2020-07-23 08:59 | カテゴリ:YouTube
コロナ自粛なので、部屋で焼肉する場合にどうかなって思って以下の無煙ロースターを買いました。

■カセットガス スモークレス焼肉グリル 「やきまる」


使ってみた感想は動画をどうぞ。


結果、普通に煙は出るので、部屋で使うよりも、庭とかある人は外で使うのがベストです。
何せ、電源なしで持ち運び自由なのがこの商品のメリットでもあります。
でも、外でしか使わないなら、最初から↓こっちを買った方がいいです。

■炉ばた焼器 炙りや


事実、皆そう思ったのか、こちらは売り切れで、やきまるは残ってました。
そして、やきまるを買ったからには、部屋で使いたいですよね・・・(´・ω・`)ショボーン

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
2020-07-18 11:08 | カテゴリ:YouTube
島根編ラストは国宝松江城です。
やはり現存天守は圧巻です。
本来陸軍に払い下げられた時に壊されるはずだったのに地元の有志のおかげで、天守閣だけは今に残っています。
尚、三の丸があった所は現在は島根県庁になっています。
元々亀田山という山にあった末次城が前身なのですが、陸軍が平らにしているでしょうから、城の全体像は結構崩れており、元々山だったとは思えない感じになっています。



因みに、松江城の前の銅像は、最初に築城した堀尾吉晴という戦国大名です。
目立った活躍をしていないので一般には無名ですが、見事な出世を果たした戦国大名です。
元々、織田信長と敵対していた親戚の岩倉織田氏の重鎮で、岩倉織田氏が織田信長に滅ぼされてからは織田信長に仕えます。
しかし、豊臣秀吉の中国攻めぐらいから豊臣配下となり、有名な全ての戦に参戦し、功を立てます。
↓堀尾吉晴の領地
丹波国氷上郡 ←元明智光秀領地
近江国佐和山 ←石田三成の領地になる超重要拠点
遠江国浜松城 ←元徳川家康本拠地の超超重要拠点

転封に次ぐ転封でまともに領国に根付いて、領国経営をした事がないぐらいですが、それだけ豊臣秀吉に信頼されていたという事です。
「こいつなら裏切らないし、失敗もしないから重要な土地を任せられるし、すぐに転封しても文句を言わないだろう」
的な旧知の戦友的な立ち位置。
なので、豊臣秀次付の宿老になりますが、豊臣秀吉によって、秀次が粛清された後も、秀吉に重宝されます。
しかし、戦国時代を生き抜いてきた堀尾吉晴は、秀吉の次の天下人は徳川家康だと見抜いていました。
秀吉亡き後は家康に接近し、関ヶ原では東軍に付き、見事出雲富田24万石を与えられ、国持大名となります。
しかし、後継ぎがおらず、改易。

京極氏を経て、最後に松江城の城主になった松平直政は徳川家康の孫(越前松平家)ですが、武勇を示すために凄く頑張って合戦に参加しており、大坂冬の陣ではあの真田幸村が守る真田丸を攻め立て、その見事な若武者ぶりに感銘を受けた真田幸村が持っていた軍扇を投げ渡したそうで、これは松平家の家宝となり、松江城に展示されているそうですが、なんと、それを知らなくて動画に収める事が出来ませんでした・・・
大阪夏の陣では真田幸村軍を破ったのも松平直政軍とされ、家康から褒められています。
越前松平家が徳川本家(二代目秀忠)と不仲だったなか、直政は順調に出世し信濃松本藩主だった時には、松本に新銭座を起こして寛永通宝松本銭の鋳造を許されるなど、格別の扱いを受けていました。
出雲に転封され、国持大名に出世出来たのも、直政ならではでした。

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
2020-07-11 10:18 | カテゴリ:YouTube
名所史跡巡り島根編三回目は石見銀山です。
そして、その中にある山吹城が思いがけず、今まで行った中で一番危険なガチでヤバイ山城でした。
ほんと、行って良かったなって思いました。



山吹城は、時々の支配者によって、城主は変わっていますが、沢山いる城主の中に、歴史に埋もれた、もしかしたら戦国時代で一番合戦が上手かったかもしれない名将がいます。
裏切りの名将、本城常光です。
石見の国人であった本城常光は、時々の情勢により、尼子経久→大内義隆→尼子晴久→毛利元就と裏切りに次ぐ裏切りで主君を変えます。
しかし、尼子晴久配下となっていた時に、外様の国人に過ぎなかったのに、その戦上手を買われて、石見銀山防衛のため、山吹城の城主に抜擢されました。
譜代の重鎮のような厚遇です。

