと、インデックスファンドが流行ると、インデックスファンドって株を買うだけですから、必然的に株価が上がっていきます。
しかも長期定期定額購入が基本だから、延々と買う人だけが増えていくだけ・・・これが市場に影響を与えない規模ならいいですが、市場に影響を与える規模になるとファンダメンタルズを無視して買われているのでバブルです。
※市場に影響を与える規模になっているかは分かりません

でも、ダウやS&P500のPERはずっと昔からあまり上がっていないし、むしろ最近は落ちています。
つまり、ファンダメンタルズに加熱はなく業績に応じて適切な株価指数の値になっているのではないか?
しかしこの考え方には落とし穴があります。
アメリカ企業の自社株買いが凄いです。
2018年12月時点で、10月以降に米企業が発表した自社株買いは、2600億ドル(約28兆8000億円)にも及び、それを上回ったのは過去一回だけだそうです。
自社株買いをすればPERが下がります。
でもそんなに下がっていない・・・つまり一見過去とそう変わらないように見えるダウやS&P500のPERは、自社株買いがなければ、凄く高い数値になっているかもしれません。

自社株買いがPERに影響を与える程行われている(仮定。そうじゃないかも)としたら、PERを過去と比べる事に意味がなくなってしまいます。
なぜなら、企業の業績(ファンダメンタルズ)に関係ない所で数値だけが変動するから。

つまり、まとめると以下の感じ。
①景気拡大期で株価指数が上がり続ける(=インデックスファンド買ってる人は儲かり続ける)

②インデックスファンドはリスクなく確実に儲かると誤解される

③ノーリスク(手数料)で金儲けしたい証券会社の営業攻勢もあってインデックスファンドが流行る

④業績でなくインデックスファンドが買っているから株価指数が上がる

⑤益々インデックスファンドを買っている人が儲かる

以下④からを無限ループ=バブル


【上がるから買う、買うから上がる】この魔法の状態をバブルと言います。

※上記は仮定で書いている部分
・自社株買いがPERに大きく影響を与えているか
・インデックスファンド買いが株価指数に大きく影響を与えているか

については塩漬けマンの想像で検証出来ませんので、それは専門家に任せます。

長くなったので今日はここまで。
明日はインデックスファンドがもたらすもう一つのバブルの可能性についてです。
インデックスファンドがバブルか考えてみた② ※想像

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)