2019-05-26 10:09 | カテゴリ:勉強や投資情報
先週決算情報サイトを作ろうかなって書きましたが、色々事前調査をした結果、断念しました。
決算投資情報サイトでも作ろうかな

以下はSEでないと理解出来ないので、結果だけ言うと
XBRL使いづらいから無理!
って事です。

まず決算情報取得に利用しようとしたのがXBRLというXMLちっくな仕様で、EDINETやTDNETで有報や決算短信の決算データを電子利用しやすいような形式で提供する仕組みです。

しかし・・・これ・・・使えません。
まず、TDNETは過去一か月の情報しか保有しません・・・意味が分かりません。
この仕様を考えた担当者はデータの電子利用という意義を理解していません。
次にEDINETは過去全部のデータを取得出来るのはいいのですが、WEBスクレイピング(プログラムによる自動取得)は出来ないようになっています。
この仕様を考えた担当者はデータの電子利用という本質を理解していません。
尚、アメリカのSECが提供しているXBRLはFTPで一気に全データを取得可能で、本来こうあるべきです。

そこで諦めかけた所に気づいたのが有報キャッチャーという民間企業がやっているサービス。
過去のXBRLを保存・提供してくれているサービスです。

まず利用規約を読むと、XBRLはATOMというXMLベースで保存場所が提供されている模様。
20190519AtomAPI.jpg

試しに上記の通りでWEBアクセスしてみると以下のように、確かにXMLっぽい感じで、XBRLデータへのアドレスが表示されました。
http://resource.ufocatch.com/atom/tdnet/query/6871
20190520有報キャッチャーXML

このファイルを全部見て精査すると、どうもhtmファイルに決算データがあり、ixタグのname属性で識別すればいい事が分かりました。
20190520XBRLデータ

↓とりあえずVisualStudioでASPのプロジェクトを作って、コードの方はこんな感じで、とりあえずアドレス直書きで、アドレス先のXML(Atom)から決算情報の入ったhtmファイルのアドレスだけを取得するようにしました。これはデバック画面で、下の「ウォッチ1」を見たら分かる通り、listHttpに上記画像のhtmファイルへのアドレスだけが格納されています。aって変数はデバッグを一時停止するために入れてるだけです。
20190520VStest2.jpg

んで、いよいよhtmファイルから決算データを抜こうと思ったのですが・・・これが難しい!
htmファイルにhtmlとxmlが両方記載されてるってどういう事?
塩漬けマンがSE時代に勉強したXMLってそんな複雑だったっけ・・・
普通なら.netフレームワークではXDocumentクラスを使って簡単に出来るのですが、以下を見て貰ったら分かる通り、量が膨大で「長すぎて無理です」っていう見た事がない例外エラーが返されました。
20190524XRBLファイル

ていうか、改行しろよっ!
上記画像で「ソース表示」で改行されてるのは有報の方です。決算短信の方はなんと、改行されていないので可読性ゼロですっ!
んで、とにかくixタグに必要なデータがあるのは分かっているので、ixタグ以外全削除して、ixタグのname属性を識別子にしてデータを取り出せるようにしました。

とにかく一つのデータを取り出そうとする度に問題が起きて、解決して次へ進んでいる時に・・・もう限界が来ました・・・
20190524XRBLデータ取得コード

例えば売上データを識別するための識別子がtse-ed-t:NetSalesなのですが、それだけだと前期売上とか予想売上とかも抽出しちゃうので、contextRefって属性も見て、判断しないといけないのです。
↓一つのファイルにこれだけの種類の売上(tse-ed-t:NetSales)があるので、contextRef属性で判断が必要
20190524識別子
一つ一つのデータ(コード、社名、決算期、売上等)取得するのに、何かしらそれぞれ異なる処理が必要(共通でないので共通関数化出来ない)です。
そうじゃなくて、キーを一つ投げたら、データが取得出来るのがデータベース(XML含む)の基本でしょ・・・
これ、XBRLの技術的な仕様書レベルから研究(勉強でなくて研究)しないと、どうやったら一意に効率的にデータを取得出来るのか分からないです。