それに応えて、本城常光は、石見銀山を奪うために侵攻してきた、毛利元就・吉川元春連合軍を二度に渡って破り(忍原崩れ、降露坂の戦い)
※毛利元就と吉川元春は基本的に戦に負けたことがない常勝将軍ですから、彼らに二連勝って、武田信玄に二度勝った村上義清並みに凄いです。しかも降露坂の戦いは圧勝で、毛利元就は命からがら敗走しています。
戦上手ぶりを発揮しますが、雲芸和議で尼子義久に見捨てられ、毛利元就の調略に乗り、毛利方に寝返りました。

周辺国人の軍事的・精神的支柱でもあった、本城常光が毛利方に鞍替えした事により、石見のみならず出雲の国人までこぞって毛利方に寝返りました。
しかし、かつて第一次月山富田城の戦いの時、戦の最中に大内方から尼子方に寝返り、大内大敗の原因を作ったのも、本城常光でした。
この時、大内軍に参加していた毛利元就は殿を務め、九死に一生を得て命からがら郡山城に辿り着きました。
第二次月山富田城の戦いに際して、再び本城常光が裏切り、第一次月山富田城の戦い敗北の二の舞になる事を恐れた毛利元就は、本城常光を誅殺しました。
これにより、本城常光と一緒に尼子方を裏切っていた国人衆が、再び尼子方に復帰し、第二次月山富田城の戦いは4年も掛かりました。
※戦国時代前期は戦いの主力は農民である足軽であり、田植えと稲刈りがあるので、春・秋は戦が出来ないため、基本的に半年を超える遠征は出来ない。
※毛利元就が戦国時代前期では前例のない4年にも渡る出雲遠征(第二次月山富田城の戦い)が出来たのは、勿論、石見銀山の銀の力と思われます。
本城常光を誅殺していなければ2年で終っていたとも言われていますが、敗北していたとも言われており、歴史のIFとなっています。

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
2020-07-04 08:20 | カテゴリ:YouTube
前回に続いて、名所史跡巡り島根編②は月山富田城です。
この城は凄いですよ。
流石の尼子氏の本拠地。



月山富田城は安来市って所にあるのですが、実はここ、ドジョウ掬いの安来節で有名です。
でもあれってドジョウ掬いの踊りは、一部門であって、メインは歌で、三味線や太鼓等の楽器も重要です。
それぞれに家元や名人がいて、伝統文化として継承しています。
大正時代に渡部お糸が大成し、その名前を家元として代々襲名し、現在は四代目となっています。
東京・大阪始め、全国巡業をし、浅草には安来節専門の劇場まで出来、台湾や満州まで巡業していました。
動画で紹介したかったのですが、安来節資料館みたいな所は、芸能だけあって撮影禁止だったので、動画が撮れずに、ブログでの紹介となります。

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
2020-06-27 11:04 | カテゴリ:YouTube
コロナ自粛のせいで、名所史跡巡りが出来なかったですが、いよいよ復活です。
前まで、一とおり観光地に行って、順番に紹介してたけど、今回から、テーマを決めて、深く掘り下げていくスタイルにしました。
というのも、自粛でGW暇だったので、島根の戦国大名尼子氏について調べて、その紹介動画を作ってたら、どんどん詳細になっていったし、実際面白いので、そのテーマで深く行こうかなと。
観光地に行ってから、それ用の動画を作るんじゃなくて、動画の構成を決めてから、それに見合った観光地に行くスタイルに変更って感じね。

↓まぁこんな感じですよ。見てみてください。


前、スマホを新しくしたって言ったじゃないですか。
んで、最高画質(4K)で動画撮影して、AviUtilで編集してたら、「メモリ不足です」エラーが頻出しすぎて困ってるんですけど・・・
AviUtilって32ビット版しかなくて、いくらパソコンにメモリを積んでも意味なくて、メモリエラーが出ちゃうんです・・・
そもそも追加プラグインのMP4で出力するのもエラーになるので、Aviファイルで出力しています。
因みに、AviUtilで出力した際のMP4とAviの違いは動画ファイルのサイズです。
・MP4(追加プラグイン出力):15分ぐらいの動画で1GB行かないぐらい・・・追加プラグインの力で、サイズが小さくなるようにしてくれてるっぽい
Avi(標準出力):15分ぐらいの動画で70GB・・・ヤバ過ぎでしょ・・・しかもこれって多分、ファイル形式が悪いんじゃなくて、AviUtilの標準出力に問題があってファイルサイズ大きくなってる気がする・・・
AviUtil限界かなぁ・・・てか、調べて行くと、やはり4Kはよくないみたい・・・

因みに、今回の動画では、赤穴瀬戸山城は古いスマホで撮影した動画(20MP)で、白鹿城が新しいスマホで撮影した4K動画です・・・あんまり変わらないどころか、むしろ画質悪くなってますね・・・

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)