ここでギブアップしました。
分かってます。XBRLは日本だけでなく国際的な統一規格だし、元がXMLなので、htmファイルだけでなく、xmlファイル・xsdファイルを使ってなんか上手くデータ取得出来るんだろうなって事は・・・でも塩漬けマンにはもう無理でした。
もう株探の決算でいいかな。
むしろ、やっちゃいけないんですけど、株探の決算のHPをWEBスクレイピングして、決算データを取得する方が多分楽です。
※多分個人でやる分には怒られませんが、そのデータで投資情報サイトを作って金儲けをしたら怒られます。
でもそれだと貸借対照表とかのデータがなくて、株探と同等になっちゃうので、やる意味もないですしね。

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
2019-05-25 10:16 | カテゴリ:雑談
前Netflixに嵌ってるって書いたじゃないですか。
それで面白そうなアメリカのドラマを探してて、サルベーション―地球の終焉― っていうドラマを見つけたのです。

これとんでもなく酷いドラマだったので、ネタバレ全開でいきますね。

天才学生が地球に衝突する軌道の小惑星を発見。
そこから謎の勢力に追われたりしながら、天才発明家で起業家の主人公と組んで世界を救うために戦うストーリー。
防衛次官とホワイトハウス報道官(女)のカップルも主人公サイドで、報道官は防衛次官と天才起業家との三角関係になったりと恋愛要素を入れながら、国家機密を巡る陰謀があり、ロシアと戦争しそうになったり、大統領が暗殺される権力争いがあり、国際的ハッカー集団と戦ったり、世界を裏で操る悪の秘密結社と戦ったり、終末思想を持つ怪しい自己啓発団体(宗教)と戦ったりしながら、空想科学の発明(反重力ブラスターとかレールガンとか)で小惑星の衝突から世界を救うために奮戦するストーリー。

これだけ聞くと最高に面白そうじゃないですか。
だってSFに必要な全要素が入っています。
小惑星衝突、空想科学、火星移住計画、国家陰謀、戦争、大統領暗殺権力争い、ハッカー集団、秘密結社、オカルト宗教・・・SFのフルコースですよっ!!

実際、1stシーズンは無茶苦茶面白かったです。
確かに、国際的ハッカー集団のリーダーが防衛次官の息子だったり、悪の秘密結社のボスが天才起業家の叔父だったり、自己啓発セミナーに嵌るのが天才学生の恋人だったりと、お前ら身内で何やってんねん!!って設定はツッコミどころ満載でしたが、息をつく暇もない怒涛のどんでん返し展開で、「LOST以来の衝撃!面白い!!」って思いながら見ていました。
しかし・・・2stシーズン途中から展開が凄い雑になったんですよ。
どうやら打ち切りが決まったらしく、そこからとんでもない脚本で「そうはならんやろっ!」っていう展開が始まり、「これ収拾付かないけどどう終わらせるの?」って思っていたら、衝撃の最終話・・・

ここまで書いて「衝撃の最終話が知りたい人は自分で見て確認してください」って書いて終わろうと思ったのですが、ぶっちゃけググったら答えがすぐ出て来るのでネタバレしちゃいます。

最終的には、小惑星を核爆弾で迎撃して粉砕して、破片が地球に降り注いで何割かの人類は死ぬけど、全滅は免れるため迎撃する派と、小惑星の軌道を変えて全人類を救う派(主人公サイド)に分かれるのですが、最終話でどうするかというと、何もしないんです。

え?そしたら小惑星が地球に衝突して人類滅亡・・・と思いきや、小惑星が空に止まってるんです。
え?どういうこと?いや、本当に、空に静止してるんですよ。
んで天才起業家が一言「あれは小惑星ではなかったっ!!」

( ゚д゚)ポカーン

どういうこと?
小惑星じゃなかったら何だったの?
その説明はなく、とにかく小惑星じゃなかったので、人類は助かって終わり。めでたしめでたし・・・

・・・な訳あるかーーーーーいっ!!!(#゚Д゚)ゴルァ!!

こんな酷い最終話エガオノダイカをも超えています・・・
一番性質が悪いのは、アメリカのドラマって映像が凄くて魅せる力があるので、脚本が酷いって気づかずに見続けちゃうんですよね・・・
2シーズン合計26話×1時間=26時間・・・まじで返して欲しい・・・
最終話の衝撃を味わって欲しいので、是非読者の皆様も見て欲しいです。
最終話の衝撃という意味だけにおいては・・・他のどの映像作品よりも衝撃を受けますからっ!!

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)
2019-05-24 16:26 | カテゴリ:所見日記
■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。またコメントは荒らし対策のためツイッターを利用しています。■

●材料●

↓寄り前

共同PR
株式会社ネタもととの資本業務提携に関するお知らせ
→寄り天ほぼ無風

オプティム
「眼底画像診断支援システム OPTiM Doctor Eye」医療機器プログラムの認証を取得
→+3%

DeNA
任天堂のスマホ向け「マリオカート」、片手の操作性洗練
→+6%まで上がるも+4%引け

Klab ※スクスタ思惑
「ラブライブ!スペシャル生放送 ラブライブ!シリーズ9周年発表会」実施決定!!
→一時+9%まで上がるも+6%引け

レオパレス21
レノと共同保有者の同社株式保有比率は14.13%→16.18%に増加
→+19%

やまねメディカル
中期経営計画の提出等について
→ストップ高張付

エコモット
デンソー、MaaSで米参入 21年めどサービス基盤提供
→+9%まで急騰するも+2%引け

↓寄り後

日本電波工業
10:30 日本電波工業、5G基地局向け+95℃高温対応の小型9×7mmサイズ恒温槽付水晶発振器を開発
→+4%まで上がるも+1%引け

●●●●

昨晩ダウが一時-400ドル行ってまたしても不穏なナイト・・・
一応以下のトランプ砲もあり、ダウは結構リバって引けましたが
中国との貿易戦争、早期に終了=トランプ米大統領
結果から言うと、大幅GDは買いだと分かっていたのですが、買ったのがとりあえずの日経レバと、イーブック(ナンピン)とセレス(ナンピン)

正解は監視してたのではファンデリー、ラクスル、JMCか・・・
こういう日って朝一むしろGUするような銘柄が、そこからより上がる傾向があります。
大きなGDを狙うよりも、そっちの方が取れます。

んで、前場激リバで昨日含み益に達したのですが、セレスが続暴落で、後場とにかく雰囲気が悪くなりそうだったので、ノーポジになりました。
すると・・・来ましたね、ノーポジになってからの激リバ!
いつも後場は動かないじゃん!どうして今日はリバるの?

売った所とほとんど変わらない銘柄もありますが、数が多いですから、15万はとりこぼしてます。
しかもセレス、大金損切した後、ナイアガラの大底でまた大量に買い戻したのですが、微益撤退したら、なんと、-7%からプラ転の勢いでリバウンド・・・17万とりこぼし・・・昨日まで下げ続けたのに、大底で大量に買ったのに、タッチの差でとりこぼしどころか、大金損切しているの取り戻せず、もう完全に心が壊れました(ノω・、) ウゥ・・

こうなったらロングポジションを持っている人には悪いですが、大暴落が来るのを祈るしかないです( ・`ω・´)キリッ

てかダウよくこんな位置で耐えてますよね。
まぁ経済が好調だから・・・いいのかもしれませんが。
20190524ダウ

日経がダウに比べて低いとか割安とか感じるのは、数字のトリックで、PER12倍とか言われてますが、あれって時価総額加重平均で意味のない数字で、意味のある数字は東証の出してる規模別・業種別PER・PBRの方で、今東証一部銘柄はPER16倍です。
決して日本株は割安ではありません。
しかも成長市場であれば高PERは許容されますが、日本って少子化で増税で成長余地がなく、事実GDPの成長率は無茶苦茶低い方です。
それに、アメリカ市場に安心感があるのは、まだ利下げという金融政策が残されていますし、実際やるっていうコンセンサスになっているようです。
日本は・・・しかもアメリカに利下げされたら円高になりますから・・・

ていうか、二日前の小リバで利確が正解か・・・ん~・・・相変わらず厳しい市況です。
去年から全く成長していません。
去年前半:暴落回避底仕込み→リバで多大な含み益も利確出来ず多くを失う
去年後半:暴落食らう→大底損切
今年前半:暴落来ずリバウンド取れず
今、また、リバウンド取るも利確出来ずっていう去年前半の状態になっています。
後、上がり続ける銘柄だけ握るって結局出来ないですからね・・・そこが悩ましい所です。

問題は今って、下降トレンドっぽくて、リバウンドが短い上に小さいのでなかなか厳しいです。
かと言ってショートは、今さら売るの?って下げまくってる銘柄とか、そうじゃないのは、どうしてこんなに強いの?って銘柄とか売りにくいのしかないです。

マネゲ銘柄も今日のエコモットみたいに、たまたま材料が出て吹いたら助かるけど、それまではずっと塩漬けってどうなんだろうって感じです。
あ、エコモットは今日の朝吹いた所で利確。塩漬け耐えて、たった3万ぐらい・・・微妙・・・
しかもマネゲ銘柄は市況が悪いと率先して暴落するし・・・
かと言って昨日言った通り短期デイは苦手だし・・・

八方ふさがりな状況になっていますが、退場せずにやり続けていたらいつか大きなチャンスを掴めるので、調子や市況が悪い時はリスク管理MAXで耐えるしかないです(´・ω・`)ショボーン

●イベント● 赤:米中 青:日米 オレンジ:米その他 紫:欧州懸念
5月26日(調整) トランプ大統領来日して新天皇と会見
5月30日 17:00 【Klab】祝・ラブライブ!シリーズ9周年特番(スクスタ情報出るか?)
6月から 【ポラテクノ】新開発のインセル用偏光子サンプル出荷開始
6月7日 メイ首相辞任
6月17日 対中関税第4弾パブリックヒアリング
6月24日 対中関税第4弾反対意見の受付
6月26日まで 通常国会
【ゴルフ関連】ゴルフ場利用税廃止
・統計不正問題
【幼児教育関連】消費増税に伴う教育・保育の無償化
【外国人派遣関連】外国人労働者の受け入れ環境整備
【ロシア関連】日ロ北方領土交渉
6月28日~29日 大阪G20(トランプ来日、プーチン来日で首脳会談予定)
※米中首脳会談で貿易問題協議か?
7月 【選挙関連】参議院選挙 ※衆参ダブル選挙?
8月20日頃 ファーウェイへの輸出規制に90日間の猶予期間終了
夏 【イグニス】VOYZから第四隔壁を超えるボーイズグループがデビュー予定
夏 第4次産業革命(AI/ロボット/キャッシュレス化)と雇用(65歳以上雇用継続や中途拡大)、地方(地銀経営統合)のテーマで成長戦略の3年間の工程表を含む実行計画を閣議決定
詳細「成長戦略の方向性(案)」
2019年前半 【ラクオリア】ジプラシドン(統合失調症:市場規模(日本)約1,600億円)の三相終了予定
2019年7月~9月 【そーせい】 新規喘息治療配合吸入剤QVM149治験第三相終了予定
10月 【幼児教育関連】幼児教育・保育の無償化
10月 「共通アプリでQRコード決済」金融機関が今秋開始「Bank Pay」
10月31日 ブレグジット期限
11月中旬 アメリカ自動車への追加関税導入の判断
2019年2月~2020年1月 【サンバイオ】外傷性脳損傷を対象とした細胞治療薬「SB623」の国内承認申請を目指す
2019年中 【任天堂関連】任天堂スイッチの小型版発売
2020年 【カジノ関連】 カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備に当たっての基本方針公表
2019年度中 【ライドシェア関連】政府は相乗りタクシー解禁を目指す
2020年3月まで NHKネット同時配信を開始したい方針
2020年度 がんゲノム医療開始

●ホールド中銘柄含み損益●
完全ノーポジ

↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1

↓応援クリックをして頂けたら感謝です。


↓拍手には特に意味はないのですが、ブログ内容の良し悪しパロメータとして使っています(´・ω・`)